.net column
.NET開発者のためのブログメディア

システムエンジニアになるには?向いている人やプログラマーとの違いも紹介

2020年07月22日
SE
システムエンジニアとプログラマーはなにが違うのでしょうか。
PM
システムエンジニアとプログラマーの違いは業務内容や求められるスキルなどにあります。

システムエンジニアとは


システムエンジニアとは顧客が望むシステム内容を聞き取り、顧客が望むシステムを構築できるよう考える仕事になります。

システム構築に伴う予算や人員管理、進捗管理などマネジメント業務を行うことも重要な仕事のひとつになります。仕事は「要求分析・要求定義」「基本設計」「詳細設計」「テスト」にわかれています。

プログラマーとは


プログラマーとは、システムエンジニアが作ったシステム仕様を実際に機能させるためのプログラムを書き、システムを稼働させることが仕事になります。

プログラムはありとあらゆるシーンで必要になっています。ゲーム機器から電化製品、金融のキャッシュコーナーのプログラムといった、様々なプログラムによって現代の日常は支えられています。

プログラミング言語は100種類以上あり、分野によって使われる言語が違うという特徴があります。

システムエンジニアに向いている人4つ


システムエンジニアは、システム開発のみならず、仕事全体の進捗状況の把握やプロジェクトメンバーの管理など、仕事内容は幅広く、誰もが簡単に出来る仕事ではないでしょう。

つまり、システムエンジニアにはそれだけの仕事をこなしていける適性が必要であるということです。

では、どんな人がシステムエンジニアに向いていると言えるのでしょうか。向いている人の特徴を4つ紹介するので、自分のことと照らし合わせて適性を判断してみましょう。

システムエンジニアに向いている人1:IT業界に興味がある

コンピューターやネットワークに関わるIT業界に興味がある人は、システムエンジニアに向いていると言えます。

システムエンジニアをしている人は理系という印象を持つ人も多いですが、向き不向きで言えば理系か文系かということではありません。重視すべきことは、どれだけITに興味があり、知識を吸収していけるかという点です。

ITに興味があればあるほど、吸収できる知識も豊富になるでしょう。つまり、文系であっても理系であっても、ITにどれほどの興味、関心があるかが重要です。

システムエンジニアに向いている人2:コミュニケーション力がある

システムエンジニアは様々な人と関わりながら仕事を進めていく必要があるため、コミュニケーション力に長けている人はシステムエンジニアに向いているでしょう。

クライアントがシステムに詳しくない場合もあるでしょう。その場合は上手にコミュニケーションを取り、クライアントの要望を的確に把握する必要があります。コミュニケーション力がなければ、クライアントが満足する仕事ができない可能性もあるのです。

プロジェクト形式の仕事も多いため、社内だけでなく社外でも様々な人を管理できなければなりません。そのため、様々なタイプの人や、シーンで効率的に仕事を進めていくためのコミュニケーション力を持っている人は強みになるでしょう。

システムエンジニアに向いている人3:トレンドに敏感な人

新しいことを敏感に察知できる人はシステムエンジニアに向いていると言えます。

IT業界の技術はめまぐるしく変化し、技術の進歩も早い業界です。そのため、時間をかけて勉強したこともあっという間に古い情報や技術になってしまうことも少なくありません。

しかし、常に新しい技術を身に付けたいという思いを抱いていれば、トレンドにも敏感になるはずです。そして、さらに新しい技術を得るために貪欲になって勉強できれば、システムエンジニアとしての成功に繋がるでしょう。

システムエンジニアに向いている人4:マネジメント力がある

システムエンジニアには、プロジェクト全体のスケジュール管理や、チームの人員管理などにおいてのマネジメント力が必要です。

システムエンジニアの業務は、プロジェクトの計画から始まり設計、運用といった工程を管理することです。その際、クライアントはもちろん、営業やプロジェクトメンバーなど様々な人とコミュニケーションを取る必要があります。

また、問題が発生した場合は、状況を把握し的確な指示で即時対応するなどしっかりとリーダーシップをとっていく存在でなければなりません。

システムエンジニアとプログラマーの違い4選


システムエンジニアとプログラマーの違いとはいったいどんなところにあるのでしょうか。業務内容、必要なスキル、キャリアパス、平均年収、この4つの点が違うといわれています。

業務内容(仕事の内容)が違い、必要なスキルは必要不可欠になるスキルに違いがあるということになります。また、キャリアパスはその仕事を行うためのキャリアアップの道筋という意味になります。キャリアパスや平均年収にも違いがあります。

システムエンジニアとプログラマーの違い1:主な業務内容

システムエンジニアとプログラマーの違いで代表的なものはまず、その主な業務内容になります。

システムエンジニアが顧客が求めるシステムを聞き取り、イメージし、構築してゆくのに対して、プログラマーはそのシステムが顧客が求めるように稼働してゆくようにプログラムを開発することが業務になります。

システムエンジニアとプログラマーが協力することで、顧客のニーズにこたえるシステムが作り上げられていきます。

システムエンジニアの業務内容

システムエンジニアの業務内容ですが、まず顧客のニーズを的確にヒアリングすること、そして何が必要かを考え、具体的にどんなシステムが必要かを詳細にいたるまで設計します。これらの工程は上流工程とよばれています。

一方でプログラマーが関わる工程は、下流工程と呼ばれるものです。システムが構築されたら、実際に稼働するかをテストして、不具合があれば修正していきます。

これら全体の構成を考え、作り上げるために人材などのマネジメントを行うこともあります。

プログラマーの業務内容

システムエンジニアが顧客の要望を兼ねるシステム全体の構築を仕事とすることに対して、プログラマーはそのシステムがうまく稼働するために必要なプログラムを作成する仕事になります。この工程を下流工程といいます。

作成したプログラムが実際に稼働するか否かをシステムエンジニアと共にチェックし、不都合がないか確認します。不都合な点や不都合を起こしそうな点についてもプログラムを書き直し、システムが稼働するよう修正をしていきます。

システムエンジニアとプログラマーの違い2:求められるスキル

システムエンジニアとプログラマーに求められるスキルの違いとは、いったいどのようなスキルなのでしょうか。

システムエンジニアは幅広いIT知識とマネジメント力などが必要ですし、プログラマーはプログラム構築に必要なスキルが必要になります。

似ているようでこの2つのスキルは全く違います。そんなスキルの違いを詳しく紹介します

システムエンジニアに求められるスキル

システムエンジニアに求められるスキルとしてコミュニケーション力・マネジメント力・幅広いIT知識が挙げられます。

まず顧客のニーズを的確に聞き取るヒアリング力、そしてニーズに対してどんなことが出来るかを説明し、提案していくコミュニケーション力は必要不可欠です。そしてシステム構築のために関わるメンバーとのやり取り、まとめあげてゆくマネジメント力も必要になります。

そしてシステムを作り上げるために必要な幅広いIT知識も重要です。

プログラマーに求められるスキル

プログラマーに求められるスキルとして必要不可欠なのは、エンジニアから求められるシステムがうまく稼働するようプログラムを構築するスキルです。

プログラムを構築するだけではなく、構築したプログラムがきちんと稼働するかをテストしたり、必要な機能が増えたならプログラムを書き換える力も必要です。また、不具合が起こりえるのであれば不具合が起こらないようにプログラムを書き換えるスキルが必要不可欠と言えるでしょう。

システムエンジニアとプログラマーの違い3:キャリアパス

システムエンジニアのキャリアパス、プログラミングのキャリアパスとはどのような違いがあるのでしょうか。仕事の内容、スキルともかなり違うので、キャリアパスもかなり違いがあるはずです。

仕事を通してどのような経験をつむのか、そして結果、どのような仕事や役職の仕事につくようになるのか、そんなキャリアパスの違いについて紹介したいと思います。

システムエンジニアのキャリアパス

一般的には3年目頃まではシステムの開発の一部を担当し、3年目ぐらいから一人で詳細な設計を行うようになります。5年目頃には開発全体を組み立てるようになります。

なにより顧客のニーズを的確に把握し、分析したのちに情報システムの基本的な設計を行えるようになると、システム開発のチームリーダーとしての管理の仕事も行うようになります。

そして大規模な開発を任されたり、技術力を生かした営業業務を行ったり、特化したスペシャリストになったりという道が開けます。

プログラマーのキャリアパス

プログラマーとして詳細な仕様書を読み解き、そのなかの過ちを指摘できるほどプログラマーとして一人前になるまで3、4年はかかると言われています。

その後はプログラマーからチームリーダーとなって管理職になる、システムエンジニアに転身する、また高い技能や専門性を持ち、プログラマーとしてのスキルをさらに高め、プログラマーのエキスパートになるという人も多いです。

システムエンジニアとプログラマーの違い4:平均年収

システムエンジニアとプログラマーの収入では、仕事をしている企業の規模や経験などで違いがでます。

ただ、システムエンジニア、プログラマーは平均していったいどれくらいの収入になるのでしょうか?また違いはかなりあるのでしょうか。紹介したいと思います。

システムエンジニアの平均年収

システムエンジニアの平均年収は、平成29年度のデータで平均は550万ほどになっています。しかし年収の平均が480万円ほどなので、少し多めの年収です。

実際にシステムエンジニアの収入はやや高めなのです。というのも、IT業界の人員不足が続いていること、そしてシステムエンジニアに要求される専門知識が高度であるため、この仕事ができる人が限られているためです。

プログラマーの平均年収

プログラマーの平均年収は約430万円といわれています。一般の収入平均が432万円なので、一般とあまり変わらない年収となっています

プログラマーの年収で特記すべき点は30代後半から年収に違いが出てくる、ということです。更にプログラマーとしてどれくらいのスキルを持ち合わせているのか、で給与の差が大きくなる仕事になります。

システムエンジニアの方が年収が高い理由は平均年齢が高いこと、成果が収入に直結しやすいためです

システムエンジニアになる方法


実際にシステムエンジニアになるためには、どんな方法があるのでしょうか。特に資格や経験は必要ありませんが、今後長く良い仕事をしていくためには、身に付けておいた方が良いことも様々あります。

ここでは、システムエンジニアになるたにおすすめの方法を3つ紹介します。スキルアップのためにも是非実践してみましょう。

システムエンジニアになる方法1:スクールに通う

システムエンジニアを目指すなら、専門知識を学べるスクールに通うことをおすすめします。企業を相手に仕事を請け負う際のチーム開発が学べたり、実務に近い内容で技術を学べたりできます。どれも独学では学べないことです。

また、スクールに通うことで、同じ志をもった仲間との出会いもあります。独学で勉強すると行き詰まってしまうこともあるかもしれませんが、仲間がいれば乗り切れる場合も多いでしょう。

専門知識を学べるスクールは学生だけでなく、転職を目指す社会人や、駆け出しのエンジニアも働きながら通うことが可能です。

システムエンジニアになる方法2:資格を取得する

システムエンジニアになるために特定の資格は必要ありませんが、資格があれば自身のスキル証明にも役立つため、是非取得するとよいでしょう。資格があれば出来る仕事の幅も広がり、年収にも影響してきます。

多くのシステムエンジニアが取得する資格は国家資格である基本情報技術者試験と応用情報技術者試験です。基本情報技術者試験は登竜門として、応用情報技術者試験はさらなるレベルアップを目指して挑戦してみましょう。

その他には、システムアーキテクト試験、ネットワークスペシャリスト試験、オラクルマスターなどがおすすめの資格試験です。

システムエンジニアなる方法3:インターンなどで実務経験を積む

近年ではエンジニアを目指す人を対象としたインターンシップを実施する企業も増えています。インターンでは、スキルアップはもちろん、経験豊富なエンジニアから実際に指導してもらえるため、効率的に技術を身に付けられます。

また、内部に入らなければわからない現場のことをリアルに体験できるため、独学では学べないことも体験できるでしょう。実務経験を積めばそれは就職活動などでも評価されます。また、今後システムエンジニアとして働く上での自信にも繋がるでしょう。

SE
システムエンジニアとプログラマーは似ているようで、違うのですね。
PM
そうですね。全体を管理するシステムエンジニアに対して、プログラマーは全体の一部の作業を行います。両者で協力しながら、顧客のニーズに応じたシステムを作り上げているのです。

システムエンジニアとプログラマーの違いを知ろう


システムエンジニアは顧客のニーズを的確に把握し、必要とされているシステムを考案し、プログラマーはそのシステムがうまく稼働するようプログラムを書いてゆくところに仕事内容の違いがあります。

全体を管理するシステムエンジニアに対して、プログラマーは全体の一部の作業を行います。こうして両者で協力しながら、顧客のニーズに応じたシステムを作り上げてゆくのです。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags

Jobs