.net column
.NET開発者のためのブログメディア

C#でのSQLiteの操作方法とは?テーブル作成、データ登録、データ取得、データ更新、データ削除の方法

2021年09月06日

C#でのSQLiteの操作方法とは?


今回は、C#でのSQLiteの操作方法について説明します。ここでは、テーブル作成、データ登録、データ更新、データ削除の方法を紹介します。

事前準備として、Visual StudioSQLiteをインストールします。Visual Studio 上部のメニューから「ツール」→「NuGetパッケージマネージャ」→「ソリューションのNuGetパッケージの管理」と進み、「sqlite-net-pcl」を検索します。インストール先のプロジェクトにチェックを入れて、インストールしてください。

テーブル作成

C#でSQLiteのテーブルを作成する方法を紹介します。CreateTable関数を使用します。実際のソースコードを見てみましょう。

実行すると、C:\test\SQLiteTest.db が生成されます。

以下URLから、DB Browser for SQLiteというツールをダウンロードすると、テーブルの中身をGUIで確認できます。
https://sqlitebrowser.org/dl/

データ登録

C#でSQLiteのテーブルにデータを登録する方法を紹介します。Insert関数を使用します。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このようにC#では、Insert関数でSQLiteのデータを登録できます。

データ更新

C#でSQLiteのデータを更新する方法を紹介します。Update関数を使用します。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。対象データが更新されていることが分かります。

このようにC#では、Update関数でSQLiteのデータを更新できます。

データ削除

C#でSQLiteのデータを削除する方法を紹介します。Delete関数を使用します。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。対象データが削除されていることが分かります。

このようにC#では、Delete関数でSQLiteのデータを削除できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。C#でのSQLiteの操作方法について説明しました。ここでは、テーブル作成、データ登録、データ更新、データ削除の方法を紹介しました。

ぜひご自身でC#のソースコードを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags