.NETエンジニア・プログラマ向けの技術情報・業界ニュースをお届けします。

  1. FEnet.NETナビ
  2. .NETコラム
  3. 開発環境(IDE)
  4. Visual Studio
  5. Visual Studio 2019でプロジェクトテンプレートを作成する方法

Visual Studio 2019でプロジェクトテンプレートを作成する方法

  • Visual Studio
  • 開発環境(IDE)
公開日時:   更新日時:
Visual Studio 2019でプロジェクトテンプレートを作成する方法
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

    Visual Studioを使っていると、「前回使ったプロジェクトをもう一度使いたい」と思うことがあるかと思います。お察しのとおり、Visual Studioでは「プロジェクトテンプレート」として、同じプロジェクトを再利用することができます。この記事では、Visual Studio 2019でプロジェクトを作成し、作成したプロジェクトをテンプレートとして活用するところまで行っていきたいと思います。参考にしていただければ幸いです。

    プロジェクト
    リーダー
    念のため確認しますが、今回はVisual Studio 2019を使いますよ。
    プロジェクト
    マネージャー
    まだインストールしていない方は、下記URLからダウンロードしてくださいね。

    (Visual Studio 2019のインストール)https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/releases/2019/release-notes

    Visual Studio 2019でプロジェクトを作成しよう

    はじめに、Visual Studio 2019で新しいプロジェクトを作成していきます。
    ※プロジェクト作成済みの方は、次の項からはじめてください。

    1. Visual Studio 2019を起動し[新しいプロジェクトの作成]をクリック
    2. 新しいプロジェクトの作成をクリック

    3. 作成したいプロジェクトを選択する
    4. 作成したいプロジェクトを選択

      ※プロジェクトがない場合はワークロードなどのインストールを別途行ってください。(インストールには少し時間がかかります。)

      ワークロードなどのインストール

    5. コードを入力してプロジェクトを作成
    6. コードを入力してプロジェクトを作成

      以上で、プロジェクトを作成できました。

    作成したプロジェクトをテンプレートにしてみよう

    前項でテンプレートにするプロジェクトが作成できました。ここからは、作成したプロジェクトをテンプレートとして作成していきましょう。手順は以下のとおりです。

    1. 画面上部の[プロジェクト]タブをクリック
    2. プロジェクトタブをクリック

    3. [テンプレートのエクスポート]をクリック
    4. テンプレートのエクスポート

    5. [プロジェクト テンプレート]を選択し「次へ」をクリック
    6. プロジェクト テンプレート

    7. [テンプレート名][テンプレートの説明]などを入力し、「完了」をクリック
    8. 入力

    9. [C:\Users\Owner\Documents\Visual Studio 2019\My Exported Templates]にエクスポートしたzipファイルができていることを確認
    10. zipファイルの確認

    これで再度、「新しいプロジェクトの作成」画面に戻ると……
    プロジェクトテンプレートの確認

    しっかりプロジェクト一覧のところに、先ほど作成した[TmpProjectSample]ができていますね。以上で、プロジェクトの作成からテンプレートとしての活用は完了です。

    プロジェクト
    リーダー
    これで、一度作成したプロジェクトをまた作成する手間が省けるんですね。
    プロジェクト
    マネージャー
    チーム内で同じプロジェクトを作成したいときにもおすすめですよ。

    プロジェクトテンプレートを活用して開発を効率よく進めよう

    今回はVisual Studio 2019で、新しいプロジェクトの作成からプロジェクトテンプレートの作成までを行っていきました。プロジェクトテンプレートを作成すれば、何度も同じプロジェクトを作成しなくて済むようになり、効率良く開発を進めることができます。ぜひ、活用してみてください。

    FEnet.NETナビ・.NETコラムは株式会社オープンアップシステムが運営しています。
    株式会社オープンアップシステムロゴ

    株式会社オープンアップシステムはこんな会社です

    秋葉原オフィスには株式会社オープンアップシステムをはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで開発案件多数。システムエンジニア・プログラマーとしての多彩なキャリアパスがあります。

    • 充実した研修制度

      充実した研修制度

      毎年、IT技術のトレンドや社員の要望に合わせて、カリキュラムを刷新し展開しています。社内講師の丁寧なサポートを受けながら、自分のペースで学ぶことができます。

    • 資格取得を応援

      資格取得を応援

      スキルアップしたい社員を応援するために資格取得一時金制度を設けています。受験料(実費)と合わせて資格レベルに合わせた最大10万円の一時金も支給しています。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      オープンアップシステムは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    株式会社オープンアップシステムに興味を持った方へ

    株式会社オープンアップシステムでは、開発系エンジニア・プログラマを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓
    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓

    新着案件New Job