.net column
.NET開発者のためのブログメディア

JavaScriptのconstとは?varの使い方やvar・let・constを使わなかった場合を解説

公開日時:  
JavaScriptのconstとは?varの使い方やvar・let・constを使わなかった場合を解説
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

SE
var・let・constの使い分けや違いについて教えてください。

PM
変数を宣言する際に使うキーワードですね。では、実際の使い方や違いについてコードを参考にしながら理解を深めていきましょう。

JavaScriptのconstとは?


JavaScriptのconstは変数を宣言するためのキーワードです。以下のように使用します。

JavaScriptの変数の宣言は他にvarとletがあります。元々はvarしかありませんでしたが、ECMAScript2015でletとconstが定義されました。この記事ではconstを含めた3つの変数宣言のキーワードについて解説します。

constの使い方

JavaScriptのconstの特長は、再宣言と再代入ができない事です。以下を実行してみましょう。

「あいうえお」と表示されたポップアップが出ますが、「かきくけこ」は出ません。コンソールを見ると、

Uncaught SyntaxError: Identifier ‘value’ has already been declared

と表示されています。2回目のconst valueは再宣言のためエラーになるということです。

constは再宣言も再代入も不可

次に先ほどのJavaScriptサンプルの、2つ目のconstを無くしてみましょう。再代入にするということです。

実行すると、今回も「あいうえお」のポップアップしか出ません。コンソールには、

Uncaught TypeError: Assignment to constant variable.

と出ています。再代入もできないということです。

constのスコープ

constで変数の宣言をした場合、スコープについて気を付ける必要があります。以下のJavaScriptサンプルを実行してみましょう。

ポップアップで「あいうえお」と表示されますが、2つ目のalertは実行されません。コンソールには、

Uncaught ReferenceError: value is not defined

というエラーが出ます。if文やfor文などの{}の中で、constにより変数を宣言した場合、その括弧の外ではその変数を利用できないのです。このようなconstの有効範囲をブロックスコープと言います。

constの注意点

constは再代入ができないので、宣言時に必ず定数として初期化する必要があります。

このJavaScriptを実行すると、

Uncaught SyntaxError: Missing initializer in const declaration

というエラーが出ます。constの変数は後から再代入できないので、初期化しないと存在意義がなくなってしまいます。

constの配列

constで配列宣言をした場合でも、要素を追加することはできます。

このJavaScriptサンプルを実行すると、「あ,い,う,え」と表示されます。

ただし以下のように新たに別の配列を代入しようとすると、再代入となりエラーになります。

constのオブジェクト

constのオブジェクトも配列と同じような動作をします。

上のJavaScriptサンプルを実行すると「かきくけこ」と表示されます。オブジェクトの内容の更新は可能ということです。

しかし以下のようにオブジェクトの内容を全部差し替えようとすると、やはりエラーになります。

letの使い方

letについても解説します。次のJavaScriptサンプルを実行してください。

実行すると「あいうえお」と表示されて、次に「かきくけこ」と表示されます。constと違い、letで宣言した変数は再代入ができるということです。

ただしletもconstと同様に、再宣言はできません。またスコープも{}の中のみです。再代入できることだけが、letのconstとの違いです。

varの使い方

では最後にvarを解説します。以下のJavaScriptサンプルをご覧ください。

実行すると「あいうえお」「かきくけこ」「さしすせそ」と順に表示されます。varは再宣言も再代入もできるということです。

varの自由さは長所でも短所でもある

またvarはスコープがconstやletと違います。

このJavaScriptサンプルを実行すると「あいうえお」が2回表示されます。varは括弧の外でも使えるということです。

このようにvarは自由に使用できるため、constやletを使わず、全部varで良いのではないかと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

varだけを使っていると困ったことになる

しかしvarだけを使っていると困ったことになります。例えばJavaScriptで長いコードを書くとします。

これを実行すると、alertの所でa2が宣言されてないというエラーになります。しかしどこで間違っていたのかわかりません。もしconstかletで宣言していれば、2度目の間違った再宣言でエラーになるのです。

varの限界

上のJavaScriptサンプルのようなことにならないため、varは使わずにletとconstだけを使うようにした方がいいでしょう。なおvarは自由と言っても、以下のように関数(function)をまたいで利用することは流石にできません。

var・let・constを使わなかった場合

もしvarもなにもつけずに変数を宣言したらどうなるのでしょうか。

このサンプルはvalueにvarなどがついていませんが、問題なく実行できて「あいうえお」と表示されます。なにもつけずに変数を宣言するとグローバルスコープとなって、どこからでも呼び出せるようになります。

しかしこれはvarよりさらに自由になって、非常に危険です。グローバルスコープもvarも使わず、なるべくletやconstで変数を宣言するようにしましょう。

SE
constを使うと再宣言、再代入できなくなるんですね。

PM
はい。そのため、間違えて違う値を入れる等のエラーを防ぐことができます。

JavaScriptのconstで安全なプログラミングをしよう

JavaScriptのconstを解説しましたが、ご理解頂けましたでしょうか。constを使うことで変数の値を間違って更新することがなくなるので、積極的に利用しましょう。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags