AWS案件・求人情報を探す

検索条件

    機器・言語 :Nginx

該当する案件が 5 件あります。

Nginx(エンジンエックス)とは?

Nginxは、オープンソースソフトウェアのWebサーバソフトウェアで、Apacheに比べて速くて高負荷に強いことが特徴です。2004年にリリースされ、今までWebサーバソフトウェアとして主流だったApacheに替わり急速にシェアを伸ばしています。以前までは、Apacheが広く普及していましたが、最近ではNginxを使っているWebサーバも多くなりました。今後はWebサーバの保守や運用を行う際にはNginxに関する知識が必要になることも多いでしょう。

Nginxの特徴

Nginxは大量のアクセスがあった場合など、同時リクエストの処理に強いという特徴があります。そもそもnginxはApacheで起こるサーバへの接続数が一定数を超えると処理が追い付かなくなるC10K(クライアント1万台)問題を解決するために開発が始まりました。そのため、Nginxは大容量のデータ配信や同時接続に対応することができます。そして、余分な機能は極力省かれていてメモリの使用量が少ないため、負荷が高い処理に対しての安定性が高く、サービスの安定性や速度が求められるサイトなどに向いています。また、リバースプロキシ(キャッシュを備えているプロキシサーバを経由すること)やロードバランサ(負荷分散)の機能を備えているため、メインサーバーへかかる負担を分散することができます。さらに、キューにイベントをためて少量のプロセスで処理するイベントループ方式で処理を行うため、大量のアクセスがあっても処理できるようになっています。

Nginxの市場価値

Webサーバー全体の3分の1のシェアApacheは年々シェアを減らしていますが、Nginxは長期的に見てシェアが増加傾向にあります。Nginxが作られたばかりの頃は現在よりもインターネット利用者が少なく、大量のアクセスで負荷がかかりすぎることはまれでした。しかし、インターネット利用者が大幅に増えた現在においては、大量のアクセスに対応できるNginxの市場価値が高くなっています。今後はシェア1位になる可能性も十分あるでしょう。

Nginxの歴史

Nginxはロシアの検索エンジンにおけるニーズを満たすために開発されました。Apacheと比べて、2004年に公開されたNginxは後発のソフトですが、その分Apacheの弱点であった同時アクセスの処理に対して対策がされています。2019年3月にNGINX社はロードバランサのBIG-IPを提供するF5 Networks社の傘下になり、今後の進むと予測されるマルチクラウド化に対応していく予定です。

Nginxの資格

Nginx単独の資格というのもはありませんが、LinuCのレベル2では、202試験においてNginxに関する出題があります。Apacheに関する出題もあるため、サーバーの保守や運用の仕事をするエンジニアは取得しておくといいでしょう。また、NginxとApacheを併用する例も増えているため、Nginxを扱う場合もApacheの知識が必要になる場面が多いので、合わせてApacheについても知っておくとよいでしょう。