LB (ロードバランサ)

ロードバランサとは?

ロードバランサとは高い負荷を複数のサーバに分散させ、処理を低減させる装置です。

インターネットから各種サーバーにアクセスがあると、サーバーはその機器に搭載されているCPUやメモリーなどのリソースを使って指示を処理します。しかしアクセスが集中し処理数が激増すると、応答が極端に遅くなったり、最悪の場合サーバがダウンしたりします。このような高い負荷を複数のサーバに分散させ、処理を低減させるのがロードバランサの役割です。

ロードバランサの仕組みと役割

ロードバランサーは外部のアクセス要求を管理し、複数のサーバーにアクセスを分散することで、サーバーの負担超過によるシステムダウンや応答速度の遅延を防いだり、ダウンしたサーバーへのリクエストを停止したりすることができます。この仕組みにより、Webサイトへのアクセス集中やサーバー故障などの場合でも、アクセス中の利用者に安定したサービス提供が継続可能となります。

ロードバランサを設計する上での必須知識とは?

ロードバランサを設計する上での必須知識として、

  • ロードバラシング(負荷分散)
  • パーシステンス(セッション維持)
  • ヘルスチェック(監視)

があります。

特にスマートフォンでは頻繁にIPアドレスが変化するため、パーシステンス(セッション維持)は重要になってくことが多くなりました。着信したパケットをサーバへ振り分けるロードバランシングにはいくつかの種類があり、主にはラウンドロビン(均等負荷分散)とリーストコネクション(最小接続)が用いられますが、メーカにより独自性の多い部分になります。L7までの情報を扱うことから、L7スイッチと呼ばれることもあります。

合わせて読みたい

ネットワークストレージを比較。SANとNASについて... 代表的なネットワークストレージにはSANとNASの2種類が挙げられます。 SANにはSANの、NASにはNASの特徴があります。 ここではそれぞれの違いについて紹介していきます。SANとNASの違いがわからない人や、違いを知りたい人はぜひご一読ください。 高性能・高信頼のSAN SANは「S...
show running-config 読み方 show running-config (ショウ ランニングコンフィグ) 使用方法 現在のコンフィグを確認する時に使用する。 実行例 Router#sh run Building configuration... Current configuration: ! versi...
logging buffered 512000 debugging 読み方 logging buffered 512000 debugging (ロギング バッファ 512000デバギング) 使用方法 ログをバッファに入れるようにする。デバッグ以上のレベルのログがshow loggingコマンドで確認できるようになる。 実行例 Router#conf t ...
show tech support 読み方 show tech support (ショウ テック サポート) 使用方法 ルータのシステム情報を表示。このコマンド出力結果からルータの障害原因を追求する。 実行例 Router#show tech support ee 848 Oct 09 2018 01:27:29.5634...
スパニングツリー スパニングツリーとは? スパニングツリーは、L2ネットワークにおけるループを防止をするための機能です。スパニングツリーを使えばループを防止しながらネットワークを冗長化でき、耐障害性が向上します。 信頼性の高いL2ネットワークを構築するためには、機器に障害が発生しても迂回できるように、複数のス...