ルーティング

ルーティングとは?

ルーティングとは、パケットをどの経路に配送するかを決める経路制御の機能で、ルーティングを実現する中継装置はルータと呼ばれています。

インターネットでは、パケットの中継地点となるルーターが適切な経路にパケットをルーティングする作業を繰り返すことで、宛先まで正しく送り届ける仕組みになっています。

ルーティングには大きく分けて、

  • スタティックルーティング
  • ダイナミックルーティング

があります。

スタティックルーティングとは?

スタティックルーティングはルーターに固定的に経路情報を設定し、送信先IPアドレスを基にルーティングするスタティックルートの他に、送信元IPやポート番号などをを基にルーティングを実施するPBR(Policy-Based Routing)などがあります。PCなどに設定するデフォルトゲートウェイもスタティックルーティングの一種です。

ダイナミックルーティングとは?

ダイナミックルーティングは管理者が経路設定をするのではなく、ルーター同士で持っている経路情報を交換させて、最適な経路情報を自動的に作成させます。管理者がルーターに設定するのはルーティングプロトコルとなります。

ダイナミックルーティングにはRIPやOSPF、BGPなどと呼ばれるいくつかのルーティングプロトコルがありそれぞれに特徴があります。

それぞれのメリット・デメリット

スタティックルートの情報は他のルータへ通知されることは無いため、障害が発生したときに回避できないことがありますが、ダイナミックルーティングを用いた場合、自動的にルーティングテーブルが変更されるという利点があります。その一方で、経路を常に監視するために、各ネットワーク間にはトラフィックが常時生じることになります。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

スパニングツリーとは?冗長化の仕組みや役割を知って構成してみよう... スパニングツリーとは? スパニングツリーは、L2ネットワークにおけるループを防止をするための機能です。スパニングツリーを使えばループを防止しながらネットワークを冗長化でき、耐障害性が向上します。 信頼性の高いL2ネットワークを構築するためには、機器に障害が発生しても迂回できるように、複数...
terminal length 読み方 terminal length (ターミナル レングス) 使用方法 表示する行の長さを決定する。teratermなどの画面上に一度に表示する行の長さを0~512の範囲で決定する(0は無制限)。 実行例 ポイント解説! CCNA試験などでは全く問われないが、非常に大切なコマンド...
ネットワークにおけるスイッチとは?特徴やハブとの違いなどわかりやすく解説... スイッチとは?気になる特徴 スイッチは、複数のコンピューターやLAN接続を行うネットワーク機器で、スイッチングハブとも呼ばれます。 スイッチにはポート(接続口)で受け取ったデータを、宛先のポートに送信する役割があります。従来のリピーターハブにMACアドレスを用いた宛先によるデータ分配機能...
エンジニアと関連の深い5G基地局のメーカー紹介その5【サムスン電子】... 5Gのサービス開始が近いことから、通信各社では5G基地局を積極的に設置しています。国内外の様々な企業が基地局のベンダーとして参加していますが、そのうちの1つが韓国のサムスン電子です。この記事では、サムスン電子について紹介していきます。 サムスン電子の5G基地局はauが採用 auは5G基地局を...
エンジニアと関連の深い5G基地局のメーカー紹介その4【エリクソン】... 2020年春には、日本でもいよいよ5Gのサービスが提供開始される予定です。 それに伴って各通信業者では、基地局の整備を進めていますが、国内企業だけでなく海外企業もベンダーとして選定されています。 この記事では、その中でもスウェーデンのエリクソンという企業について紹介していきます。 エリ...