.net column
.NET開発者のためのブログメディア

jQueryで使えるメソッドの一覧とよく使うメソッドの紹介

 
jQueryで使えるメソッドの一覧とよく使うメソッドの紹介
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

jQueryには、便利に使えるメソッドがたくさんあります。
自分自身でJavaScriptを用いて実装すると、実装に時間が掛かってしまうものも、jQueryは短いコードで様々な機能が使えるため、大変便利です。
たくさんあるメソッドの中から使えるメソッドを紹介します。

PG
jQueryを利用すると様々な機能が利用できますが、その中でも便利な機能を教えてください。
PM
ここではjQueryの機能の中でも、よく使う便利なメソッドを紹介します。1つでも多く使えるようになってくださいね!

jQueryの使えるメソッド一覧

使えるメソッドを以下に記載します。

addClass
要素にクラスを追加します。
htmlにおいて、

のように記載しているクラスを、要素を指定して動的にクラスを指定することができます。

removeClass
上記のaddClassの逆で、要素からクラスを削除します。
addClassと同様に、要素を指定して動的にクラスを削除することができます。

show
指定した要素を表示します。
htmlで定義しているdiv要素を丸々表示することができます。

hide
上記のshowの逆で、要素を非表示にします。
showと同様に、divタグなどを指定して、要素を非表示にすることができます。

val
指定した要素の値を取得、または値を設定します。

のようにすると、指定した要素の値を取得することができます。

のようにすると、指定した要素に値を設定することができます。

css
指定した要素のスタイルを取得、またはスタイルを設定します。

のようにすると、指定したスタイルの値を取得できます。

のようにすると、指定したスタイルを設定することができます。

jQueryのメソッドで重要なメソッド

これまで、jQueryで使えるメソッドを紹介してきました。
この項では、中でも特に便利なメソッドを詳しく紹介します。

cssメソッド

指定した要素のスタイルを取得、またはスタイルを設定できるメソッドです。

特にスタイルを設定する処理が重要となります。
Webアプリケーションの作成において、画面の各項目のスタイルは非常に重要なウエイトを占めています。

そのスタイルを動的に指定できるので、すごく便利です。

例えば、条件に応じて表示/非表示を切り替えるようなケースでは、displayスタイルを設定します。
要素を表示する場合は、

要素を非表示にする場合は

というように、要素ごとに表示/非表示を設定して、動的に表示を切り替えるケースがあります。

addClass/removeClass

クラスの設定の切り替えが可能です。
cssメソッドと同様に、あらかじめスタイルが定義されているクラスを指定することで、画面項目のスタイルを変えたり、クラスを設定することで、動的に画面の状態を切り替えることができます。

例えば、タブの切り替えやアコーディオンの実装など、画面に動きを付けることができます。

PG
jQueryには便利なメソッドがたくさんあるのですね。
PM
cssメソッドやaddClass/removeClassメソッドなど、よく使うメソッドの内容のしっかり理解して、様々な機能の実装に活用しましょう。

jQueryには便利なメソッドがたくさんある

jQueryの便利なメソッドを紹介しました。
これらのメソッドを組み合わせて使うことで、様々な機能を持ったWebアプリケーションを実装することができます。本記事で紹介したメソッドを使用してみてはいかがでしょうか。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags