.net column

.NET開発者のためのブログメディア
データアクセス

手軽にWebページにアニメーションを導入できるCDNのjQueryとは

2019年12月26日

Webサイトにさまざまな動きをつけるアニメーションを導入するのにjQueryは欠かせません。そこで、CDNを使うメリットやCDNのjQueryの使い方について解説します。

SE
Webページにアニメーションを追加したいけど、どうすればよいのかな?
PM
CDNのjQueryを使うことで対応できますので、見ていきましょう。

CDNのjQueryの概要

CDNとは?

CDNは「content delivery network」の略で、ウェブコンテンツをインターネット上で配信するために最適化されたネットワークのことです。
もう少し具体的に説明すると、jQueryのファイルを世界中の高速かつ安定したサーバー上に置いて、みんなで共有して使おうというものです。

CDNのjQueryを使うメリット

  • ・サイト表示の高速化
  • Webサイトを表示するときに読み込むファイルの一部をCDNなどの外部のリソースに分散することで、ページの読み込み速度が速くなります。

  • ・サーバーの負荷軽減
  • サーバーにアクセスが集中してしまうと、サーバーのレスポンスが悪化します。CDNを利用することでサーバーへのアクセスを分散させて、安定化を図ることができます。

主なCDN

国内外にさまざまなCDNがあり、それぞれに特徴があります。

■国内シェアトップ3のCDN (2019年10月時点)

  1. Amazon CloudFront
  2. Amazonが提供するCDNです。AWSの他のサービスと統合されているので、他のAWSサービスを既に使っている場合におすすめです。

  3. Akamai
  4. 世界随一の高速ネットワークを所持していて、世界中の通信量の15〜30%を取り扱っているともいわれています。130カ国以上にサーバーを所持しているので、世界中からアクセスがあるようなサービスを作るときにはおすすめです。

  5. Cloudflare
  6. 無料プランも用意されているCDNで、WordPressと組み合わせて使用される場合が多いです。サービスとして、DDoS攻撃対策やDNSが用意されています。

■その他のCDN

  • ・Google Cloud CDN
  • Googleが提供するCDNです。機能がシンプルで、初心者におすすめです。

  • ・Azure CDN
  • マイクロソフトが提供するCDNです。Azure上で構築をするときにおすすめです。

CDNのjQueryを設定する方法

jQueryを利用するときは、jQueryファイルをサーバー上にアップロードして読み込みます。
コードは次のようになります。

これをCDNから読み込むときは、以下の様にURLを設定します。

SE
CDNのjQueryを使うことでアニメーションを追加できて、サーバーへのアクセスが分散できるのですね。
PM
CDNにも色々な種類があるので自分にとって使いやすいと思うものを選びましょう。

jQueryを使うときはCDNを導入しよう

CDNを導入することで、サーバーの負荷が軽減され、ページの表示も早くなります。jQueryを使うときはCDNを導入することをおすすめします。
CDNは国内外に様々なものがあるので、導入するサービスや予算に合わせて、最適なものを選びましょう。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)