LB (ロードバランサ)

ロードバランサとは?

ロードバランサとは高い負荷を複数のサーバに分散させ、処理を低減させる装置です。

インターネットから各種サーバーにアクセスがあると、サーバーはその機器に搭載されているCPUやメモリーなどのリソースを使って指示を処理します。しかしアクセスが集中し処理数が激増すると、応答が極端に遅くなったり、最悪の場合サーバがダウンしたりします。このような高い負荷を複数のサーバに分散させ、処理を低減させるのがロードバランサの役割です。

ロードバランサの仕組みと役割

ロードバランサーは外部のアクセス要求を管理し、複数のサーバーにアクセスを分散することで、サーバーの負担超過によるシステムダウンや応答速度の遅延を防いだり、ダウンしたサーバーへのリクエストを停止したりすることができます。この仕組みにより、Webサイトへのアクセス集中やサーバー故障などの場合でも、アクセス中の利用者に安定したサービス提供が継続可能となります。

ロードバランサを設計する上での必須知識とは?

ロードバランサを設計する上での必須知識として、

  • ロードバラシング(負荷分散)
  • パーシステンス(セッション維持)
  • ヘルスチェック(監視)

があります。

特にスマートフォンでは頻繁にIPアドレスが変化するため、パーシステンス(セッション維持)は重要になってくことが多くなりました。着信したパケットをサーバへ振り分けるロードバランシングにはいくつかの種類があり、主にはラウンドロビン(均等負荷分散)とリーストコネクション(最小接続)が用いられますが、メーカにより独自性の多い部分になります。L7までの情報を扱うことから、L7スイッチと呼ばれることもあります。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

Switch(スイッチ) スイッチとは? スイッチとは、複数のコンピューターやLANの接続を行うネットワーク機器のひとつで、スイッチングハブとも呼ばれます。 スイッチにはポート(接続口)で受け取ったデータを、宛先であるポートに送信する役割があり、従来のリピーターハブに、Macアドレスを用いた宛先によるデータの...
ntp server 読み方 ntp server x.x.x.x (エヌ・ティー・ピー サーバー) 使用方法 NTPサーバのアドレスを指定する。NTPサーバと同期を取らせて正確な時刻にする。 実行例 ポイント解説! ルータの時刻は通常、clock setコマンドで調節するが、NTP(ネットワークタイムプ...
Paloalto (パロアルト) Paloaltoとは? Palo Alto Networks(パロアルトネットワークス) は、2005年に設立されたネットワークセキュリティベンダーで、アプリケーションの直接的な識別と制御を可能にした次世代型Firewallの先駆者として、市場で高い評価を得ています。 従来のFirewall...
エンジニアと関連の深い5G基地局のメーカー紹介その4【エリクソン】... 2020年春には、日本でもいよいよ5Gのサービスが提供開始される予定です。 それに伴って各通信業者では、基地局の整備を進めていますが、国内企業だけでなく海外企業もベンダーとして選定されています。 この記事では、その中でもスウェーデンのエリクソンという企業について紹介していきます。 エリ...
show environment 読み方 show environment (ショウ エンバイロンメント) 使用方法 ルータの置かれた環境を表示し、ルータに環境的なトラブルが起きていないかを確認する。 実行例 ポイント解説! 通称「ショウエンブ」の表示内容は機器によって表示内容がかなり異なり、また、下位のルータでは対...