.net column

.NET開発者のためのブログメディア
本

PHPを独学で習得するための勉強法13選|おすすめ書籍3選をご紹介

2020年07月03日

SE
具体的にはどんな勉強方法がありますか?

PM
HTMLやCSSの記述を学習したり、オブジェクト指向を理解することが重要です。

PHP言語とは

PHP言語とはWEBサービスの開発に特化したプログラミング言語です。</PHPを独学で習得するための勉強法13選|おすすめ書籍3選をご紹介>

PHP言語は動的なWEBページを生成できるサーバサイドのスクリプト言語です。他のプログラミング言語に比べて文法が簡単で、HTMLの中にタグを追加するようにしてコードを記述でき、さらにデータベースとの連携も簡単に行えます。そのため、WEBサイトやWEBアプリケーションの開発をしたい人におすすめの言語といえます。

PHPの勉強法とは

PHPは効果的な勉強法を押さえれば独学で十分習得可能な言語です。

PHPは他のプログラミング言語と比べて文法や仕様が非常に簡単なので、しっかりとした勉強方法を実践すればプログラミング初心者でも習得しやすいため、初心者がはじめに学ぶプログラミング言語としてもおすすめです。

PHPを独学で習得するための勉強法13選

PHPを独学で習得するための勉強法13選をご紹介します。

これからPHPを勉強しようと考えている方の中には、どのような勉強法を実践すればいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。ここではPHPを独学で習得するための勉強法13選をご紹介しますので、ぜひ勉強する際の参考にしてみてください。

PHP勉強法1:HTMLとCSSの記述を学習する

PHPの勉強法は、まず、HTMLとCSSの記述を学習することです。PHPは動的なWEBページを生成できる言語なので、PHPの勉強法でもWEBページの作成ができるHTMLやCSSについて押さえておきましょう。

PHPはHTMLのコードの中にタグを追加するようにして記述するため、HTMLとCSSの記述方法については最初に知っておかなくてはいけません。

PHP勉強法2:JavaScriptを学習する

PHPの勉強法は、JavaScriptを勉強することです。

JavaScriptも動的なWEBページを作成できるプログラミング言語です。PHPがサーバーサイドの言語であるのと違い、JavaScriptはクライアントサイドの言語です。

PHPの勉強法でも合わせて使い方を学習しておきましょう。

PHP勉強法3:PHPの文法を理解する

PHPの勉強法は、PHPの文法を理解することです。

HTMLやCSS、JavaScriptが習得できたら、PHPの文法の勉強に入りましょう。PHPの記述には「」で終わるということや、スクリプトの最後に「;」を付けるといったルールがあります。また、PHPファイルの拡張子は「.php」になります。

PHP勉強法4:オブジェクト指向を理解する

PHPの勉強法は、オブジェクト指向を理解することです。オブジェクト指向とはプログラミングの考え方の1つで、関連したデータと処理手順をオブジェクトというまとまりで定義し、オブジェクト同士を連携させてシステムを構築していくというプログラミング方法になります。

PHPを業務で使う場合、オブジェクト指向で開発されているため、オブジェクト指向についてはしっかり理解を深めることが重要です。

PHP勉強法5:アプリケーションの動作確認について知る

PHPの勉強法は、アプリケーションの動作確認について知ることです。PHPだけでなく、プログラミングでは開発をする際に動作が上手くいっているか確認するデバッグという方法が必要になります。

特に初心者はエラーでつまずくことが多いため、自分で解決できるようにデバッグ方法についてもしっかり学ぶようにしましょう。

PHP勉強法6:HTTPリクエストを理解する

PHPの勉強法は、HTTPリクエストを理解することです。HTTPリクエストはページ情報を取得したい場合など、サイトから外部にアクセスして情報を取得するときに利用するものです。

PHPでデータを受け取るには「POST」と「GET」という2種類の方法があり、POSTはデータがURLで引き渡されない、GETはデータがURLで引き渡されるという違いがあります。

PHP勉強法7:データベースを理解する

PHPの勉強法は、データベースを理解することです。

一般的にECサイトなどのWEBサイトを作成する場合、顧客データや商品データなどを格納しておくためのデータベースを利用することになります。また、WEBアプリケーションについてもデータベースを使用するのが一般的なので、データベースの仕組みや使い方について理解しましょう。

PHP勉強法8:PHPフレームワークについて知る

PHPの勉強法は、PHPフレームワークについて知ることです。フレームワークとはプログラミングをする際に共通して必要になるような機能の枠組みのことで、フレームワークを利用することで開発効率がはるかに良くなります。

例えばPHPのフレームワークを利用すれば、データベース操作やセキュリティ対策などの処理を一から実装することなく簡単に追加することが可能です。

PHP勉強法9:セキュリティについて理解する

PHPの勉強法は、セキュリティについて理解することです。PHPはセキュリティに関しては弱みがあるため、PHPで開発を行う上でセキュリティ対策は必須です。PHPで開発を行っている企業なら、ペネトレーションテストと呼ばれるセキュリティテストを利用していることも多いです。

PHPを勉強するなら、PHPのセキュリティについてはしっかり押さえておくようにしましょう。

PHP勉強法10:Gitツールの使い方を把握する

PHPの勉強法は、Gitツールの使い方を把握することです。Gitツールはバージョン管理ができるツールです。前述のとおり、PHPはセキュリティに関してもともと脆弱さを持っているため、セキュリティホールが見つかった場合はその都度修正が行われ、バージョンが更新されます。

そのため、PHPはバージョン管理をして最新版を利用することが重要です。

PHP勉強法11:設計について知る

PHPの勉強法は、設計について知ることです。PHPに限らず、プログラミングを学ぶ場合は設計についても学びましょう。設計が曖昧な状態で開発を行うと、仕様もあいまいになったりバグが発生したりしてしまいます。

そのため、設計手法についてしっかり学ぶことでバグを発生させないようにすることも可能になります。

PHP勉強法12:CookieやSessionの知識を習得する

PHPの勉強法は、CookieやSessionの知識を習得することです。PHPでWEBアプリケーションを作成する場合、CookieやSessionについての知識は必須です。

Cookieはクライアントに保存された情報で、Sessionは一連の通信を意味し、これらによってデータが共有されていることを押さえておきましょう。

PHP勉強法13:現役エンジニアから教わる

PHPの勉強法のラストは、現役エンジニアから教わることです。はじめてPHPを学ぶ初心者でも、勉強会やセミナーに参加することには大きな意味があります。

勉強会では現役のエンジニアと交流を持つことができるため、横のつながりを作ることができます。何かわからないことがあった場合に質問できる相手が居るだけで、学習効率は格段に良くなるでしょう。

PHPの勉強におすすめの書籍3選

PHPの勉強におすすめの書籍3選をご紹介します。

これから独学でPHPを学ぶ人の中には、どの参考書を使おうかと迷っている方もいるのではないでしょうか。ここでは最後に、PHPの勉強におすすめの書籍3選をご紹介します。

PHPのおすすめ書籍1:改訂新版 ゼロからわかるPHP超入門

「改訂新版 ゼロからわかるPHP超入門」はPHPの重要な説明に厳選した参考書です。

PHPエンジニアになるために必要なWebの仕組みやPHPの言語仕様を中心に学べます。改訂版ではMySQLとの連携についての解説が追加されています。

改訂新版 ゼロからわかるPHP超入門

PHPのおすすめ書籍2:最初に「読む」PHP

「最初に「読む」PHP」はPHPの基本的な部分を丁寧に解説する参考書です。

PHPの基本的な部分を中心にイラストや図解でわかりやすく解説してくれます。また、サンプルプログラムをサイトからダウンロードすることも可能です。

最初に「読む」PHP

PHPのおすすめ書籍3:確かな力が身につくPHP「超」入門

「確かな力が身につくPHP「超」入門」はPHPの現場で必要な知識を学べる参考書です。

「確かな力が身につく」シリーズの参考書です。ショッピングカートの作成やログイン処理などをサンプルで体験しながら学べます。

確かな力が身につくPHP「超」入門

SE
初心者でも習得しやすそうですね。

PM
そうですね。ぜひこの記事を参考に習得してみてくださいね。

PHPを独学で習得するための勉強法を実践してみよう

効果的な勉強方法でPHPを習得してWEBアプリケーションの開発を目指しましょう。

PHPはWEBサイトやWEBアプリケーションの開発に特化した言語で、他のプログラミング言語と比較すると初心者でも習得しやすいという特徴があります。

ぜひこの記事でご紹介したPHPの勉強方法を参考に、PHPを習得してみてはいかがでしょうか。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)