IPv4とIPv6の違い8つとは?IPv4 over IPv6についても解説

IPv4とIPv6の違い8つとは?IPv4 over IPv6についても解説のアイキャッチイメージ

そもそもIPv4とIPv6とは?

IPv4とIPv6とは、IPというインターネットに接続された通信機器がデータを通信する際に、どのようなデータ通信の方法をとるか定めた規約のことです。

 

IPv4は、1990年代にインターネットの普及とともに使われ始めた規約で、現在でも広く使われています。IPv6は、次世代のプロトコルとして注目されているIPです。

 

IPv4とIPv6には、使用できるアドレスの数などの違いがあります。

IPv4

IPv4は、IPというインターネットを通して通信する際に使用される規約のことです。

 

IPv4では、インターネット上の住所であるIPアドレスを使用して、データをやり取りする通信機器同士が識別できるようにしています。

 

IPv4では約43億個までのIPアドレスを割り当てられますが、現在ではIPアドレスの数が足りなくなっており、IPv6と組み合わせて使用されます。

IPv6

IPv6は、IPというインターネットを通して通信する際に使用される規約のことです。

 

IPv6は、IPv4と同じように、インターネット上の住所であるIPアドレスを利用してデータをやり取りしています。

 

IPv6はIPv4とは違い、膨大な数のIPアドレスを使用でき、IPv4では足りなかったIPアドレスを増やすことを目的とした通信です。

IPv4とIPv6の違い8つ

IPv4とIPv6は、どちらもインターネットの通信方法に関する規約のことですが、さまざまな違いがあります。

 

例えば、ビット数の違い、表記の違い、回線速度の違い、設備の違い、IPアドレスの管理の違い、IPアドレスの割り当ての違い、接続方式の違いなどがあります。

 

ここでは、IPv4とIPv6の違いについて、8つ紹介していきます。

IPv4とIPv6の違い1:bit数の違い

1つめのIPv4とIPv6の違いは、bit(ビット)数の違いです。

 

IPv4はIPアドレスを32個のビット数で表現していますが、IPv6は128個のビット数でIPアドレスを表現していて、IPv4とIPv6にはビット数の違いがあります。

 

IPv6はIPv4よりもビット数が多く、膨大な数のIPアドレスを割り当てられるので、IPv4では足りなかったIPアドレスを補っています。

IPv4とIPv6の違い2:表記の違い

2つめのIPv4とIPv6の違いは、表記の違いです。

 

IPv4とIPv6はビット数が異なり、IPアドレスの長さも違うので、ユーザーにわかりやすいIPアドレスの表示にするために表記方法が違います。

 

IPv4では32ビットのIPアドレスを8ビットごとに区切り、10進数に変換して表記し、IPv6では128ビットのIPアドレスを16ビットごとに区切って、16進数で表記します。

IPv4とIPv6の違い3:回線速度の違い

3つめのIPv4とIPv6の違いは、回線速度の違いです。

 

IPv4ではネットワーク終端装置と呼ばれる機器を経由してインターネットに接続していて、ここにアクセスが集中した場合に、装置のスペックが足りずに通信速度が低下することがあります。

 

IPv6は直接インターネットに接続でき、回線の混雑が起こりにくいので、IPv6の方が回線速度が速くなります。

IPv4とIPv6の違い4:設備の違い

4つめのIPv4とIPv6の違いは、設備の違いです。

 

LANケーブルやスイッチングHUBなどの設備に関して、IPv4で使用できるものは基本的にIPv6でも対応していますが、一部の設備ではIPv6に対応していないものもあります。

 

例えば、ルーターやインターネット回線、プロバイダーなどの設備はIPv6に対応していないことがあるので、IPv6を利用する際には注意が必要です。

IPv4とIPv6の違い5:IPアドレスの管理の違い

5つめのIPv4とIPv6の違いは、IPアドレスの管理の違いです。

 

IPアドレスは、インターネットユーザーが公平に共有する資源として、アドレスポリシーという管理方針に基づき管理されていて、IPv4とIPv6のIPアドレスの管理方法には違いがあります。

 

また、IPv4は枯渇していて、新しく割り当てるためのIPアドレスの在庫がありません。

IPv4とIPv6の違い6:IPアドレスの割り当ての違い

6つめのIPv4とIPv6の違いは、IPアドレスの割り当ての違いです。

 

IPアドレスはICANNという組織が管理と割り当てをしていて、IPv4では個人であれば1~4個程度、法人であれば8~32個程度のIPアドレスが割り当てられます。

 

IPv6の場合、膨大な数のIPアドレスを割り当てられるので、大量の通信機器にもIPアドレスを割り当てられることでしょう。

IPv4とIPv6の違い7:接続方式の違い

7つめのIPv4とIPv6の違いは、接続方式の違いです。

 

IPv4ではPPPoEと呼ばれる接続方式を使用していて、ネットワーク終端装置を経由してインターネットに接続しますが、IPv6ではインターネットサービスプロバイダーを介して、直接接続できるIPoEという接続方式を採用しています。

 

そのため、IPv4よりもIPv6の方が、通信速度などの面で優れています。

IPv4とIPv6の違い8:互換性がない

8つめのIPv4とIPv6の違いは、互換性がないことです。

 

IPv4とIPv6では互換性がないので、IPv4を利用してIPv6が使用されているサイトに接続できず、逆にIPv6を利用してIPv4が使用されているサイトへのアクセスもできません。

 

現在ではIPv4の利用者が多く、IPv6のサイトを見る機会は少ないのですが、IPアドレスの枯渇に伴いIPv6を利用する場面が増加するので注意が必要です。

IPv4 over IPv6について

IPv4 over IPv6とは、IPv4とIPv6に互換性がないという問題を解決するために使用される技術です。

 

IPv4 over IPv6は基本的な通信をIPv6が担当し、IPv6の中にIPv4の技術を内包して、IPv6でもIPv4のサイトを見られるようにした技術のことです。

 

IPv4 over IPv6では基本的にIPv6の通信形式なので、IPv4を利用する通信も安定して高速に利用できることでしょう。

IPv4 over IPv6のメリット

IPv4 over IPv6は、IPv6の通信形式を利用しながらIPv4の通信形式も利用できる便利な技術で、IPv4 over IPv6を利用すればさまざまなメリットがあります。

 

例えば、通信速度の改善が見込めること、安定した通信ができるようになることなどのメリットがあります。

 

ここでは、IPv4 over IPv6のメリットについて紹介していきます。

速度の改善

IPv4 over IPv6では、通信速度の改善が見込めます。

 

IPv4 over IPv6を利用すれば、ネットワーク終端装置を介する必要のないIPv6の通信方式でIPv4を利用でき、ネットワークの渋滞による速度低下を起こすことなくIPv4を利用する通信が可能です。

 

また、IPv6利用するサイトへの通信も高速ででき、総合的な通信速度を改善できることでしょう。

安定した通信

IPv4 over IPv6を利用することで、安定した通信ができるようになります。

 

IPv4 over IPv6では、IPoEを利用してネットワーク終端装置を介さなくてもインターネットを利用でき、渋滞しているネットワークを使用せずにインターネットを利用できます。

 

ネットワーク終端装置へのアクセスの集中を避けられるので、安定した通信が利用できるようになります。

IPv4 over IPv6の注意点

IPv4 over IPv6は、高速で安定した通信ができるようになる便利なツールですが、IPv4 over IPv6を使用する上で注意するべき点がいくつかあります。

 

例えば、プロバイダーとルーターが両方の通信方式に対応していないといけないこと、オプション追加料金がかかる可能性があることなどです。

 

ここでは、IPv4 over IPv6の注意点について紹介していきます。

プロバイダーとルーターが両方に対応していないといけない

IPv4 over IPv6を利用するためには、プロバイダーとルーターがIPv4とIPv6の両方に対応している必要があります。

 

IPv4 over IPv6は高速で安定した通信が可能ですが、IPv4 over IPv6はIPv4の通信によるデータをIPv6に変換する通信なので、プロバイダーとルーターがIPv4とIPv6の両方に対応していなければなりません。

オプション追加料金がかかる可能性がある

IPv4 over IPv6を利用する際には、オプション追加料金がかかる可能性があります。

 

IPv4 over IPv6では、IPv4とIPv6の両方にプロバイダーが対応していても、オプションサービスを申し込まなければならない場合や、追加料金がかかる場合があります。

 

また、IPv4 over IPv6で固定IPや任意のポート開放をしたい場合は、固定IPオプションなどが必要です。

IPv4とIPv6の違いを知り活用してみましょう

ここまで、IPv4とIPv6の違いやIPv4 over IPv6のメリットなどについて紹介してきました。

 

IPv4とIPv6は、それぞれ異なる特徴がある通信のプロトコルで、場面に応じて使い分けることが大切です。

 

より効果的にインターネットを利用したいという方は、ぜひIPv4とIPv6の違いを知って、活用してみてください。