クラウドエンジニアについて詳しく解説|必要な知識や経験も8選紹介

クラウドエンジニアについて詳しく解説|必要な知識や経験も8選紹介のアイキャッチイメージ

クラウドエンジニアとは


クラウドエンジニアとは、クラウドに精通したエンジニアのことです。クラウドはネットワーク経由でサービスを提供する仕組みで、最近利用者も増加しています。クラウドエンジニアは、クラウドサービスの保守や管理、構築を担当します。クラウドエンジニアの需要は増えているため、クラウドエンジニアを目指すこともおすすめです。

クラウドエンジニアの歴史

クラウドエンジニアの歴史は、クラウドを利用したコンテンツが普及したことでスタートしました。クラウドエンジニアが普及する前は、自社でサーバーの管理をシステムエンジニアが担当していました。クラウドエンジニアの歴史はまだまだスタートした分野ですので、今後さらに発展が見込める分野と言えるでしょう。

クラウドエンジニアの仕事内容

クラウドエンジニアの仕事は、クラウドを保守し運用するということです。クラウドを最適化して、使い勝手をよくしていくことが求められます。拡張性を考慮して設計すれば、長きにわたって企業活動に協力できます。ネットワークエンジニアと協力して仕事することも多く、コミュニケーション能力なども求められます。

クラウドエンジニアに必要な項目8つ


クラウドエンジニアには、他のエンジニアとは違う経験や知識が求められます。知っておくべき8つの必要な経験や知識を紹介していきますので、参考にしてみてください。クラウドエンジニアを目指す人は、どのような経験や知識が必要なのかチェックしておくといいでしょう。クラウドエンジニアになるための専門学校などもあるため、有効に活用してください。

クラウドエンジニアに必要な項目1:サーバーの知識や構築経験

サーバーの知識や構築経験は、クラウドエンジニアに強く求められるものです。サーバーの知識は、独学や専門学校などで学ぶ人がほとんどです。クラウドエンジニアは未経験の人もいますが、サーバーエンジニアから転向する人もいます。システム開発とシステム運用の両方の知識や経験がある人は、現場でも重宝されることが多くなっています。

クラウドエンジニアに必要な項目2:ネットワークの経験や知識

クラウドエンジニアは、ネットワークの経験や知識も求められます。ネットワークエンジニアを担当していた人が、クラウドエンジニアとしても活躍することは少なくありません。ネットワークエンジニアは、技術士や情報処理技術者など資格が就職などで有利に働くことがあります。クラウドエンジニアを目指す人は、ネットワークエンジニアに求められる資格の勉強をすることもおすすめです。

クラウドエンジニアに必要な項目3:ミドルウェアやツールに関する知見や経験

ミドルウェアやツールに関する知見や経験は、クラウドエンジニアに求められます。ミドルウェアとは、OSとアプリケーションの動きをスムーズにするソフトウェアのことです。ミドルウェアやツールは多岐に渡るため、クラウドエンジニアは膨大な知識が求められます。日々進化をし続けるため、ミドルウェアやツールに関する知識を勉強し続けなければなりません。

クラウドエンジニアに必要な項目4:求人や案件に関係する知識

クラウドエンジニアを目指す人は、求人や案件に関係する知識も持っておくことがおすすめです。案件によって求められるクラウドエンジニアとしての知識も異なります。さらに求人情報をしっかりチェックすれば、実際にクラウドエンジニアとして働いた時に理想とのギャップが少なくなります。自分のキャリア形成にも大切ですので、求人に関する知識を増やしておくといいでしょう。

クラウドエンジニアに必要な項目5:コンサルタントやマネジメント経験

コンサルタントやマネジメント経験は、クラウドエンジニアとしてキャリアを積む際に役立ちます。将来的にフリーランスとして活躍や独立を検討している場合は、知識や経験を積むことがいいでしょう。コンサルタントやマネジメント経験は、社内で上司として部下のクラウドエンジニアを指導する際にも役立ちます。長くクラウドエンジニアとして活躍したい場合は、研修などに積極的に参加することもおすすめです。

クラウドエンジニアに必要な項目6:顧客折衝の経験

クラウドエンジニアは、顧客と直接やり取りすることもあります。そのためクラウドエンジニアには、クレーム対応や顧客の要望にスムーズに応えることが求められます。クラウドエンジニアは専門的な知識がない顧客とやり取りをすることもあるため、専門的な言葉を平易な言葉にかえるなど説明力も求められます。クラウドの知識があるだけでは、活躍できるクラウドエンジニアにはなれません。

クラウドエンジニアに必要な項目7:資料作成経験

資料作成経験は、クラウドエンジニアにも求められます。クラウドエンジニアは、日報やクライアントの打ち合わせなどで日々資料作成しています。特に顧客に向けた資料作成をする場合は、分かりやすさも意識する必要があります。資料作成が苦手なクラウドエンジニアも少なくないため、資料作成が上手な人は職場で重宝されるでしょう。

クラウドエンジニアに必要な項目8:クラウドに関する知識や技術

クラウドに関する知識や技術は、クラウドエンジニアであれば必ず求められる知識です。クラウドに誰よりも詳しくなりたいという気持ちで、学ぶ必要があります。クラウドに関する知識や技術は、クラウドエンジニアを続ける限り知識を増やし続ける必要があります。クラウドエンジニアの現場で学びながら、研修などに積極的に参加することがおすすめです。

クラウドエンジニアの収入事情


クラウドエンジニアの平均年収は900万円台です。案件別の月額単価(参考)を見てみると、AWSの開発や運用に関する案件の平均月単価が76万円、Salesforce CRMに関する案件の平均月単価80万円です。仮に年間を通して案件が途切れず受注できた場合、1年(12ヶ月)に換算すると912万円と960万円になります。

クラウドエンジニアに関わる職種4つ


クラウドエンジニアは、職場で1人だけで仕事をしているわけではありません。関連する他の職種と影響を与え合っています。クラウドエンジニアが影響を与える職種を詳しく紹介しますので、チェックしてみてください。知識や経験、資格などがクラウドエンジニアと重なっていることが多いため、仕事の幅を広げられます。

クラウドエンジニアに関わる職種1:インフラエンジニア

インフラエンジニアは、IT基盤構築を担当する仕事です。ミドルウェアやOSなどインフラエンジニアの仕事領域は、多岐に渡ります。最近では、システム基盤にパッケージソフトウェアを構築する仕事も担当しています。クラウドコンピューティングやデータセンターの運用も行い、クラウドエンジニアと関わり合いが深いため、現場でともに作業することも少なくないです。

クラウドエンジニアに関わる職種2:サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、コンピューターシステムの運用や設計を担当しています。問題があった時に応急対処する必要があるため、幅広い知識と対応力が求められます。ネットワークエンジニアと関わり合いの深い仕事内容ですが、区分されることも少なくありません。OSの知識に精通している人が多いため、現場でも頼りになる存在でしょう。

クラウドエンジニアに関わる職種3:ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワークインフラの設計や保守を担当する仕事です。サーバーエンジニアを経て、ネットワークエンジニアの職に就く人も少なくありません。ネットワークケーブルや回線などの知識も求められるため、ゼネラリストとして活躍する人も多いです。

クラウドエンジニアに関わる職種4:データベースエンジニア

データベースエンジニアは、データベース管理システムに関係する仕事です。膨大な量のデータをどのように保管するのかやどのように並べるのかを決めていきます。業務範囲が広く、顧客と直接やり取りすることも少なくありません。企業のデータを預かる重大な仕事ですので、やりがいと責任があります。

クラウドエンジニアの将来性について


クラウドエンジニアの需要は高く、今後も需要は増加していくと考えられます。クラウド化は遠方にいる人とでも作業を共有できること、コストが削減できること、起業時の初期費用を低く抑えることなどメリットが多いことから、オンプレミスからクラウドに移行する企業が多くなることが見込めます。

クラウドに特化した技術を身につけ、クラウドエンジニアを目指そう


クラウドを利用する企業は、今後も増加が見込まれます。クラウドエンジニアに必要な知識や経験を積んで、キャリアを形成していきましょう。クラウドに特化したエンジニアは人手が足りないと言われているため、職場で大活躍できるでしょう。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。