カジュアル面談とは何か|メリット3つや聞いておきたい内容とは?

カジュアル面談とは何か


転職活動の選考は主に面接によって進んでいきます。しかし、その面接のような本格的な選考が始まる前に、カジュアル面談を行う企業もあります。

カジュアル面談は本格的な選考に入る前に、企業と応募者がお互いの理解を深めるための目的で行われる面談です。ただし、カジュアル面談の目的は企業によって異なる場合があるので、選考が本格化する前だからと油断してはいけません。

エンジニア業界がカジュアル面談を導入している目的3つ


カジュアル面談はエンジニアのような専門職の選考で導入されていることが多いです。これはいきなり面接のような本格的な選考を始めるよりも、カジュアル面談によって企業と応募者の理解を深めておくことで得られるメリットがあるためです。

そのメリットを目的に企業はカジュアル面談を行っています。そのため、応募者側も企業がカジュアル面談を行う意図を把握しておくためにも、カジュアル面談を導入する目的を知っておきましょう。

1:企業のことを知ってもらうため

エンジニアのような専門職では、その企業がどのような事業を行っているのか、入社後はどのような仕事をすることになるのかなどを正確に把握しておく必要があります。もし、これらをしっかりと把握できていなければ、ミスマッチを起こしてしまう可能性があります。

そのため、本格的な選考に入る前にカジュアル面談を行うことによって、企業は応募者に対して、自社のことをよく知ってもらうことができます。自社のことを知ったうえで、本格的な選考に進んでもらうことで、ミスマッチを防ぐことができます。

2:過度な緊張感なく面接を行うため

カジュアル面談は本格的な選考が始まる前に、企業と応募者の理解を深めることが基本的な目的があります。しかし、カジュアル面談を行う目的は企業によって異なります。

そのため、企業によっては本格的な選考が始まる前に、応募者の情報を知るための面接の準備として行われることもあります。

また、面接前にカジュアル面談を行って、企業に訪問してもらっておいたり、担当者と接しておくことで、応募者が面接の本番で過度な緊張をしてしまうことを防ぐこともできます。

3:企業側と転職者側のそれぞれの方向性を確認するため

カジュアル面談は本格的な選考に入る前に行われます。選考に入る前にカジュアル面談を行うことで、両者の理解を深めてミスマッチを防ぐことができます。

また、本格的な選考が始まる前なので、応募者はまだ選考を受けるかどうかを迷っていることもあります。そのような場合でも、カジュアル面談を行うことで、企業は応募者の転職活動の方向性を確認し、自社がその方向性と合っているか確認することもできます。

そのため、企業は選考を受けるか迷っている応募者に、選考を受けるかどうかの判断材料を与えることができます。

エンジニア業界におけるカジュアル面談のメリット3つ


企業がカジュアル面談を行うのはいくつかの目的があり、その目的によってミスマッチを防げたり、選考を受けるか迷っている応募者の後押しができたりなど、いろいろなメリットを得ることができます。

しかし、カジュアル面談でメリットが得られるのは企業だけではありません。応募者側にもカジュアル面談を受けることで得られるメリットがあります。

1:私服で面接ができる

カジュアル面談は基本的には選考ではありません。そのため、私服で参加することもよくあります。私服で参加できるので、面接のような緊張感を感じることなく、企業のことについてしっかりと質問したり、自分のことを知ってもらったりなどすることができます。

ただし、カジュアル面談が私服で参加できるとしても、ラフすぎる服装で参加することはできないので服選びには注意が必要です。

2:志望理由が重視されにくい

カジュアル面談は基本的に選考ではないので、企業側が選考のような雰囲気を作らないように努めてくれることも多いです。

そのため、企業と応募者の理解を深め合うための情報交換が重視されることになり、志望動機や入社後にやりたいことなどの面接での定番質問がされないこともあります。選考の雰囲気がないので、応募者は気持ちを楽に面談に参加することができます。

3:面談で合否が決まるわけではない

基本的にカジュアル面談は選考ではありません。そのため、面接のように合否が判断されるわけではありません。企業によっては選考の前準備を目的にカジュアル面談を行うこともありますが、その場合もその後の面接の合否に直結するわけではありません。

そのため、カジュアル面談に参加すれば、面接のような緊張感を感じることなく、その企業と情報交換をすることができます。

カジュアル面談で企業へ聞いておきたい内容5つ


カジュアル面談は面接ではないので、選考の合否に直接的な影響を与えることがありません。そのため、カジュアル面談だからこそできる質問もあります。

その後に選考を受けるかどうかの判断を行うためにも、カジュアル面談で企業にしておきたい質問を考えておくようにしましょう。

1:企業理念や社風について

企業理念や社風はその企業での働き方に大きく影響します。

そのため、これらが自分の考えや仕事への取り組み方などとマッチしていなければ、入社後に働きにくさを感じてしまう可能性があります。そのようなミスマッチを避けるためにも、企業理念や社風に関する質問をしておきましょう。

2:事業内容について

面接で事業内容について質問をしてしまうと、企業のことを理解していないと判断されて悪い印象を与えてしまう可能性があります。

しかし、カジュアル面談はまだ選考が始まっておらず、応募者も選考を受けるかどうか検討している段階です。そのため、カジュアル面談では選考を受けるかどうかの判断をするために、その企業の事業内容について質問をしても印象が悪くなるようなことはありません。

また、カジュアル面談で事業内容について質問をすれば、今度の目標や抱えている問題など、ホームページや資料などでは確認できない情報が得られる可能性もあります。

3:働いている人について

企業が採用活動を行うのは、求めている人材を見つけるためです。そのため、選考では企業が求めている人材の条件に自分が当てはまっていることをアピールする必要があります。

そのため、カジュアル面談ではどのような人たちが働いているのか質問してみましょう。どのような人たちが働いていて、どのような働き方をしているのかを把握できれば、企業が求めている人材像を把握できることがあります。

また、どのような人たちが働いているかを確認できれば、どのような職場で仕事をすることになるのか想像できるので、職場環境でのミスマッチを防ぐための判断材料にもなります。

4:福利厚生について

面接で給与や福利厚生などについて質問をしてしまうと、印象が悪くなってしまうことがあります。しかし、カジュアル面談は面接ではありません。

そのため、事業内容について質問する場合と同様に、給与や福利厚生もカジュアル面接で質問をしても、その後の選考の判断に影響は与えません。

選考が始まると確認しづらくなる内容なので、これらについて確認をしておきたい場合は、カジュアル面談の際に確認しておきましょう。

5:実際に使っている技術について

ホームページや資料などから、その企業が行っている事業内容を確認することはできます。しかし、その事業ではどのような技術が使われているのか、入社すれば仕事ではどのようなスキルが必要になるかなど、具体的なことまでは確認できないことが多いです。

そのため、カジュアル面談で企業が使っている技術や求めているスキルなどを質問して確認しておきましょう。もし、それらの技術やスキルを身につけていれば、選考でのアピール材料にすることができます。

また、それらの技術やスキルを持っていなくても、どのような人材が求められているのかを把握することができます。

カジュアル面談を受けるときの注意点


カジュアル面談は選考ではありません。そのため、応募者は気を楽にして参加できたり、面接ではできない質問をしたりなど、いろいろなメリットが得られます。

しかし、カジュアル面談は選考ではないからと油断してはいけません。カジュアル面談でも企業と接することに変わりはないので、いくつか注意しておくべき点があります。

ラフすぎる服装で行かない

カジュアル面接では、服装をスーツで指定されることもありますが、私服で参加することも多いです。しかし、私服で参加できると言っても、サンダルやデニムなどのラフすぎる服装は適していません。

カジュアル面談であっても、その場に適した服装をする必要があるので、基本的にはオフィスカジュアルを意識する必要があります。カジュアル面談は選考が行われるわけではありませんが、マナーが守られていなければ悪い印象を与えてしまうことになります。

カジュアル面談を装っている企業の場合

カジュアル面談は基本的に選考ではありません。しかし、カジュアル面談で悪い印象を与えてしまうと、その悪い印象を持たれたまま選考を受けることになってしまいます。そのため、カジュアル面談も選考に影響を与えてしまう可能性があることは把握しておきましょう。

また、企業によってはカジュアル面談を応募者の情報を事前に把握しておくための前準備として行うこともあります。

そのような場合は、カジュアル面談での情報がそのまま面接で使われる可能性もあるので、カジュアル面談は基本的には選考ではありませんが、選考を受けているつもりで参加するようにしましょう。

転職に向けてカジュアル面談を行う企業について知ろう


面接のような本格的な選考が始まる前に、カジュアル面談を行う企業があります。カジュアル面談は選考ではなく、企業と応募者が情報交換をすることが目的であり、お互いにいろいろなメリットがあります。

しかし、カジュアル面談が選考ではないからと油断してはいけません。場合によってはカジュアル面談が選考に影響を与えることもあります。そのため、その企業がカジュアル面談を行う意図を把握し、適切な対応をして、うまく転職活動に活かすようにしましょう。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。