.net column

.NET開発者のためのブログメディア
クラウドサービス

C#の繰り返し構文であるfor文の使い方を紹介します!|連想配列について知ろう

2020年11月09日
SE
どんなときにfor文をつかうのですか。
PM
条件式がtrueの間、繰り返し処理ができます。

C#の繰り返し構文 – forの使い方とは?


今回は、C#の繰り返し構文であるfor文の使い方について説明します。

for文を使用することで、条件式がtrueの間、繰り返し処理ができます。
配列やListに対しても同様にfor文を使用できます。
C#でのfor文の使い方に興味のある方はぜひご覧ください。

C#でのfor文の使い方について紹介します。
for文は以下のように記述します。条件式がtrueの間、繰り返し処理ができます。

それでは、実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

0から4までインクリメントしながら繰り返し処理が行えていることが分かります。

もちろん、デクリメントすることもできます。
実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

イテレータはインクリメントやデクリメントだけでなく、2増やしたり3減らしたり自由に制御できます。

また、以下のように記述すると無限ループになります。

配列

C#では、配列の全要素取得のためにfor文を使用できます。
実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

“”array.Length””で配列の要素数が取得できます。
0~””array.Length””までのインデックスでインクリメントしながらアクセスすることで、配列の全要素を取得できます。

このように、C#では配列の全要素取得のためにfor文を使用できます。

List

C#では、Listの全要素取得のためにfor文を使用できます。
実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

“”item_list.Count””でListの要素数が取得できます。
0~””item_list.Count””までのインデックスでインクリメントしながらアクセスすることで、Listの全要素を取得できます。

このように、C#ではListの全要素取得のためにfor文を使用できます。

連想配列

C#では、Dictionaryクラスでもデータ集合を扱えます。
連想配列とも言い、以下のように記述します。

Dictionaryクラスは、自分でKey(要素名)を定義するため、順序が保障されているわけではありません。そのため、for文で要素にアクセスできず、代わりにforeach文を使用します。

ToListメソッドを使うと、連想配列からListを作成できます。
Listにすればfor文で各要素にアクセスできます。
実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

また、CopyToメソッドを使用すると、連想配列から配列を作成できます。
配列にすればfor文で各要素にアクセスできます。
実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このように、C#では連想配列に対してfor文は使用できません。
ToListメソッドでListにしたり、CopyToメソッドで配列にしたりすることで、for文で各要素にアクセスできます。

SE
for文は繰り返し処理ができる以外に処理配列やListでも使えるのですね。
PM
その通りです。ソースコードを参考にご自身で模ソースコードを書いてみてください。

C#でのforの使い方を正しく理解しよう

いかがでしたでしょうか。
C#の繰り返し構文であるfor文の使い方について説明しました。
for文を使用することで、条件式がtrueの間、繰り返し処理ができます。
配列やListに対してもfor文を使用できます。

ぜひご自身でソースコードを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)