.net column
.NET開発者のためのブログメディア

PHP入門者におすすめの書籍30選|書籍で勉強する時のポイントも解説

 
PHP入門者におすすめの書籍30選|書籍で勉強する時のポイントも解説

SE
具体的にはどんな勉強方法がありますか?

PM
HTMLやCSSの記述を学習したり、オブジェクト指向を理解することが重要です。

目次

PHP言語とは


PHP言語とはWebサービスの開発に特化したプログラミング言語です。

PHP言語は動的なWebページを生成できるサーバサイドのスクリプト言語です。他のプログラミング言語に比べ、文法がシンプルで、HTMLの中にタグを追加する形でコードを記述することができるため、独学でも理解しやすく比較的習得しやすい言語ともいえます。

また、データベースとの連携もスムーズに行うことができます。そのため、汎用性も高くWebサイトやWebアプリケーションの開発をしたい人には、おすすめの言語といえます。

PHP入門者におすすめの書籍30選


PHPは、Webサービスの開発に特化し、互換性もあり有効な言語でありながら、他のプログラミング言語と比べて文法が簡単で独学でも勉強しやすい言語です。

これから独学でPHPを学ぼうと考えている方もいらっしゃるかと思いますが、PHP入門者におすすめの書籍30選をご紹介していきます。

参考書を選ぶ際に参考にしていただければと思います。

1:PHPフレームワークLaravel入門 第2版

おすすめ書籍の1冊目はPHPフレームワークLaravel入門 第2版です。

ロングセラー定番解説書である「PHPフレームワークLaravel入門」を新バージョン対応で改訂された書籍です。

Laravel6以降の認証機能の設定方法が詳しく解説されていて、Laravelのインストール方法、MVCの使用や開発する上で必要な機能を詳しく解説している入門書です。PHP7.2対応です。

2:WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第3版]

おすすめの書籍の2冊目は、WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第3版]です。

WordPressでWebサイトやブログを作成する際に、「テーマ」に記述されるPHPコードやプログラミング初心者に向けて解説している書籍です。図解や図面も多く、WordPressをカスタマイズしたい方がPHPを基礎から学ぶのに最適な書籍です。

3:確かな力が身につくPHP「超」入門

おすすめの書籍の3冊目は、確かな力が身につくPHP「超」入門です。
PHPの機能を勉強することを目的に、ECサイトなど、業務としてWebサイト制作を行うために必要な部分に焦点を置き解説しています。

必須のショッピングカート、ログイン処理の作成、商品管理などを行うデータベースの設定の仕方や制御する方法など、Web開発をする上で、現場で必要な知識やテクニックをサンプルを使いながら勉強できます。

4:これ1冊でゼロから学べる Webプログラミング超入門

おすすめの書籍の4冊目は、これ1冊でゼロから学べる Webプログラミング超入門

Webプログラムに必要なHTML、CSS、JavaScript、PHPの4つの言語を1冊で学べる入門書です。サーバー構築からプログラムまで、必要最低限のことが学べ、プログラムを作る第一歩として学べる1冊です。

5:改訂新版 ゼロからわかるPHP超入門

おすすめの書籍の5冊目は、改訂新版 ゼロからわかるPHP超入門です。

Webの仕組みからPHP言語の使用を中心に、プラグラミングの経験がないビギナーでも、PHPの基礎を学ぶことができる超入門書です。PHP解説の他、MySQLとの連携、例題、Windows10、PHP7対応でXAMMP、豊富なサンプルソースのCD‐ROM付です。

6:よくわかるPHPの教科書【PHP7対応版】

おすすめの書籍の6冊目は、よくわかるPHPの教科書【PHP7対応版】です。

プログラミングの用語やコードに馴染みがない初心者でも、少しずつ段階的に理解できるように説明の内容や難易度が工夫されたPHPを始めて学ぶ人にぴったりの入門書です。

項目ごとを追うごとに手ごたえが感じられ、学ぶ楽しさが感じられるように工夫されています。入門書ではあるものの基本を応用し、現場で使える即戦力なプログラムも学習することができおすすめです。

入門レベルから実用レベルまで知識とスキルを身に着けることができる1冊です。

7:いきなりはじめるPHP ワクワク・ドキドキの入門教室

おすすめの書籍の7冊目は、よくわかるPHPの教科書【PHP7対応版】です。

初心者がつまずきやすいポイントを解消し、挫折した方や初めて学ぶ方でも、最初の設定からデータ構築、PHPやMySQLのエッセンスを学ぶことができる入門書です。1日でWeb画面と簡単なDBまで作れるようになると話題の秋葉原にある教室の速習コースの内容を1冊に凝縮しまとめた本です。

8:独習PHP 第3版

おすすめの書籍の8冊目は、独習PHP 第3版です。

Webページやアプリケーション開発に必要な基本知識、PHPの基本的な構文から、クラス、データベース連携、セキュリティなどを丁寧に解説した本です。

解説、例題、練習問題(理解度チェック)の3ステップで、PHPによるWebページやアプリ開発の基本的なテクニックをしっかり学ぶことができます。

9:いちばんやさしいPHPの教本 第2版

おすすめの書籍の9冊目は、いちばんやさしいPHPの教本 第2版です。

仕組みや疑問点を解決しながら講義と実習型のワークショップ型の演習によって、基礎から実践的なプログラムを作ることができるPHPの入門書です。

Macユーザー・Windowsユーザーそれぞれに合わせた説明がされているのでわかりやすく、豊富なサンプルプログラムのコードはサポートページからダウンロードでき便利です。

10:スラスラ読める PHPふりがなプログラミング

おすすめの書籍の10冊目は、スラスラ読める PHPふりがなプログラミングです。

プログラムの読み方にふりがなを振るという斬新な手法で、PHPが初めての方でも挫折なく読み進めることができ、プログラムの1行1行が何を意味していてどう動くのかが理解できるPHP超入門書です。

実際に手を動かしながら進めることができ、プログラムを考える応用問題を解きながら、PHPの基礎文法を確実に身につけることができます。

11:パーフェクトPHP(PERFECT SERIES 3)

おすすめの書籍の11冊目は、パーフェクトPHP(PERFECT SERIES 3)です。

PHPの基本に加え内部の仕組みなどもしっかり解説し、Webアプリケーション開発におけるフレームワークなどの利用方法なども体系的に学ぶことができる一冊です。PHPの言語について詳しく網羅されているだけでなく、最新技術まで解説しています。初心者から中級者におすすめの本です。

12:最初に「読む」PHP

おすすめの書籍の12冊目は、最初に「読む」PHPです。

PHPの基本をイラストや図版で動作の流れをわかりやすく説明されています。この本では、PHPの基本的な部分にフォーカスし、丁寧に解説しています。サイトからサンプルプログラムがダウンロードでき、作ったプログラムが動かない時の参考にすることができます。

13:PHP本格入門[上]

おすすめの書籍の13冊目は、PHP本格入門[上]です。

Webアプリケーション作成において有効なPHPの基礎から実践までの集大成の上下巻参考書の上です。PHP初学者が実務レベルまで成長するのに最適な一冊で、基本的な知識やテクニックの習得だけではとどまらず、現場に求められる品質にするための応用知識やテクニックなども解説していきます。

上巻では、Webの仕組みやPHPの役割、基礎文法、オブジェクト指向、関数、Webアプリケーションの実装、データベース連携、コーディング規約について解説していきます。

14:PHP本格入門[下]

おすすめの書籍の14冊目は、PHP本格入門[下]です。

Webアプリケーション作成において有効なPHPの基礎から実践までの集大成の上下巻参考書の下です。PHP初学者が実務レベルまで成長するのに最適な一冊で、基本的な知識やテクニックの習得だけではとどまらず、現場に求められる品質にするための応用知識やテクニックなども解説していきます。

下巻では、外部ライブラリーの利用、Web APIによる外部システムとの連携、自動テスト、静的解析、ロギング、ドキュメンテーション、ボトルネック調査、フレームワーク、デバッグについて解説しています。

15:徹底攻略PHP7技術者認定初級]試験問題集

おすすめの書籍の15冊目は、徹底攻略PHP7技術者認定初級]試験問題集です。

PHP7技術者認定初級試験の公式で唯一の問題集です。書き下ろし問題173問を掲載され、丁寧に解説されています。PHP7を習得するための技入門書としても役立ち、巻末には模擬試験1回分を収録されていて、試験直前の腕試し・仕上げもすることができます。

16:確かな力が身につくPHP「超」入門

おすすめの書籍の16冊目は、確かな力が身につくPHP「超」入門です。

「確かな力が身につく」シリーズの第3弾で、Webエンジニア、フロントエンドエンジニアなど、ESサイトの制作など現場で実践的に使われている方を対象に書かれています。

サンプルが多数用意されているので、コマースサイトに必須のショッピングカートやログイン処理の作成、商品管理などを行うデータベースの設定・制御法などPHPの機能を学習しながら、Webサイトにそのまま組み込んで利用できます。

業務としてWebサイト制作を行うために焦点を置いた本で、即戦力となる知識と技術を最短で身に着けることができます。

17:PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発 バージョン8.x対応

おすすめの書籍の17冊目は、PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発 バージョン8.x対応です。

ECサイトなど、業務としてWebサイト制作を行うために必要な部分に重点を置き解説している本です。PHPの機能を学習するだけではなく、Webサイトにそのまま組み込んで実際に動かしながら学べるサンプルが多数用意されています。側線的な知識と技術を最短で学べる一冊です。

18:PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発 バージョン5.5 LTS対応

おすすめの書籍の18冊目は、PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発 バージョン5.5 LTS対応です。

本書では、Laravelの実践的な内容を中心として、アプリケーション課題解決のための設計技法を取り上げています。多くのPHPアプリケーションでも導入できるよう工夫された内容です。

実際のアプリケーションで起きる様々な問題解決のためには、Laravelをはじめフレームワークの機能と的確な設計技法を組み合わせることが必要です。アプリケーションは様々な要求や機能拡張によって変化や進化を遂げ、様々な設計技法を習得しなければ対応が難しくなってきています。

知識と概念、デザインパターンの活用、オブジェクト指向プログラミングのテクニックを多岐にわたり習得することで、複雑化する問題に対応することができます。本書では、複雑化するアプリケーションの仕様に対応できるフレームワークの拡張機能について実践的に学ぶことができます。

19:スラスラわかるPHP 第2版

おすすめの書籍の19冊目は、スラスラわかるPHP 第2版です。

ゼロからわかる入門書がPHP8に対応しリニューアルされた一冊です。プログラミングを初めて勉強する方や他の本でも挫折してしまった方にもおすすめのPHP基本書です。

プログラミングの基礎知識や作法、PHPの基本構文、テクニックの習得は勿論、実際にチャット掲示板やアルバムなどの機能を持った交流サイトを作り、実際に手を動かす演習を通して、言語仕様の基礎からデータベース、フォーム、セッション、セキュリティまで開発に必要な要素を無理なく学ぶことができます。

20:PHPフレームワーク Symfony 4入門

おすすめの書籍の20冊目は、PHPフレームワーク Symfony4入門です。

導入からWebアプリケーション開発に必要な知識まで基本的な使い方を解説した入門書です。

PHPのWebアプリケーションフレームワークには様々な種類があり、本書では、最新技術を取り入れつつも、安定して使い続けることができるスタンダードなフレームワークを学ぶことができます。

21:プログラミングPHP 第3版

おすすめの書籍の21冊目は、プログラミングPHP 第3版です。

Webアプリ開発のPHP言語を、動作原理から実用的なテクニックまで詳しく解説している本格的解説書です。文字列処理や配列処理、オブジェクト指向、PHPに付属する拡張モジュール、グラフ描画、XMLファイルの解析など実践的なテクニックまで網羅しています。

本書をマスターすることで、PHPのWebアプリケーションの設計をして作成することができるようになるでしょう。

22:詳細!PHP 7+MySQL 入門ノート

おすすめの書籍の22冊目は、詳細!PHP 7+MySQL 入門ノートです。

基本シンタックスからMySQLデータベース連携まで、注釈付きのコードと手順を図で詳しく丁寧に解説された500ページに渡るPHP7指南書です。パートが4つに分けられ、セクションごとに用意された344本のダウンロードできるサンプルコードがついています。

サンプルを参考にプログラムを作りながら、段階的にPHP関連の情報や周辺スキルを身に着けることができます。PHPは初めてでも、他のプログラム言語の経験があるなど、ある程度
知識やスキルがある方におすすめです。

23: 初心者からちゃんとしたプロになる PHP基礎入門

おすすめの書籍の23冊目は、初心者からちゃんとしたプロになる PHP基礎入門です。

PHPとWebアプリ開発の基礎を学ぶことができる入門書です。ステップ・バイ・ステップ形式で、変数、演算子、条件分岐、配列、ループ処理といったPHPの基本的な文法と使い方のマスターした後に、実際にWebアプリケーションを作成し、PHPの考え方や書き方を実践的に学べます。

Web APIやMySQLデータベースからデータを取得する方法、データのバリデーション、ログイン機能、セッション管理、セキュリティに関する重大な注意点等、現場で使えるテクニックを学ぶことができます。

24:PHPの絵本 第2版 Webアプリ作りが楽しくなる新しい9つの扉

おすすめの書籍の24冊目は、PHPの絵本 第2版 Webアプリ作りが楽しくなる新しい9つの扉です。

プログラム経験のない初心者でも勉強をスタートできるとてもやさしい入門書です。絵本のように豊富なイラストと要点を押え解説しています。プログラムがどんなものなのかというところから学べ、PHPの最新事情もフォローしたアプリケーション作成を始めることができます。

単元ごとに2ページ単位で読みやすく、言語やテクニックの基礎が手軽に学べます。

25:誰もがあきらめずにすむPHP超入門

おすすめの書籍の25冊目は、誰もがあきらめずにすむPHP超入門です。

まずは体験、理屈はあとからをコンセプトに、Web関連の難解な専門用語やデータベースなどPHP文法以外に初心心者がつまずきやすいポイントをイラストと図解を使い、丁寧に解説しているので、挫折せず学習を進めることができます。

本格的なPHPの入門書の前段階として、まずはやってみて理解するこの本を読むことをおすすめします。PHPの可能性や楽しさが感じられる本です。

26:動かして学ぶ!Laravel開発入門

おすすめの書籍の26冊目は、動かして学ぶ!Laravel開発入門です。

デジタルハリウッド・ジーズアカデミーなどでLaravel講座を教える中で、多くの受講生の声がひっかかるポイントや疑問点などを反映させて書かれ、LaravelによるWebアプリ開発初心者を対象としたLaravelの入門書です。

本管理アプリのサンプル作りをしながら、PHPのフレームワークLaravelで Webアプリ開発に挑戦するのに必要な知識やスキルを身に着けることができます。

開発環境はブラウザだけで開発できるAWS Cloud9を利用しています。LaravelのバージョンはLaravel 6.x(LTS)です。

27:みんなのPHP 現場で役立つ最新ノウハウ!

おすすめの書籍の27冊目は、みんなのPHP 現場で役立つ最新ノウハウ!です。

現場で役立つノウハウや最新の動向を踏まえ、PHPをより使いこなすための情報が満載の書籍です。

PHP開発環境の構築、PHP 7以降の新たな文法と活用術、Composerの使いこなし方、様々なインフラ上で使えるPHP実行環境の整理、CI/CD導入などの方法、Laravelの活用方、ユニットテストなど、実際に現場で使いこなすためのノウハウが満載で実践的に学ぶことができます。

28:PHPフレームワーク Laravel実践開発

おすすめの書籍の28冊目は、PHPフレームワーク Laravel実践開発です。

既刊『PHPフレームワーク Laravel入門』の続編です。Webアプリケーション開発では、基本のMVC以外の機能実装が非常に重要で、求める声が多かったMVC以外の機能実装の手法を解説した書籍です。

Laravel5.8.9準拠で、コア機能の詳細、ジョブ管理、フロントエンド、ユニットテスト、Artisanコマンドなどの実装機能についても詳しく解説されています。

29:気づけばプロ並みPHP 改訂版

おすすめの書籍の29冊目は、気づけばプロ並みPHP 改訂版です。

この書籍は、超入門書『いきなりはじめるPHP』の姉妹本であり中級編です。PHPの入門書を卒業した方やプログラミング経験のある方向けの内容となっています。

ショッピングサイトの構築を楽しく進めながら、システム開発に必要な力が自然に身に付け、本格的なシステム開発の世界に足を踏み入れることができるようになるでしょう。

途中で挫折しないように言語仕様に沿った構成や文法解説を避け、読者目線のストーリーの中で、楽しく学習を進めることができます。

30:CakePHP 超入門

おすすめの書籍の30冊目は、CakePHP 超入門です。

初心者でもできるだけ高品質なプログラムを作りたいと考えるなら「CakePHP」というフレームワークがおすすめです。PHPを始めたばかりの人でも、CakePHPでWebアプリ開発をはじめることができる入門書です。

サンプルの無料でダウンロードできるので、手を動かしながら覚えることができます。

PHPを書籍で勉強するときのポイント3つ


ここでPHPを書籍で勉強するときのポイント3個をご紹介します。

PHPはWebアプリケーション開発に有効で、他の言語と比べると初心者でも勉強しやすさがあるので、人気があり、PHPを勉強するための書籍が色々と出ています。

書籍を選ぶ際には、自分の知識や経験など取り組んでいる段階によって、理解度が変わってくるので、その辺を意識して選ぶとよいでしょう。プログラムは実際に動かしてみながら、動作環境を整えていく必要があるので、より実績的に学べるものがよいでしょう。

知りたい項目や目的に合わせて選ぶことも大切です。

それでは、PHPを書籍で勉強するときのポイントについて詳しくみていきましょう。

1:自分の段階に合わせた本で勉強する

ポイントの1個目は、自分の段階に合わせた本で勉強することです。

PHPは初心者でも取り組みやすいプログラム言語ではありますが、プログラミング経験が無
く、Web関連技術の知識が全くないと、書籍によっては、専門性が高く、ある程度プログラミングの基礎がわかっている前提で書かれているので、理解が難しく挫折してしまうことも
あるでしょう。

自分の知識や理解できるレベルに合わせて、本を選び勉強することが必要です。

2:本と一緒に実践しながら勉強する

ポイントの2個目は、本と一緒に実践しながら勉強することです。

PHPの仕組みや文法を理解することは必要なことですが、実際にプログラムを書き、自分で動かしながら、試した方が知識やテクニックを身に着けることができ学習効果が高まります。

実際に動作環境を構築し、トライ&エラーをしながら、実経験を積み重ねることで、より実績的な知識やテクニックが身に付くので、書籍を選ぶ際には、PHPの環境構築や動作確認のやり方も書かれている本を選び、本と一緒に実践しながら学ぶことをおすすめします。

3:知りたい項目を重点的に勉強する

ポイントの3個目は、知りたい項目を重点的に勉強することです。

PHPはWebアプリケーションを行う上で有効なプログラム言語ですが、PHPでできることも様々にあるので、目的や知りたい項目を重点的に勉強することがおすすめです。

Web関連の基礎的な知識や、PHPの基礎的な知識やテクニックを最初に学ぶことは必要ですが、PHPの持つ機能やできることを最初から全部学んでから、プログラムを書き始めるより、知りたい項目を重点的に勉強し、実際にプログラムを作り動かしてみるといいでしょう。

SE
初心者でも習得しやすそうですね。

PM
そうですね。ぜひこの記事を参考に習得してみてくださいね。

PHPを学習するためのおすすめの本について知ろう


PHPは他の言語に比べて初心者でも理解しやすく、PHPを学習するための本も色々出ています。

プログラミングの経験の有無やWeb技術の知識の有無など、それぞれのレベルに合わせて、PHPの文法、プログラミングの書き方、Web技術の基礎知識などの手順や操作方法がイラストなども交えてわかりやすく書かれている本を選ぶとよいでしょう。

また、PHPで作りたいプログラムの目的に合わせて、より実績的にプログラムを作り試すことができる本を選ぶことがおすすめです。PHPを学習するためのおすすめの本について知りましょう。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags