.NETエンジニア・プログラマ向けの技術情報・業界ニュースをお届けします。

  1. FEnet.NETナビ
  2. .NETコラム
  3. プログラミング言語
  4. Javascript
  5. jQueryのsubmitとは?jQueryのsubmitでフォームを使いこなそう

jQueryのsubmitとは?jQueryのsubmitでフォームを使いこなそう

  • Javascript
  • jQuery
  • プログラミング言語
公開日時:   更新日時:
jQueryのsubmitとは?jQueryのsubmitでフォームを使いこなそう
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

    システム
    エンジニア
    フォームを送信できるメソッドにはどんな種類がありますか?

    プロジェクト
    マネージャー
    submitメソッドが代表的です。では、詳しく見ていきましょう。

    jQueryのsubmitとは?


    jQueryはJavaScriptで利用できる多機能なライブラリです。その機能の1つのsubmitメソッドは、HTMLのsubmitの処理と連動して様々なことがます。JavaScriptだけで作るよりも、jQueryを使った方がずっと簡単に実現できるのです。

    なおこの記事のサンプルを利用する場合、htmlのheadタグ内に以下を記述してください。下記が最新版のjQueryではない可能性もありますが、古いバージョンでも動作はします。

    <script src=”https://code.jquery.com/jquery-3.5.1.min.js”></script>

    HTMLのsubmitとは

    jQueryのsubmitを解説する前に、HTMLのsubmitとは何なのかを説明します。submitとはformタグ内で利用するinputタグのタイプの1つで、送信ボタンを出す時に使用します。



    <form>
      <input type=”text”>
      <input type=”submit” value=”送信する”>
    </form>

    上の例のように、submitタイプのinputタグのボタンは、textタイプのinputタグのテキストボックス等とセットで使われます。これによりユーザが入力データを送信することができます。コメント機能やWebメールに利用されることが多くなっています。

    submitのサンプル

    それではjQueryのsubmitを利用してみましょう。上の例のhtmlを記述した後、scriptタグ内に以下を記述してください。

    $(document).ready(function(){
    $(‘form’).submit(function() {
    alert(‘送信しました。’);
    });
    });

    $(document).ready(function(){~})の部分は、Webページを読み込んだ後にfunction内の処理を行うという意味です。documentや’form’はセレクタ、readyやsubmitはメソッドと言います。

    指定したfunctionをsubmit後に実行できる

    上のサンプルではsubmitメソッドのパラメータにfunctionを指定しています。その中ではalertでポップアップウィンドウを出しています。これによりHTMLのsubmitのボタンがクリックされた後にこのfunctionの処理が行われます。

    実行してボタンを押すと、ポップアップウィンドウが表示されます。なおsubmitに指定するfunctionは以下のように分けて宣言することも可能です。

    $(document).ready(function(){
    $(‘form’).submit(dispAlert);

    function dispAlert() {
    alert(‘送信しました。’);
    }
    });

    遷移先を選べるようにする

    次は条件によってsubmitの動作を変える方法を紹介します。まずはsubmitした時に、ラジオボタンのチェック箇所によって遷移先を切り替えるサンプルです。htmlは以下のように記述してください。

    No.1
    No.2
    No.3

    <form>
      <input type=”radio” name=”group” value=”1″ checked>No.1
      <input type=”radio” name=”group” value=”2″>No.2
      <input type=”radio” name=”group” value=”3″>No.3
      <input type=”submit” value=”送信する”>
    </form>

    action属性を書き換える

    jQueryは以下のようにします。

    $(document).ready(function(){
    $(‘form’).submit(function() {
    var v = $(‘input:checked’).val();
    switch(v) {
    case ‘1’:
    $(this).attr(‘action’, ‘/page1.html’);
    break;
    case ‘2’:
    $(this).attr(‘action’, ‘/page2.html’);
    break;
    case ‘3’:
    $(this).attr(‘action’, ‘/page3.html’);
    break;
    }
    });
    });

    まず$(‘input:checked’).val()でチェックされたラジオボタンのvalueを取得します。その結果でswitch文で分岐します。$(this).attr(‘action’, ‘~’);でformタグのaction属性を変更して、遷移先のページを切り替えています。thisは自分自身で、この場合formタグになります。

    押したボタンによって切り替える

    次はクリックしたボタンによって遷移先を切り替える方法です。htmlは以下のようにします。




    <form>
      <input type=”button” value=”1″ onclick=”setAct(‘/page1.html’)”>
      <input type=”button” value=”2″ onclick=”setAct(‘/page2.html’)”>
      <input type=”button” value=”3″ onclick=”setAct(‘/page3.html’)”>
    </form>

    htmlではなくjQuery側でsubmitする

    jQueryは以下のように記述します。html側からコールされるfunctionの定義のため、$(document).ready~は不要です。

    function setAct(page) {
    $(‘form’).attr(‘action’, page);
    $(‘form’).submit();
    }

    実行するとinputタグのonclickからsetActが呼び出され、そこでattrメソッドで遷移先が設定されます。その後setAct内でsubmitします。そのためhtml側のinputタグのtypeはsubmitではなくbuttonにしています。今回のやり方は処理の発生順の関係でこのようにする必要があります。

    フォームの内容をチェックする

    フォームの入力内容をチェックして、正しくない場合はsubmitしないということもできます。htmlが以下のようになっているとします。

    <form>
      <input type=”text”>
      <input type=”submit” value=”送信する”>
    </form>

    jQueryは以下のように記述します。

    $(document).ready(function() {
    $(‘form’).submit(function() {
    var val = $(‘input’).val();
    var cnt = val.length;

    if(val===’NGワード’) {
    alert(“NGワードです。”);
    return false;
    }
    if(cnt==0) {
    alert(“入力欄が空です。”);
    return false;
    }
    });
    });

    falseを返すとsubmitが発生しない

    上のサンプルでボタンをクリックすると、inputタグに入力された内容をvalメソッドで取得します。そしてlengthで文字数も取得します。取得した内容がNGワードであるか、文字数が0だった場合はalertで警告を出して、return falseで終了します。

    return falseでfalseを返すとsubmitが発生しません。実際にやってみると、falseが返される場合はページがリロードされないのがわかるでしょう。alertを外してみるとよりわかりやすくなります。

    システム
    エンジニア
    jQuery側からform送信処理をコントロールできるメソッドなんですね。

    プロジェクト
    マネージャー
    そうですね。他にもイベント処理を設定できたりと何かと便利なメソッドですので、ぜひマスターしてください。

    jQueryのsubmitでフォームを使いこなそう

    jQueryのsubmitを解説しましたが、ご理解頂けましたでしょうか。jQueryを使えばformタグとinputタグを使う処理で、色々と出来ることが分かったと思います。是非使いこなして素晴らしいWebページを作って下さい。

    FEnet.NETナビ・.NETコラムは株式会社オープンアップシステムが運営しています。
    株式会社オープンアップシステムロゴ

    株式会社オープンアップシステムはこんな会社です

    秋葉原オフィスには株式会社オープンアップシステムをはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで開発案件多数。システムエンジニア・プログラマーとしての多彩なキャリアパスがあります。

    • 充実した研修制度

      充実した研修制度

      毎年、IT技術のトレンドや社員の要望に合わせて、カリキュラムを刷新し展開しています。社内講師の丁寧なサポートを受けながら、自分のペースで学ぶことができます。

    • 資格取得を応援

      資格取得を応援

      スキルアップしたい社員を応援するために資格取得一時金制度を設けています。受験料(実費)と合わせて資格レベルに合わせた最大10万円の一時金も支給しています。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      オープンアップシステムは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    株式会社オープンアップシステムに興味を持った方へ

    株式会社オープンアップシステムでは、開発系エンジニア・プログラマを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓
    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓

    新着案件New Job