.NETエンジニア・プログラマ向けの技術情報・業界ニュースをお届けします。

  1. FEnet.NETナビ
  2. .NETコラム
  3. ツール・ソフトウェア
  4. Microsoft 365 Business Basicの特徴4選|他エディションとの違いも解説

Microsoft 365 Business Basicの特徴4選|他エディションとの違いも解説

  • ツール・ソフトウェア
公開日時:   更新日時:
Microsoft 365 Business Basicの特徴4選|他エディションとの違いも解説
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

    システム
    エンジニア
    Microsoft365と他のエディションの違いについて教えてください。

    プロジェクト
    マネージャー
    それでは、Microsoft365の特徴と他のエディションとの違いについて見ていきましょう。

    Microsoft 365とは


    Microsoft 365とは、MicrosoftのOfficeアプリを提供するサブスクリプションのサービスのことで、ExcelやWordのようなOfficeアプリなどを利用できます。

    Microsoft 365では、初期費用をかけずにOfficeなどのMicrosoftのアプリを使用でき、その他にもOneNoteやSkypeなどのアプリも利用できます。

    家庭向けと一般法人向けがある

    Microsoft 365には、家庭向けと一般法人向けのサービスがあり、それぞれサービスの内容が異なります。

    家庭向けのMicrosoft 365は、主にOfficeアプリを利用するためのサブスクリプションサービスで、あらゆるデバイスでの利用が可能です。

    一般法人向けのサービスでは、Officeアプリのサブスクリプションだけではなく、従業員同士がコミュニケーションをとるための機能なども充実しています。

    クラウドストレージが1TB付属

    Microsoft 365では、クラウドストレージが1TB付属しているので、大量のファイルを保存する場合でも容量に困ることはありません。

    Microsoft 365では、One Driveのクラウドストレージがサービスに含まれているので、画像や動画などのファイルの容量を気にせずに保存でき、あらゆるデバイスからファイルのチェックや、データの共有も簡単にできます。

    300ユーザーまで利用可能なものもある

    Microsoft 365のサービスには、300ユーザーまで利用可能なものもあるので、大人数での業務にも役立つことでしょう。

    Microsoft 365の一般法人向けのサービスには、チームでの業務やコミュニケーションをとるのに役立つツールがあり、オンライン会議やビデオ通話では、300ユーザーまで利用できるサービスもあります。

    Microsoft 365 Business Basicの特徴4選


    Microsoft 365 Business Basicは、一般法人向けのサービスの1つで、Microsoft 365 Business Basicにはさまざまな特徴があります。

    ここでは、メールアドレスを独自で使用可能、3種類のOfficeサービスが利用可能、4種類のWeb版のOfficeサービスが利用可能など、Microsoft 365 Business Basicの特徴について4つ紹介していきます。

    Microsoft 365 Business Basicの特徴1:メールアドレスを独自で使用可能

    1つめのMicrosoft 365 Business Basicの特徴は、メールアドレスを独自で使用可能なことです。

    Microsoft 365 Business Basicでは、ユーザーが独自のメールアドレスを利用できるので、わかりやすいメールアドレスを設定しておけば、送信ミスなどを防げます。また、メールのサービスを利用することで、よりコミュニケーションが取りやすくなることでしょう。

    Microsoft 365 Business Basicの特徴2:3種類のOfficeサービスが利用可能

    2つめのMicrosoft 365 Business Basicの特徴は、3種類のOfficeサービスが利用可能なことです。

    Microsoft 365 Business Basicでは、Exchange、SharePoint、Microsoft Teamsというチームで仕事をするためのOfficeサービスが利用可能で、チームの作業効率や生産性の向上も見込めるでしょう。

    Microsoft 365 Business Basicの特徴3:4種類のWeb版のofficeサービスが利用可能

    3つめのMicrosoft 365 Business Basicの特徴は、4種類のWeb版のOfficeサービスが利用可能なことです。

    Microsoft 365 Business Basicでは、Word、Outlook、Excel、PowerPointという4種類のWeb版のOfficeサービスが利用可能で、常に最新バージョンのOfficeアプリを利用できます。

    WindowsPCの場合さらに2種類利用可能

    WindowsPCでMicrosoft 365 Business Basicを利用する場合、さらに2種類のOfficeサービスが利用可能です。

    WindowsPCでのMicrosoft 365 Business Basicは、Access、Publisherというより高度なOfficeアプリを利用でき、より質の高い仕事ができるようになるでしょう。

    Microsoft 365 Business Basicの特徴4:比較的安い金額で利用できる

    4つめのMicrosoft 365 Business Basicの特徴は、比較的安い金額で利用できることです。

    Microsoft 365 Business Basicは、サブスクリプション型のサービスなので、複数のOfficeアプリを利用したい場合でも初期費用が掛からず、比較的安い金額で利用できます。

    また、Microsoft 365 Business Basicは一般法人向けのサービスの中でも基本的なプランです。

    Microsoft 365 Business Basicと他エディションとの違い3選


    Microsoft 365には、複数のサービスやエディションがあり、Microsoft 365 Business Basicには、他のエディションと比べてさまざまな違いがあります。

    ここでは、Microsoft 365 Business Premiumなど、Microsoft 365 Business Basicと他エディションとの違いについて3つ紹介していきます。

    他エディションとの違い1:Microsoft 365 Business Premium

    1つめの他エディションとの違いは、Microsoft 365 Business Premiumです。

    Microsoft 365 Business Premiumは、Microsoft 365 Business Basicの上位のエディションで、ビジネスデータの保護やサイバー攻撃からの防御など、より安全にOfficeアプリを使うための強力なセキュリティが追加されています。

    他エディションとの違い2:Microsoft 365 Business Standard

    2つめの他エディションとの違いは、Microsoft 365 Business Standardです。

    Microsoft 365 Business Standardは、Microsoft 365 Business Basicの上位のエディションで、より高度なビジネスのツールを利用でき、WindowsだけではなくmacOSのPCにもOfficeアプリをインストールして利用できます。

    他エディションとの違い3:Office 365 E1

    3つめの他エディションとの違いは、Office 365 E1です。

    Office 365 E1は、Officeアプリをクラウド上で利用できるサービスで、どのような場所からでもOfficeアプリにアクセスできます。

    Microsoft 365 Business Basicのライセンスは300人までですが、Office 365 E1のライセンスの上限はなく、より多くのユーザーでアプリを共有できます。

    Microsoft 365 Business Basicの利用方法3ステップ


    Microsoft 365 Business Basicは、ビジネスの生産性を高められるツールで、Microsoft 365 Business Basicを利用するためには、いくつかのステップがあります。

    ここでは、無料で利用できる?、インストール方法、ログイン方法という、Microsoft 365 Business Basicの利用方法について3つのステップで紹介していきます。

    利用方法ステップ1:無料で利用できる?

    1つめの利用方法ステップは、無料で利用できるかどうかです。

    Microsoft 365 Business Basicは、有料のサブスクリプションサービスなので、ユーザーごとに月額料金がかかりますが、1ヶ月間であれば無料で利用できます。

    Microsoft 365 Business Basicを導入するかどうか迷っている方は、1ヶ月の無料期間で使用感を試せます。

    利用方法ステップ2:インストール方法

    2つめの利用方法ステップは、インストール方法です。

    Microsoft 365 Business Basicは、公式ページで購入すればインストールできます。

    Microsoftアカウントにて公式ページでサインインし、OffceアプリなどをMicrosoft 365のページからインストールできます。

    利用方法ステップ3:ログイン方法

    3つめの利用方法ステップは、ログイン方法です。

    Microsoft 365 Business Basicのサービスを利用するためには、Microsoft 365の管理画面にログインする必要があります。

    Microsoftのサインインページから、Microsoftアカウントを使用してサインインすれば、ログインが完了してサービスを利用できるようになります。

    システム
    エンジニア
    以前はパッケージ購入が必要でしたが、Microsoft365はインストールすれば利用でき、Exchange機能を使えば、スケジュール管理もできるのですね。

    プロジェクト
    マネージャー
    個人向け・法人向けプランがあり初期費用や管理コストが抑えられ、なおかつ常に最新の情報に更新されるのは魅力的ですね。

    Microsoft 365 Business Basicを導入してみよう


    ここまで、Microsoft 365 Business Basicの特徴などについて紹介してきました。

    Microsoft 365 Business Basicは、チームでのビジネスの質をより高められる便利なツールです。Officeアプリなどを利用する方は、ぜひMicrosoft 365 Business Basicを導入してみてください。

    FEnet.NETナビ・.NETコラムは株式会社オープンアップシステムが運営しています。
    株式会社オープンアップシステムロゴ

    株式会社オープンアップシステムはこんな会社です

    秋葉原オフィスには株式会社オープンアップシステムをはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで開発案件多数。システムエンジニア・プログラマーとしての多彩なキャリアパスがあります。

    • 充実した研修制度

      充実した研修制度

      毎年、IT技術のトレンドや社員の要望に合わせて、カリキュラムを刷新し展開しています。社内講師の丁寧なサポートを受けながら、自分のペースで学ぶことができます。

    • 資格取得を応援

      資格取得を応援

      スキルアップしたい社員を応援するために資格取得一時金制度を設けています。受験料(実費)と合わせて資格レベルに合わせた最大10万円の一時金も支給しています。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      オープンアップシステムは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    株式会社オープンアップシステムに興味を持った方へ

    株式会社オープンアップシステムでは、開発系エンジニア・プログラマを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓
    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓

    新着案件New Job