.net column
.NET開発者のためのブログメディア

Jupyter Notebookの使い方を解説!そもそもJupyter Notebookとは?

 
Jupyter Notebookの使い方を解説!そもそもJupyter Notebookとは?
SE
Jupyter Notebookとはそもそもなんですか。
PM
Jupyter Notebookとはオープンソースで開発され主にPythonで使われている総合開発環境のことです。

Jupyter Notebookとは?


Jupyter Notebookとは、Web上で主にPythonなどのプログラミング言語が扱える総合開発環境のことです。「ジュピターノートブック」とか「ジュパイターノートブック」と読みます。

かつてはiPython NotebookとしてPython専用でしたが、現在ではGo言語やRubyなど40以上の言語をサポートしています。

Jupyter Notebookのインストール方法

早速、Jupyter Notebookをインストールしましょう。環境はWindows10です。Python3がインストールされていて、パスが通っているものと仮定します。

コマンドプロンプトかPowerShellを立ち上げて、次のコマンドを打ち込むとインストールが始まります。

もう一つはAnacondaのインストール

Pythonのライブラリがたくさん含まれているPython Anacondaをインストールすれば、Jupyter Notebookも同時にインストールされています。

Python Anacondaは、数値計算やデータ解析、機械学習やAIの開発にすぐに取りかかれるPythonのディストリビューションです。

Jupyter Notebookを立ち上げる

インストールができたら、Jupyter Notebookを立ち上げてみましょう。次のコマンドをコマンドプロンプトかPowerShellに打ち込むと、Webブラウザが立ち上がります。

URLがhttp://localhost:8888(または8889)/treeでJupyter Notebookが立ち上がります。

Jupyter Notebookの使い方

それでは、Jupyter Notebookの使い方の説明に移ります。まず、立ち上がったJupyter NotebookのWebページを見ますと、いろいろなフォルダとUntitled.ipynbが並んでいるのが分かります。

ソースコードの正誤を確かめるだけなら、Untitled.ipynbをクリックすれば新たなWebページが立ち上がり、そこでPythonのコードを走らせることができます。

作業フォルダを作る

Jupyter Notebookの使い方の第一歩として、作業フォルダを作ることから始めます。画面上部の右側に「new」ボタンがありますので、それをクリックするとプルダウンで「Folder」の項目があります。

「Folder」の項目をクリックすると、フォルダの並びの下に「Untitled folder」が作られます。それにチェックを入れ画面上部の「Rename」をクリックしてリネイムし、例えば「work」とします。

新規ノートブックの作成

その後、workフォルダをクリックして画面上部の「New」から「Python3」の項目を選択し、新規ノートブックを作成します。新規作成された「Untitled.ipynd」をクリックすると、新たなWebページが立ち上がります。

そこの四角の枠の「Cell」の中にソースコードを書けば、プログラムを走らせることが可能になります。

マークダウン

「Cell」の使い方にマークダウンというものがあります。マークダウンとは文章を記述するときの記法のことで、普通の日本語の文章の記述ができます。

マークダウンで記法することで、文章はもちろんのこと、箇条書きや表など綺麗に書くことが可能です。画面上部の「Cell」ボタンをクリックし、「CellType」の項目から「MarkDown」を選ぶと、Cellに文章などが書けるようになります。

Jupyter Notebookを終了するには

Jupyter Notebookの使い方で、終了の仕方を知っていなければなりません。Jupyter Notebookを終了するには、画面上部の左にある「File」をクリックします。

すると一番下の項目に「Close and Halt」という項目があります。それをクリックすれば終了です。

コードの実行

それでは、Jupyter Notebookの使い方の一例として、簡単なプログラムを走らせてみましょう。Cellに以下の簡単なプログラムを書き込んでください。

そして画面上部の「Run」ボタンをクリックすると、下部にプログラムの実行結果、

と出力されます。

ショートカットキー

Jupyter Notebookの便利な使い方として、ショートカットキーをいくつか紹介します。ショートカットキーをいくつか覚えておくとJupyter Notebookの使い方が便利になり、作業時間も短縮できます。

「Shift」+「Enter」または「Ctrl」+「Enter」

便利な使い方としてCelll内のプログラムを実行するには、「Shift」+「Enter」または「Ctrl」+「Enter」でプログラムが実行されます。

わざわざマウスを使わずにプログラムを実行できますので、とても便利なショートカットキーです。

「Esc」→「d」→「d」

次の便利な使い方として、Cellの削除のショートカットキーがあります。Cellを削除したいときは、「Esc」を押下した後に「d」のキーを2回押下するとCellが削除できます。

これも覚えていくと作業能率が上がります。

「Esc」→「m」/「y」

最後に便利な使い方として、Cell内のモード変換のショートカットキーを紹介します。Jupyter Notebookではモード変換を行う場合、「Esc」を押下します。

マークダウンモードにする場合は、「Esc」を押下後に「m」を押下すればマークダウンモードに切り替わり、「Esc」を押下後に「y」を押下すればコードモードに切り替わります。

SE
ショートカットキーは覚えておくと便利ですね。
PM
Jupyter Notebookを利用するにはショートカットキーは便利です。Pythonを学ぶ人もすでに熟達している人もJupyter Notebookはとても便利です。

Jupyter Notebookを活用しよう

Jupyter Notebookを利用すれば、細々としたライブラリのインストールをせずにすぐにソースコードを走らせることができ、とても便利です。

これからPythonを学ぶ人はもちろんのこと、すでにPythonに熟達している人もJupyter Notebookを積極的に使って、更に理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags