.net column

.NET開発者のためのブログメディア

リーンスタートアップのメリット4つ|4つのサイクルにおける考え方

2020年05月01日

SE
リーンスタートアップには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

PM
自分のアイディアをビジネスに取り入れることや、効率的な働き方を目指すことも可能です。

リーンスタートアップとは

リーンスタートアップとは、ビジネスモデルを形作る手法のひとつです。仮説を立てて短い期間に検証、評価、方向転換などを繰り返すことで、より良いモデルを作り上げます。1段階ずつ検証と評価を繰り返し、確実にクリアしてから次の段階へと進みます。仮説や企画を練り上げる初期段階だけではなく、実際にサービスを始めてからも検証や評価を繰り返すのが特徴です。

ベンチャー企業との違い

リーンスタートアップと似たイメージの言葉に、「ベンチャー」あるいは「ベンチャー企業」が存在します。両方とも新たにビジネスを始める企業を示す言葉のため、混乱する人も多いかもしれません。リーンスタートアップとベンチャーに明確な差は存在ないと言われています。

トヨタと「リーン」の関係性

日本の自動車メーカーとして知られるトヨタは、リーンスタートアップの成り立ちに深い関係を持つ企業です。リーンスタートアップの元である「リーン」は、トヨタ生産方式を基礎にした手法です。トヨタ式生産方式を元にした「リーン」と、新たなビジネスモデルである「スタートアップ」を組み合わせて生まれたのが、リーンスタートアップと言えるでしょう。

TOYOTA

リーンスタートアップのメリット4つ

リーンスタートアップにはいくつかのメリットが存在します。その中でもぜひ押さえておきたい4つのメリットについて紹介します。新しいビジネスモデルの開発や、生産効率性の向上など、リーンスタートアップならではのメリットが揃っています。より深くリーンスタートアップを理解するためにも、メリットをチェックしてみてください。

リーンスタートアップのメリット1:新しいビジネスモデルを開発できる

リーンスタートアップのメリットのひとつめは、新しいビジネスモデルへの挑戦や開発ができることです。理想のビジネスをいきなり始めるのではなく、仮説に基づいて検証と評価、さらには修正などを繰り返す手法は、新たなビジネスモデルの開発にもぴったりです。独自のアイディアを組み込んだビジネスを作り上げたいスタートアップ企業に向いたモデルと言えるでしょう。

リーンスタートアップのメリット2:生産効率性を向上させる

2つ目のメリットには、生産効率性のアップが挙げられます。正しくリーンスタートアップを理解して実行すれば、生産効率性の向上にもつながります。細かな起動修正を繰り返すことで、顧客が望むサービスをスムーズに提供できるでしょう。顧客に対してしっかりとしたサービスを継続的に提供し続けるためにも、生産効率性は欠かせない要素です。

リーンスタートアップのメリット3:無駄を排除できる

3つ目に挙げられる、無駄の排除も大切なメリットです。最初から大きな計画を立て、それに沿ってサービスや事業を作り上げた場合、顧客のニーズに合わないと判断された場合にも起動修正が難しくなります。仮説を考えて検証を繰り返すモデルは一見すると手間にも見えるかもしれませんが、実は大幅な軌道修正にかかる無駄を排除するためにも役立ちます。

リーンスタートアップのメリット4:組織管理を示せる

4つめのメリットとしては組織管理が挙げられるでしょう。少人数で立ち上げる例が多いリーンスタートアップでは、仮説と検証、さらには起動修正を繰り返す過程を組織全体で意思統一しながら行います。ひとつのサービスや製品を作り上げるための意思統一を行い、組織管理を示しながら運営したい場合にもマッチするモデルと言えます。

リーンスタートアップの4つのサイクル

リーンスタートアップは、仮説、検証、評価、方向転換といった4つのサイクルによって構成されます。ニーズに合ったサービスを素早く作り上げるリーンスタートアップならではのサイクルです。ここではリーンスタートアップの4つのサイクルにおける考え方について紹介します。仮説や検証といったリーンスタートアップに必要な要素と、サイクルの考え方を理解しましょう。

考え方1:仮説として捉えること

サービスや製品を世に出そうと思ったとき、そこには何らかのアイディアが存在します。まだどの企業も実行していない新しいサービスや製品かもしれません。まずはアイディアを明確な仮説として捉えましょう。企業内で共有できる仮説としてアイディアを打ち立てることができれば、実際にサービスを発展させていくための起点として役立ってくれます。

考え方2:仮説を細かく分析する

おおまかな仮説ができたら次は細かく分析します。最初に立ち上がった仮説はあくまで大雑把なアイディアで完璧ではないかもしれません。続いて行う分析で細かな部分を詰めていきます。完璧でなくてもいいからアイディアを仮説にする、さらには細かく分析して必要な要素を詰めていく過程が必要です。

考え方3:検証のサイクルを「小さく多く」回す

仮説から実際の検証に入った際は、できるだけサイクルを「小さく多く」回します。顧客のニーズに合ったサービスか、不満点や満足点をフィードバックで受け取り、検証を行いましょう。検証のサイクルは「小さく」かつ「多く」がリーンスタートアップの基本です。より小さく多いフィードバックと検証によって、顧客のニーズに近いサービスへと近づけることができるでしょう。

考え方4:無駄の無い意思決定を下す

仮説を立て、さらにその仮説を細分化し、フィードバックと検証を行った結果、思うほどの成果は得られない可能性もあり得ます。リーンスタートアップでは無駄のない意思決定も必要です。検証によって仮説そのものが間違っていた場合には、素早く撤退する必要性も出てきます。サービスの構築を継続するか、徹底するかといった柔軟性もまたリーンスタートアップならではの特徴でしょう。

リーンスタートアップに活用できるビジネス6つ

仮説と検証を繰り返すリーンスタートアップは、どのようなビジネスに利用できるのでしょうか。リーンスタートアップに活用できるビジネスを6つ紹介します。RPAやAI、セミオーダーメイド商品の開発に加えて、金融や労務サービスなど、リーンスタートアップを理解して使いこなすことで、新たなビジネスを発見できる可能性があります。

活用できるビジネス1:RPA

RPAは「Robotic Process Automation」の略称です。これまで手作業で行ってきた仕事をRPAによって自動化することで、より効率的に業務を進められます。圧倒的な作業スピードが特徴のRPAとリーンスタートアップを組み合わせれば、よりスムーズに業務を進めるためのビジネスを作りだすこともできるでしょう。

活用できるビジネス2:AI

コンピューターを利用するといった点ではRPAと似たAI(人工知能)も、リーンスタートアップに活用可能なビジネスとして挙げられるでしょう。AIはサイバーセキュリティ、教育、実店舗での利用といった幅広い分野に進出しています。アイディア次第で面白い使い方も見つけられるのがAIビジネスのメリットでもあります。

活用できるビジネス3:セミオーダーメイドの商品開発

顧客によって異なるニーズを捉え、セミオーダーで商品開発を行うビジネスでも、リーンスタートアップを活用できます。リーンスタートアップならではの仮説と検証、顧客からのフィードバックを活かし、ニーズにぴったりと合った満足度の高い商品の開発も行えます。ベースを作った上でのセミオーダーカスタマイズはさまざまな製品分野に対応できるでしょう。

活用できるビジネス4:金融・労務サービス

金融や労務をはじめとしたプロフェッショナルなビジネスも、リーンスタートアップにぴったりです。柔軟性が求められるビジネスにおいて顧客のニーズに合わせ、フィードバックを読み取りながらサービスの進化が可能な点はメリットと言えるでしょう。より高い品質を求めながら、それぞれの顧客のニーズにぴったりな満足するサービスを、リーンスタートアップによって提供できます。

活用できるビジネス5:通販ビジネス

ちょっとした流行や状況によって日々トレンドが異なる通販ビジネスも、リーンスタートアップに向いた分野です。仮説と検証、評価などのサイクルを繰り返す手法によって、その時の情勢にもっとも合ったサービスを提供できます。通販システムの改善なども細かく行えば、顧客の満足度を得ることができるでしょう。

活用できるビジネス6:官能評価が必要な商品開発

リーンスタートアップはさまざまなビジネスで活用できます。6つめのビジネスとしては、一般向けに作られた商品では満足できない層への商品開発や、官能評価が必要な商品の開発も挙げられます。個性を薄めたデザインは一般に受け入れられやすいものの、異なる商品やランクの高い商品への需要も存在します。ニーズに合わせて細かな調整と開発が行えるといった点でも、リーンスタートアップが活用できます。

リーンスタートアップを活用するうえでの注意点3つ

さまざまなビジネスにも活用できるリーンスタートアップは、実際に利用する上でどのような注意が必要なのでしょうか。リーンスタートアップの注意点を3つ紹介します。スムーズにサービスを構築していくためにも、ぜひチェックしてみてください。

活用するうえでの注意点1:ツールを使うこと自体を目的としない

リーンスタートアップは独自の考え方やサイクル、ツールなどが存在します。しかしツールを使うことだけが目的にならないように注意してください。ビジネスで役立つリーンスタートアップのサイクルもツールも、あくまで手法のひとつに過ぎません。ツールをしっかりと理解できなければ、使いこなすことも難しいでしょう。リーンスタートアップというツールを使うこと自体にこだわらないことをおすすめします。

活用するうえでの注意点2:本質を理解すること

まずはリーンスタートアップの本質を理解することが、有効利用へと繋がります。リーンスタートアップ自体は画期的な考え方であっても、目指すビジネスモデルとは方向性が異なる可能性もあります。リーンスタートアップが活用できるビジネス分野があるように、向いていない分野も存在するでしょう。仮説と検証、方向転換などを小さく繰り返すモデルにおいて、何が本質なのかを突き詰めてみてください。

活用するうえでの注意点3:リーンに対する相手との考え方の相違

一緒に仕事を進めていく相手とは、リーンスタートアップについての考え方を話し合っておきましょう。アイディアをまとめ、仮説としてスタートするリーンスタートアップですが、どんな些細なアイディアでもとにかく実行に移せばいいというものでもありません。部署内や上司、チームメンバーとのリーンに対する考え方を統一しておくことで、より効率的にリーンスタートアップのプロセスを進めることができます。

SE
リーンスタートアップでは、さまざまなビジネス展開が可能になりそうですね。

PM
そうですね。自分のやりたいことや新しい働き方を目指す人に向いているはずです。

リーンスタートアップの活用法を理解しよう

リーンスタートアップの活用について理解すれば、さまざまなビジネス分野に利用できます。仮説や検証を繰り返すプロセスを把握して無駄を省き、ニーズに合ったサービスや製品を作り上げることができるでしょう。複数の相手とリーンスタートアップを行う場合は、考え方をあらかじめ擦り合わせながら、より効率の良い利用を目指しましょう。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)