.net column

.NET開発者のためのブログメディア
タイマー

【C#の基礎】DateTimeによる現在時刻の取得とフォーマットの比較

2020年03月25日

データを処理する際に、現在時刻の取得は何かと使う機会が多いです。日付や時刻に様々なフォーマットや表示形式があるなかで、最適なものを取得して使いたいケースもあるでしょう。ここでは、日付や時刻を取得する方法について紹介していきます。

PG
日付を取得してデータ処理をしていきたいのですが、現在時刻を取得するにはどうしたら良いですか?
PL
それならDateTimeを使っていくと良いですよ。まずはDateTime構造体から理解していきましょう!

DateTime構造体を使用した時刻の取得

C#における日付処理を行うには、DateTime構造体を使用していきます。これを使えば、現在時刻を日時や時刻を様々なフォーマットに変換して表示することが可能です。取得した日付のデータを表示する際には、DateTime.ToStringメソッドなどを利用して文字列に変換してから表示します。

現在時刻を表示する

実行結果
このコードでは、現在時刻を取得して表示します。
※上記コードの時間フォーマットの部分は、
【yyyy:年 MM:月 dd:日 HH:時間(24時間表記) mm:分 ss:秒】
になります。

任意の時刻を表示する

実行結果
このコードでは、任意の時刻を生成して表示しています。

標準の書式指定子の比較

日付処理を行う上で、特定の日時との比較を行うケースがあります。指定した日付・日時に対して取得した日時がそれより前なのか、後なのかを判定するための方法として、文字列同士を比較する方法が一般的でしょう。プログラム上では文字列比較は演算子を使って行うことができるほか、CompareToメソッドを利用する方法も用意されています。

時刻を演算子で比較する

実行結果
このコードでは、取得した現在時刻が指定した時刻より前か後、同じであるかを判定しています。
※dt1は2020/03/25 10:15:08

時刻をCompareToで比較する

実行結果
このコードでは、取得した現在時刻が指定した時刻より前か後、同じであるかをConpareToメソッドで判定しています。
※dt1は2020/03/25 10:15:08

PG
なるほど、現在時刻だけでなくいろいろな時間のフォーマットを利用することもできるのですね。
PL
任意のフォーマットだけでなく、日付同士の比較などにも使えます。ぜひ、使いこなせるようにしておきましょう!

日付処理にはDateTime構造体をうまく利用する

日付処理を行うためにはDateTime構造体から情報を取得する必要があります。また、日付同士の比較や、決まったフォーマットに変換して表示するなど、データを処理していく中で頻繁に利用されるので、しっかり覚えておきましょう。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)