ネットワークエンジニアの就職で有利!英語を勉強するメリットや勉強方法

ネットワークエンジニアの就職で有利!英語を勉強するメリットや勉強方法のアイキャッチイメージ

ネットワークエンジニアとして就職するためには、ネットワーク関連の知識やスキル、実務経験が必要です。
加えて、英語力を上げておくとさらに有利に就職活動をすることができます。
本記事では、ネットワークエンジニアが英語を勉強することのメリットや効率的な勉強方法についてまとめました。

ネットワークエンジニアが英語を学ぶメリット

英語力は一朝一夕で身に着けられるものではなく、仕事で役に立つレベルを目指すのであれば継続的な努力が必要となります。
それでも英語を勉強するネットワークエンジニアが多いのは、それだけたくさんのメリットがあるためです。
まずIT技術に関する最新情報は、英語で発信されることがほとんどです。

そのため、情報を得るためには日本語に翻訳されるまで待たなければいけませんが、英語ができればIT技術に関する最新情報をキャッチすることが可能になります。
また、バグやエラーが起きた際にソースコードに記載されている文章が読めるというのも大きなメリットです。

その文章をもとに情報を確認することで、迅速に問題を解決することができます。
外国人とスムーズにやり取りできるようになるのも重要なポイントで、仕事に関する情報交換ができるのはもちろんのこと、信頼関係も築きやすくなります。
国籍にかかわらずコミュニケーションを取ることができれば、会社内でも重宝される存在になれます。

就職や転職の際、キャリアの選択肢が広がる

キャリア

英語ができると、それだけでキャリアの選択肢が一気に広がります。
まず、金融系などをはじめとした外資系企業に就職できる道が開けてきます。

外資系企業は一般的に年収が高く、ネットワークエンジニアであれば年収1,000万円も夢ではありません。
さらに、英語ができれば海外勤務を任せられる可能性も上がるといえます。

駐在員の仕事はマネジメントが主であるため、海外で働く将来を見据えながら日本でスキルと英語力を磨いていくといいでしょう。
なお、現地採用の場合は日本に帰った後のキャリアに不安が残ります。
海外勤務を視野に入れているのであれば、現地採用ではなく駐在員を目指すことをおすすめします。

勉強すると役立つのは「リーディング」

英語を学ぶメリット

英語スキルは大きくスピーキング、リスニング、ライティング、リーディングの4つに分けられますが、ネットワークエンジニアとして就職するうえで最も役に立つのはリーディングです。

4スキルすべてを身に着けるのが理想ではありますが、社会人として働きながら英語の勉強にも取り組むのは簡単ではありません。
そのため、まずはリーディングの勉強を中心に行うといいでしょう。
リーディング力を伸ばすためにまず行いたいのは、中学英語の復習です。
基礎を固めることによって、その後の勉強をスムーズに進めることができます。

そして、基本的な単語や文法に自信がついたらネットワークエンジニアに関わる記事のリーディングにチャレンジしましょう。
業務に関係する記事を読むことで、必要な単語を効率よく学ぶことができます。

なお、はじめから背伸びをするとモチベーションが下がってしまうこともあります。
つい難易度の高いリーディングにチャレンジしたくなりますが、はじめは無理なく読めるレベルの記事から取り組むことをおすすめします。

英語力を伸ばしてキャリアアップを目指そう

ネットワークエンジニアがキャリアアップを目指すうえで、英語力は非常に役に立つといえます。
外資系企業への転職や海外勤務を志すのであれば、英語の勉強はなおさら大切だといえるでしょう。
英語の習得は簡単ではありませんが、コツコツと勉強を続けることで着実に実力はついていきます。
今日からでも英語の勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

英語力を活かせるエンジニアの求人はFEnetインフラ

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

要件定義で炎上する原因9選|要件定義炎上の失敗例と炎上を防ぐポイント... 要件定義の炎上とはなに? 要件定義とはシステム開発における上流工程での1つの工程で、クライアントの要望や課題などを抽出し、システム要件として定義を行うことです。 しかし要件定義が不十分な場合、その後の設計や開発も上手く進まず、予定しているスケジュール通りに進められなくなり、まるで火事場のよう...
エンジニアと関連の深い5G基地局のメーカー紹介その1【富士通】... 国内のエンジニアも動向に注目している5Gですが、ファーウェイなど海外勢が先行するイメージがあります。 しかしながら、日本にも5Gの基地局を提供しているメーカーが存在します。 本記事では、そのメーカーのひとつである「富士通」について紹介します。 富士通の5G基地局はドコモが採用 5G基...
ネットワークエンジニアとプログラマーの違い。求人内容を徹底比較... IT業界と一言でいっても幅広い職種があるため、キャリアの選択で悩む方は多いのではないでしょうか。 そこで、本記事ではネットワークエンジニアとプログラマーの2つの職種について比較して紹介していきます。 ぜひ、自分に合ったキャリアを見つける参考としてください。 ネットワークエンジニアとプログラマー...
30代でもなれる?ネットワークエンジニアを目指すためのスキル6つを解説... 未経験でも30代からネットワークエンジニアになれるのか? 結論から言うと、30代でも未経験からネットワークエンジニアを目指すことは可能です。 ネットワークエンジニアの場合は未経験でも応募できる求人が比較的多く、実際に30代で転職に成功している人は少なくありません。 とはいえ、他の業界や...
ネットワークエンジニアに朗報か?ついにやってきたクラウド時代。その概要とは... 現在はでは「クラウド」という言葉を日常的に耳にするようになり、多くの人が利用しています。 ネットワークエンジニアはクラウドを日々管理・運用し、セキュリティにも気を配っています。 ではクラウドとはそもそもどんなサービスなのでしょうか。 クラウドの定義やクラウドセキュリティについてご紹介します。 ...