.net column
.NET開発者のためのブログメディア

ITエンジニアに必要な基礎スキル6つ|おすすめの勉強法を紹介!

2020年05月28日

SE
ITエンジニアには、どのようなスキルが求められるのでしょうか?

PM
各種プラグラミング言語のスキルと知識、コミュニケーション能力など、幅広いスキルが求められています。

ITエンジニアとは?

ITエンジニアとはwebでのコンピュータシステムを開発する技術職です。ITエンジニアは開発エンジニア、インフラエンジニア、営業系エンジニアなどに分かれており、仕事内容はwebシステムの開発、構築、サポートなどをしていきます。ITエンジニアを目指す人は、難易度の高い資格を取得し、ITでの業務経験を多く積み、それぞれのITエンジニア職を目指しましょう。

ITエンジニアはスキルアップが欠かせない

ITエンジニアの仕事にはスキルアップが欠かせません。ITやAI、IoTといった技術は日進月歩で進化しており、それらの技術を理解していくには定期的なスキルアップが欠かせなくなります。ITエンジニアを目指す人は、最新のIT技術の動向を把握し、それらの技術を理解することに努め、自身の資格取得に役立てスキルアップを図っていきましょう。

ITエンジニアに必要な基本スキル6つ

ITエンジニアに必要な基本スキルが6つほどあります。ITエンジニアの仕事にはITの基礎的な知識だけでなく、それらの技術を活かすためのPC操作スキルなどが必要になり、またコミュニケーション能力を高めることで仕事の幅を広げることができます。ITエンジニアを目指す人は、目指しているエンジニア職に必要となるスキルや資格を得るようにし、ITエンジニアとして活躍していける環境を整えましょう。

基本スキル1:ITに関する基礎的な知識

ITエンジニアに必要な基本スキルに、ITに関する基礎的な知識が挙げられます。ITエンジニアの職業はITを活用しながら仕事をしていくので、基礎的なIT知識を備えておく必要があります。ITエンジニアを目指す人は、インターネットを使う上で必要となるルールやマナーを身に付け、ITエンジニア職として求められる人材を目指しましょう。

基本スキル2:PC操作のスキル

PC操作のスキルもITエンジニアに必要な基本スキルの一つです。ITの知識が豊富であってもPCの操作が堪能でなければ、ITエンジニアとして活躍していくのが難しくなります。ITエンジニアを目指す人は、持っているIT知識を発揮させるためにも、PC操作について深く学び、ITエンジニアとして活躍できる環境を整えておきましょう。

基本スキル3:各種プラグラミング言語のスキル

ITエンジニアに必要な基本スキルに、各種プラグラミング言語のスキルが挙げられるでしょう。ITエンジニアとして活躍していくには、各プログラミング言語を扱うためのスキルが必要になります。ITエンジニアとして仕事をする人は、多くのプログラミング業務をこなすことで、多くのプログラミング言語に触れてみましょう。

基本スキル4:プログラミングの知識

ITエンジニアに必要な基本スキルとして、プログラミングの知識が求められます。ITエンジニアとして仕事をしていく場合、プログラムを組む作業が多くなるため、高いプログラミング知識を備えておく必要があります。ITエンジニアとして仕事をする人は、プログラミングでの業務をこなしやすくするためにも、プログラミング言語ごとの知識を高め、仕事に役立てていきましょう。

基本スキル5:コミュニケーションスキル

ITエンジニアに必要な基本スキルとして、コミュニケーションスキルも重要となります。プログラムを組むのが得意でも、顧客やチームメンバーとコミュニケーションが取れなければ、仕事をスムーズに進めることができません。コミュニケーションスキルを上げたい人は、相手の話に耳を傾けるように心掛け、積極的に話しかけることでお互いの信頼関係を築くようにしましょう。

基本スキル6:新しいスキルや知識の習得

最後に挙げるITエンジニアに必要な基本スキルは、新しいスキルや知識の習得です。ITエンジニアとして仕事をしていく場合、仕事内容によっては新しいIT知識やスキルが求められることがあるため、新しい資格やスキルの習得が必要になります。ITエンジニアを目指す人は、ニュースや雑誌などから、新しいITやAI技術を把握するようにし、それらの技術を理解することで仕事に役立てていきましょう。

職業によって求められるスキルが違う

ITエンジニアの仕事をしていくにはそれぞれのエンジニア職に求められるスキルが必要です。ITエンジニアはインフラエンジニア、営業系エンジニア、開発系エンジニアがあり、これらの仕事をしていくにはそれぞれのエンジニアに求められる経験や資格が必要となります。ITエンジニアを目指す人は、就きたいエンジニア職に必要なスキルや資格を取得し、それぞれのエンジニアとして活躍できる環境を整えるようにしましょう。

おすすめの勉強法

ITエンジニアとして仕事をしていくにはプログラミング言語を効率よく学ぶ必要があります。そのためには自分に合った学習方法を選び、効率よくプログラミングを身に付けることが大切です。プログラミング言語を学ぶ人は、自分の性格や生活環境に合わせた学習方法を選択し、効率よく学ぶようにしましょう。

メディアを活用する

ITエンジニアとしてのスキルやプログラミングを学ぶ方法にメディアを活用する方法があります。書店に売っているコンピュータの書籍やインターネットの情報を元にプログラミングやIT知識を深めることができます。ITエンジニアを目指す人は、インターネットを利用したプログラミング学習ツールを活用し、自身の知識に合わせた書籍を選び学習しましょう。

書籍

ITエンジニアとしてのスキルやプログラミングを学ぶ方法に書籍を利用した学習法があります。プログラミング言語ごとに専門の書籍が販売しているので、学習の仕方や身に付けたい知識に合わせて書籍を選び勉強することができます。書籍を用いて学習する人は、書籍だけでなくプログラミング教室に通うことでより効率的な学習ができます。

インターネット

ITエンジニアとしてのスキルやプログミングを学ぶ方法にインターネットを活用する方法があります。インターネットでプログラミングの勉強の仕方を調べるか、プログラミング教室が行っているオンラインサービスでも学習することができます。インターネットを活用し学習する人は、自分の力を飛躍させられるような学習カリキュラムを選び、学習していきましょう。

セミナーや勉強会に参加する

セミナーや勉強会に参加することでITエンジニアとしてのスキルやプログラミングを学ぶことができます。企業が行っているセミナーや勉強会は実践的なプログラミングを学ぶことができるので力を伸ばすことができます。セミナーや勉強会に参加する人は、参加する前に自主的にプログラミングの学習をしておくことで、セミナーや勉強会での勉強を進めやすくしておきましょう。

プロジェクトに参加する

ITエンジニアとしてのスキルやプログラミングを学ぶ方法にプロジェクトに参加する方法があります。企業のプロジェクトに参加するには学生時代からインターンとして仕事をすることや、早い時期から職業体験を通じてITエンジニアの知識を身に付ける必要があります。ITエンジニアとして仕事をする人は、学生時代からさまざまなプログラミング言語を学ぶようにし、活躍できる環境を整えておきましょう。

資格取得に挑戦する

資格取得に挑戦することもITエンジニアとしてのスキルやプログラミングを学ぶ方法です。資格取得を視野に入れて勉強をすることで、目標を高く設定できるので勉強が捗り、資格取得のために多くのことを学ぶよう勉強できます。ITエンジニアとして仕事をする人は、自分の能力に合わせた資格の取得をしていき、難易度の高い資格取得を目指しましょう。

SE
ITエンジニアは職種によって求められるスキルが違ってくるのですね。

PM
そうですね。ITエンジニアの中でもどのような職種に就くのかを明確にして、必要なスキルを身に付けましょう!

自分に合ったITエンジニア職を見つけよう

自分に合ったITエンジニア職を見つけましょう。ITエンジニアにはさまざまな職種があるので、自分のプログラミングの能力やIT知識のレベルに合わせてITエンジニア職を見つけていくことが大切です。ITエンジニア職を目指す人は、自分に合ったITエンジニア職を見つけるためにもさまざまなプログラミング言語を学び、自身の能力を知ることでどの分野のITエンジニアに向いているか考えてみましょう。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags

Jobs