PowerShellでのファイル削除方法とは?ファイル削除のオプションも併せて紹介

PowerShellでのファイル削除方法とは?ファイル削除のオプションも併せて紹介
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>
最新情報や関心のある情報を毎日お届け。  FEnetインフラメールマガジン    メルマガ登録はこちらから>>

PowerShellでのファイル削除方法とは?


今回は、PowerShellでのファイル削除方法について説明します。PowerShellでのファイル削除やフォルダ削除には、Remove-Itemコマンドを使用します。

ここでは、以下について紹介します。
・基本的な使い方
・削除の指定パターンを含む/含まない(Include/Excludeオプション)
・再帰的な削除(Recurseオプション)
・強制削除(Forceオプション)

PowerShellでのファイル削除方法に興味のある方はぜひご覧ください。

基本的な使い方

PowerShellでのファイル削除の基本的な方法を紹介します。

実際のコマンドを見てみましょう。

Remove-Itemコマンドでファイル削除されていることが分かります。

ワイルドカードでもファイル削除できます。

このように、PowerShellではRemove-Itemコマンドでファイル削除します。

削除の指定パターンを含む/含まない(Include/Excludeオプション)

PowerShellでは、ファイル削除のパターンを含む/含まないの指定ができます。Include/Excludeオプションを使用します。

実際のコマンドを見てみましょう。

.docxをファイル削除は、test1.docx以外が削除されていることが分かります。

再帰的な削除(Recurseオプション)

PowerShellでは、フォルダを含めた再帰的なファイル削除ができます。Recurseオプションを使用します。

実際のコマンドを見てみましょう。

このようにPowerShellでは、フォルダを含めた再帰的なファイル削除ができます。

強制削除(Forceオプション)

PowerShellでは、読み取り専用ファイルの強制削除ができます。Forceオプションを使用します。

実際のコマンドを見てみましょう。

Forceオプションを付与しないと、読み取り専用ファイルは削除されません。このようにPowerShellでは、読み取り専用ファイルの強制削除ができます。

まとめ

PowerShellでのRemove-Itemコマンドを使用したファイル削除について説明しました。

ワイルドカード指定での削除、フォルダも含めた再帰的な削除、強制削除についてコマンドを交えて紹介しました。ぜひご自身でコマンドを書き、理解を深めてください。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。