.NETエンジニア・プログラマ向けの技術情報・業界ニュースをお届けします。

  1. FEnet.NETナビ
  2. .NETコラム
  3. ツール・ソフトウェア
  4. Microsoft 365 Business Premiumの特徴7選|他エディションとの違いとは

Microsoft 365 Business Premiumの特徴7選|他エディションとの違いとは

  • ツール・ソフトウェア
公開日時:   更新日時:
Microsoft 365 Business Premiumの特徴7選|他エディションとの違いとは
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>
    システム
    エンジニア
    Microsoft 365 Business Premiumにはどのような種類があるのですか。
    プロジェクト
    マネージャー
    Microsoft 365には家庭用に向けと一般法人向け、大企業向けとプランがあります。

    Microsoft 365とは


    ビジネスシーンでのツールとしてMicrosoftのofficeは重要な役割を果たしてきましたが、ほぼ世界中のビジネスシーンで使用されてきたといって良いでしょう。

    しかし近年のテレワークやWeb上でのビジネスの多様化によって、より最適化されたソリューションツールが求められているのも事実で、そのために開発されたツールがMicrosoft 365です。

    家庭向けと一般法人向けがある

    Microsoft 365には家庭用に向けと一般法人向け、大企業向けとプランがあり、家庭向けは基本的なツールに特化したプランで、一般法人向けは中小規模ビジネスに特化されており、大企業向けはエンタープライズ仕様の生産性、管理、セキュリティのプランになっています。

    それぞれのニーズに的確な仕様とプラン、価格が用意されている点と、基本としてクラウドで稼動するツールであることが大きな特徴になっています。

    Microsoft 365 Business Premiumの特徴7選


    Microsoft 365のプランの中でも、機能を持ったビジネスソリューションがMicrosoft 365 Business Premiumです。Microsoft 365 Business Premiumでは大容量のデータをクラウドで管理し、常に最新のWord、Excel、PowerPointが利用できる優れたツールです。

    そして高度なサイバー攻撃からビジネスを守るための、フィッシングとランサムウェアに対する先進的な防御機能を搭載しています。

    Microsoft 365 Business Premiumの特徴1:4種類のOSに対応

    Microsoft 365 Business Premiumの大きな特徴の一つとして、今までのビジネスツールはWindowsに偏ったサポートのものが多かったですが、Microsoft 365 Business Premiumは複数のOSシステムに対応しており、利便性が高まりました。

    安全で常に最新の状態でツールが使用できるようになっており、iOS、Android、Windows、Macの4種類のOSに対応している画期的なツールです。

    Microsoft 365 Business Premiumの特徴2:コミュニケーションツールの連携が可能

    Microsoft 365 Business Premiumでは顧客や同僚とのコミュニケーションツールとしてのOutlook、exchange、teamsなどが利用できるだけでなく、存分に活用することが可能です。

    これらのツールによってコミュニケーションツールの連携を取ることが可能になり、グループチャットやオンライン会議等ができるようになります。

    Microsoft 365 Business Premiumの特徴3:300名まで契約できる

    Microsoft 365 Business Premiumは画期的なクラウドビジネスソリューションで、様々なケースに応じ、ビジネスタイプに適した利用ができるようになっています。

    一つのプランで300名まで契約が可能になっており、クライアントが多岐におよび件数が多い場合でも余裕を持って対応が可能です。

    Microsoft 365 Business Premiumの特徴4:最新のOfficeサービスが使用できる

    Microsoft 365 Business Premiumは最新のOfficeサービスを思うがままに使用できるようになっており、従来までのツールはもちろん、最新のツールも簡単に使用が可能です。

    Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Access、Publisher等の現在のビジネスシーンで欠かすことのできないツールが全て使用でき、スムーズに新しいビジネスモデルにチャレンジできます。

    Microsoft 365 Business Premiumの特徴5:セキュリティが強化されている

    Microsoft 365 Business Premiumは包括的なセキュリティシステムを構築しており、クラウドである利点を生かして高度なセキュリティ能力を発揮します。

    Microsoft 365 Business Premiumに高性能なセキュリティとデバイス管理を統合することで、ビジネス作業を各種サイバー攻撃から安全に守ります。

    Microsoft 365 Business Premiumの特徴6:データ保護ができる

    Microsoft 365 Business Premiumはクラウドセキュリティで保存データも保護できるので、写真や各種データ、編集素材等をしっかり保護することができます。

    1ユーザーあたり1TBの大容量クラウドストレージを、どのデバイスからでもアクセスできるOne Driveクラウドストレージで保護し、保存します。

    Microsoft 365 Business Premiumの特徴7:価格

    そしてMicrosoft 365 Business Premiumの利点として挙げられるのは、以前はオフィスソフトやソリューションシステムは高額でコスト管理に苦労していた点が、Microsoft 365 Business Premiumは大幅に抑えたプランで利用することが可能となります。

    それぞれの事業規模や用途に応じたプラン料金が選択できるので、小中規模の企業でコスト管理に悩まされること無く導入が可能です。

    Microsoft 365 Business Premiumと他エディションとの違い7選


    Microsoft 365 Business Premiumにはクラウドサービスによるセキュリティサービスと最新のアプリやサービスが利用でき、常に最新の状態でビジネスを進めることができます。

    またMicrosoft 365 Business Premiumになって初めて使用できるようになったアプリやサービスもありますので、ここからは他エディションとの違いを7つに分けて見ていくことにしましょう。

    Microsoft 365のエディション1:Apps for business

    まずMicrosoft 365 Business Premiumのエディションとして重要なアプリがApps for businessで、Windows、Mac版のofficeアプリが使用できます。

    重要なofficeアプリである Word、Excel、PowerPoint、Outlook、One Note等の機能が使用でき、One Noteクラウドストレージは1TBの大容量です。

    1ライセンスで5台のシステムにフル機能のofficeアプリがインストールできます。

    Microsoft 365のエディション2:Apps for enterprise

    Microsoft 365 Business PremiumのアプリApps for enterpriseは、チームで行う共同作業をどの場所にメンバーがいてもシームレスに作業できます。

    仕事をどこでも、いつでもiOS・Android・Windowsのデバイスで進めることができるので、メールの送信や各種ドキュメントの表示、編集、共有を安全かつ迅速に進めることが可能になりました。

    Microsoft 365のエディション3:Business Basic

    最近は時代の変化と共に在宅ワークなども普及してきており、ネットワークを介する作業が多くなってきましたが、Microsoft 365 Business PremiumのアプリBusiness Basicはメールやチーム作業を円滑にサポートするアプリになっています。

    メールのホスティングを50GBのメールボックスで行い、チームをつないでチームでの作業を実現するハブをMicrosoft Teamsで作成し300人までのオンライン会議とビデオ会議を実現します。

    Microsoft 365のエディション4:E3

    Microsoft 365 Business PremiumのアプリMicrosoft 365 E3は、効果的な生産性アプリとインテリジェントなクラウドサービスを統合したソリューションで、これまでの働き方を変革します。

    Outlookやモバイルアプリ、Teams、Office onlineなどによりWeb上でOfficeのコンタクトが取れるようになっており、統合的なワークフローで大幅に生産性の向上を図ります。

    Microsoft 365のエディション5:Business Standard

    Microsoft 365 Business PremiumのアプリBusiness Standardは、リアルタイムでのコラボレーションを可能にし、メール、オンライン、ストレージ、チームワークに関するツールを利用できます。

    最新のOfficeツールが利用でき、メールのホスティングは50GBのメールボックスで、1ライセンスでユーザー1名に付き5台のシステムデバイスが利用でき、もちろんOfficeツールを常に最新にアップデートします。

    Microsoft 365のエディション6:Family

    Microsoft 365のエディションアプリFamilyはすでにMicrosoft 365 personalを導入している人向けの、データのBCP対策を向上させ機能をグレードアップさせるアプリです。

    5台までのデバイスで同時に使用することが可能になり、One Drive1TBまで使用可能でクラウドストレージは6TBまで使用できます。

    Microsoft 365のエディション7:Personal

    Microsoft 365のエディションアプリPersonalは特にOfficeに特化したアプリを1つにまとめて、共有制と作業効率の向上、常に最新の状態にアップデートできるツールです。

    Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Access、Publisher等のOfficeツールが装備されており、One Drive、Skype、Microsoftエディターによってネットワークでの作業の共有も可能になっています。

    Microsoft 365は初回1ヶ月間無料で使える?


    効率的な作業を実現するためにクラウドでOfficeツールが使用・共有できるMicrosoft 365ですが、導入前に試験的に使用することはできるのでしょうか。

    Microsoft 365には導入を考えている個人や企業のために、1ヶ月間の無料試用版がダウンロードできますので、無料試用期間後に料金を支払い本格的に導入することができ、大変お得になっています。

    システム
    エンジニア
    なるほど。使う側のニーズに合わせて選択すればいいのですね。
    プロジェクト
    マネージャー
    近年のビジネスは在宅ワークやテレワークの普及により外部からアクセスすることがネックとなっていて、セキュリティの強化やクラウド化が必要です。この問題をスムーズに解決するのがMicrosoft365BusinessPremiumです。

    Microsoft 365 Business Premiumを賢く導入しよう


    Microsoft 365 Business Premiumは常に最新バージョンのOfficeツールが利用でき、クラウドソリューションであることを生かして、顧客やチームメンバーと常時つながることが可能な優れたツールです。

    特に在宅ワークやテレワークが進んでいる現在に、ネットワーク経由でリモート会議やメールのやり取りができ、強力なセキュリティでビジネスを守ることができます。

    是非この機会に新しいビジネスの作業スタイルを獲得しましょう。

    FEnet.NETナビ・.NETコラムは株式会社オープンアップシステムが運営しています。
    株式会社オープンアップシステムロゴ

    株式会社オープンアップシステムはこんな会社です

    秋葉原オフィスには株式会社オープンアップシステムをはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで開発案件多数。システムエンジニア・プログラマーとしての多彩なキャリアパスがあります。

    • 充実した研修制度

      充実した研修制度

      毎年、IT技術のトレンドや社員の要望に合わせて、カリキュラムを刷新し展開しています。社内講師の丁寧なサポートを受けながら、自分のペースで学ぶことができます。

    • 資格取得を応援

      資格取得を応援

      スキルアップしたい社員を応援するために資格取得一時金制度を設けています。受験料(実費)と合わせて資格レベルに合わせた最大10万円の一時金も支給しています。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      オープンアップシステムは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    株式会社オープンアップシステムに興味を持った方へ

    株式会社オープンアップシステムでは、開発系エンジニア・プログラマを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓
    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓

    新着案件New Job