.net column
.NET開発者のためのブログメディア

jQueryのセレクタの基本的な使い方【HTML要素を指定する】

 
jQueryのセレクタの基本的な使い方【HTML要素を指定する】
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

Webページを作成していると、「ここはこんな動きにしたい」と思うことがあるのではないでしょうか。そこで活躍するのが、jQueryのセレクタです。この記事では、jQueryを利用する上で必須の「セレクタ」について解説していきたいと思います。ぜひ、参考にしてみてください。

SE
自作のWebサイトでjQueryを使ってみたいです。
PL
jQueryはソースコードが比較的短くできるため、開発がしやすいですよ。特にWeb開発の初心者にもおすすめです。

jQueryのセレクタとは

はじめに、jQueryのセレクタについて概要を抑えておきましょう。「セレクタ」とは、特定の要素を取得するために記述する処理のことです。

例えば、「ソースコードの1つ目のラジオボタンを選択済みにしたい」という場合、jQueryで$()の括弧内に「操作したい要素名」と「行いたい処理」を記述することで、簡単に動的なページを作成することができます。

操作したい要素名は、下記のようにHTMLのタグ名やID、クラス名などで指定することができます。

  • ・要素セレクタ(HTMLのタグ名で指定する場合)
  • $(“tag_name”)

  • ・IDセレクタ(IDで指定する場合)
  • $(“#id”)

  • ・クラスセレクタ(クラス名で指定する場合)
  • $(“class_name”)

※行いたい処理はこの後ろに[.()]のように指定します。

これらの処理はHTML側で記述できる場合もあるのですが、jQueryで切り分けて記述した方が見やすいというメリットがあります。そのため、セレクタはjQueryで記述することをおすすめします。

jQueryのセレクタを実装する

ここでは、実際にjQueryのセレクタを使ってみたいと思います。
今回は基本中の基本である、文字の色を変更する処理をセレクタで行っていきます。

下記のようにコードを記述します。今回はそれぞれ違う色にしたいので、クラス名で指定していきます。
コード実装例

そして、ブラウザで実行します。
実行結果

少し黄色が見えにくいですが、しっかり文字の色が変更されています。

SE
jQueryのセレクタは、「操作したい要素+行いたい処理」の形でシンプルに記述されていますね。
PL
ソースコードが短いからより見やすいですね。ぜひ、活用してみてください!

jQueryのセレクタで簡単に動的ページを作成する

この記事では、jQueryのセレクタの概要から実装方法までを解説していきました。jQueryはソースコードが短く、シンプルな記法となっているため、初心者の方も学習しやすいことがメリットです。基本であるセレクタをマスターして、イメージどおりのWebページを作成してみてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags