年功序列制から成果主義に変わったのはなぜ?ネットワークエンジニアはどうキャリアを作るべきか

年功序列制から成果主義に変わったのはなぜ?ネットワークエンジニアはどうキャリアを作るべきかのアイキャッチイメージ

日本の企業の多くは年功序列制や終身雇用といった働き方を取り入れていました。
勤続年数と共に役職や給与が上がっていくスタイルですが、現代の多くの企業はこれとは違い成果主義を多くの企業が取り入れています。
今回は、なぜ年功序列制から成果主義に変わっているのかについてご紹介します。

バブル崩壊とIT革命が転機

バブル崩壊以前は従業員全員のやる気を高め、各自の持ち場で力を奮ってもらうという過去があります。
そのため、従業員が「同期入社の社員よりも給料が低い」等の不満を持つことをさけるために、同期で差が出ないように似たような待遇になる年功序列制が採用されていました。

しかし、バブル崩壊後はそれぞれの従業員が各自の持ち場で努力しても業績が伸び悩むようになります。

これにIT革命が重なり、かつてはプログラム言語が発達していなかったので複雑なシステムを作るにはたくさんのプログラマが必要でしたが、言語の発達とともに優秀なプログラマが平凡なプログラマの何倍もの効率を叩き出すようになっていきました。

ITの台頭によって、企業間競争に打ち勝って業績を上げるためには「従業員全体で成果を上げる」という世の中から「優秀な人が利益の大部分を上げる」というように競争の質が変化していったのです。

また、バブル崩壊後の日本経済の停滞や世界のボーダーレス化が進む中で、外資企業が存在感を増し、優秀な人材を中途採用しはじめました。
これに伴ってキャリアアップのための転職が増えて、ハイパフォーマーがより良い待遇を求めて職場を変える等、人材の流動化が進み、企業は業績をアップさせるために優秀な人材を厚遇するようになります。
これらの結果、「従業員全体のモチベーションを落とさないように年功序列制型の給与体系にする」のではなく「会社の業績に関わる優秀な人材にはそれに応じた対価を支払う」という成果主義へと変化していったのです。

クラウドやDevOpsの技術を取得するのがおすすめ

年功序列制から成果主義に変わったのはなぜ?ネットワークエンジニアはどうキャリアを作るべきかのイメージ
さてネットワークエンジニアとしてのキャリア形成ですが、今後はクラウドエンジニアの需要が増すことが考えられます。
そのためクラウドエンジニアに必要なスキルを磨くことをおすすめします。

企画提案力、コーディング能力、仮想化技術等のスキルがクラウドエンジニアには必要です。
また、システムの安定運用に携わるエンジニアとしてSRE(Site Reliability Engineering(サイト信頼性エンジニアリング)に関する技術も身につけると良いかもしれません。

SREには日々のインフラ運用にプラスしてプログラミングスキルも求められます。
プログラミングスキルは従来手動で運用してきた仕事を自動化するために必要なDevOps等に必須だからです。
上記のスキルを磨くことでクラウドエンジニアとしての価値を高められるので、ぜひ検討してください。

成果主義の世の中でキャリアアップしていこう

IT革命と競争の質の変化によって年功序列制から成果主義へと世の中はシフトしました。
ネットワークエンジニアはクラウドエンジニアとしての道を歩くことでキャリアアップし、成果主義社会の中でも高い評価を受けられる可能性があるので、そういった道を目指してみてはいかがでしょうか。

ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。