拡張ping (かくちょうピング)

拡張ping(Ciscoコマンド)の使い方や実行例、読み方などを解説します。
フリーエンジニアネットワークが提供するCiscoコマンド資料です。

拡張ping コマンドとは?

拡張ping (読み方:かくちょうピング)
  … 疎通確認をする

利用方法

様々なオプションを利用して疎通確認をする

拡張pingの実行例

Router>
Router>en
Router#ping
Protocol [ip]:
Target IP address: 10.1.1.1
Repeat count [5]:
Datagram size [100]:
Timeout in seconds [2]:
Extended commands [n]: y
Source address or interface: Ethernet0/0
Type of service [0]:
Set DF bit in IP header? [no]:
Validate reply data? [no]:
Data pattern [0xABCD]:
Loose, Strict, Record, Timestamp, Verbose[none]:
Sweep range of sizes [n]:
Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 10.1.1.1, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 36/97/132 ms

拡張pingのポイント解説!

通常、pingといえばping x.x.x.xでアドレスを指定して実行するが、拡張pingを使用することで、データサイズや回数、発信元のインターフェイスなどを指定できる。
拡張pingを実行するには特権モードに入っている必要がある。
各オプション部は、そのままエンターキーを押すと[]で囲われた内容が実行される。
例えば、Repeat count[5]:のところでエンターキーを押し進んでいるため、ping回数は5回実行されている。

※この資料はCiscoコマンド学習者・エンジニアのために無償公開しているものです。無断転載はご遠慮ください。

フリーエンジニアネットワークのスキルアップ支援制度

フリーエンジニアネットワークでは、創業以来エンジニアの方のスキルアップ支援に力をいれています。
就業後には学習用機器の無償貸出や購入支援も行っております。また一部、資格試験代の支給や試験合格時の手当なども充実しています。フリーエンジニアネットワークに興味を持たれた方はぜひお気軽にご登録・ご相談ください。

  • スキルアップ支援 機材の無償貸出機材の無償貸出
  • スキルアップ支援 資格試験代の支給資格試験代の支給
  • スキルアップ支援 資格合格手当資格合格手当

フリーエンジニアネットワークではCisco案件を多数取り扱っています

簡単45秒!会員登録のご案内

案件のご紹介には会員登録が必要です。
簡単な項目の入力みですぐにご登録が可能です。

会員登録はこちら

Ciscoコマンド資料一覧

  enable 特権モードへ移動する
  enable password イネーブルパスワードを設定する
  enable secret イネーブルパスワードを暗号化する
  show running-config コンフィグを表示
  copy running-config startup-config 現在の設定を保存する
  show ip route ルーティングテーブルを表示
  show clock 時刻を表示
  show version ルータのいろいろな情報を表示
  show logging ルータが認識したイベントを表示
  show arp ARP cache(アープキャッシュ)の表示
  dir flash flashメモリ情報を表示
  show environment ルータの置かれた環境を表示
  show processes cpu 各プロセスのcpu使用率を表示
  show processes memory 各プロセスのメモリを表示
  show tech support ルータのシステム情報を表示
  show diagnostic status モジュール情報を表示
  show cdp neighbors CDPを利用して隣接ルータの情報を確認
  show interface インターフェイスの状態を表示
  show ip interface brief インターフェイスの状態をシンプルに表示
  no shutdown インターフェイスを立ち上げる
  configure terminal グローバルコンフィグレーションモードへ移動する
  terminal length 0 表示する行の長さを決定する
  line vty 0 4+password~ line vtyにパスワードを設定する
  logging x.x.x.x ログサーバを指定
  logging buffered 512000 debugging ログをバッファに入れるようにする
  ping x.x.x.x x.x.x.x宛ての疎通確認をする
  拡張ping 疎通確認をする
  traceroute x.x.x.x 通信経路の確認
  reload ルータを再起動する
  clock timezone JST 9 タイムゾーンを日本時間にする
  ip nat inside source static 静的NATの設定
  ip nat inside source list 1 pool ~ 動的NATの設定
  access-list ~ deny x.x.x.x. アクセスリストを定義する
  ip access-group ~ in アクセスリストをインターフェイスに適用する
  router rip リップを設定する
  version 2 リップバージョン2を設定する
  router eigrp [1~65535] EIGRPを設定する
  no auto-summary 自動集約を無効にする
  passive-interface ~ インターフェイスをパッシブにする
  router ospf [1~65535] OSPFを設定する
  log-adjacency-changes OSPFルータの隣接関係のログが出るようにする
  redistribute ~ 再配信の設定
  encapsulation frame-relay インターフェイスをフレームリレーでカプセルする
  clear ip route * ルーティングテーブルをクリア
  no cdp run CDPを無効にする
  encapsulation ppp インターフェイスをpppでカプセル化する
  ppp authentication chap pppで暗号化の認証をさせる
  banner motd バナーの設定
  speed 10または100または1000またはauto インターフェイスの速度を変更する
  duplex[fullまたはhalfまたはauto] インターフェイスのduplexを変更する
  aaa new-model 認証機能を設定する
  no ip domain-lookup ドメイン名からの名前解決サービスを止める
  isdn switch-type ntt スイッチタイプをnttに設定する
  ntp server x.x.x.x NTPサーバのアドレスを指定する
  service compress-config コンフィグを圧縮する
  ip tcp header-compression TCPヘッダー圧縮をする
  clock set ~ 日時を設定する
  copy flash tftp flashメモリからtftpサーバへコピーする
  copy tftp flash tftpサーバからflashメモリへコピーする
  • フリーエンジニアネットワーク テックブログ
  • 夢真ホールディングス
  • ネプラス
  • レンタルネットワーク
  • アイティープロダクト
  • 俺の夢