.net column
.NET開発者のためのブログメディア

Visual Studio Codeを日本語表示にする手順!変更方法も解説

 
Visual Studio Codeを日本語表示にする手順!変更方法も解説
PG
新しいツールを使うとき、こういった設定でつまずくことが多いんですよね……
PL
大丈夫です!以前までは日本語化の手順が少し複雑でしたが、今は簡単になっているのですぐできますよ!

Visual Studio Codeの導入方法


はじめに、Visual Studio Codeのインストール手順をお伝えしていきます。また、Visual Studio Codeを日本語表示にする手順や変更方法も解説します。

Visual Studio Codeを入手

Visual Studio Codeのダウンロードページへアクセスします。
Visual Studio Codeはマルチプラットフォーム対応なので、Windows、Mac、Linuxで使うことができます。

ここで、お使いのOSに合ったインストーラーをクリックします。
※ここではmacOSで進めていきます。

セットアップ

Macの場合は、ダウンロードしたVisual Studio Codeのアプリをクリックすれば、すぐに以下のような画面が開きます。

※Windowsの場合は、インストーラーをクリックし「次へ」をクリックします。

Visual Studio Codeを日本語表示にする手順5つ

Visual Studio Codeは、デフォルトでは「英語表記」となっています。
ここでは、表記を日本語に変更する手順をお伝えします。手順は以下のとおりです。

1.Visual Studio Codeを開く
2.メニューバーから、View > Command Paletteの順にクリック
3.Configure Display Language > Install additional languagesの順にクリック
4.Japanese Language Pack for Visual Studio Codeをインストール
5.Visual Studio Codeを再起動

では、それぞれ解説していきます。

1:Visual Studio Codeを開く

Visual Studio Codeのアイコンをダブルクリックし、Visual Studio Codeを開きます。

2:メニューバーからView > Command Palette の順にクリック

Visual Studio Codeを起動できたら、画面上部のメニューバーから、「View」 > 「Command Palette」の順にクリックします。

3:Configure Display Language > Install additional languages の順に選択

検索ボックスが表示されるため、ここでConfigure Display Languageを選択してください。
※見つからない場合は検索してください。

今は英語の言語パッケージしかインストールされていないため、「Install additional languages」をクリックしましょう。

4:Japanese Language Pack for Visual Studio Codeをインストール

画面左側にインストール可能な言語パッケージがずらっと羅列されているため、この中から日本語(Japanese Language Pack for Visual Studio Code)を探し、「インストール」をクリックします。
※上から2番目くらいに表示されています。見つからない場合は「Japanese」などのワードで検索してください。

5:Visual Studio Codeを再起動

言語パッケージをインストールした後は、Visual Studio Codeの再起動が必要です。インストール後、画面右下にポップアップが表示されますので、ポップアップ内の「Restart Now」をクリックすれば完了です。
※もしくは一旦Visual Studio Codeを閉じて再度立ち上げる

再起動後、日本語表記になっていることを確認してください。

とても簡単ですね!すぐにできました。

「英語に戻したい!」となったときは、先ほどの1〜3の手順で「en」を選択すると良いですよ。

Visual Studio Codeの言語の変更方法

Visual Studio Codeでは、言語の切り替えをコマンドパレットからも行うことができます。

コマンドパレットは、[Ctrl]+[Shift]+[P]キー(Windows/Linux。macOSでは[Shift]+[Command]+[P]キー)を押すと表示されますので、検索窓に「Configure Display Language」と打ち込み、「表示言語を構成する(Configure Display Language)」を選択します。

選択すると、一覧でインストールされている言語が表示(英語表示はen。日本語表示はja)されますので、切り替えたい言語を選択すると、言語の変更が可能です。

インストールされていない言語に変更したい場合は、「追加言語のインストール」を選択し、言語をインストールすれば使用可能となります。

また、何らかの理由で一時的に言語を変更したい場合に、コマンドプロンプトで、「code . –locale=en」(”en”の部分に変更したい言語)と入力すれば一時的に言語を変更することも可能です。

PG
とても簡単ですね!すぐにできました。
PL
「英語に戻したい!」となったときは、先ほどの1〜3の手順で「en」を選択すると良いですよ。

Visual Studio Codeを日本語表示にして使いこなそう

今回は、Visual Studio Codeのインストールから、日本語表記に変更する方法を紹介しました。

初めて使うツールの場合、特に英語が苦手な方にとっては、日本語表記だと安心して使うことができます。今回紹介した手順で日本語表記に変更し、Visual Studio Codeを使いこなしてくださいね。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags