LB (ロードバランサ)

ロードバランサとは?

ロードバランサとは高い負荷を複数のサーバに分散させ、処理を低減させる装置です。

インターネットから各種サーバーにアクセスがあると、サーバーはその機器に搭載されているCPUやメモリーなどのリソースを使って指示を処理します。しかしアクセスが集中し処理数が激増すると、応答が極端に遅くなったり、最悪の場合サーバがダウンしたりします。このような高い負荷を複数のサーバに分散させ、処理を低減させるのがロードバランサの役割です。

ロードバランサの仕組みと役割

ロードバランサーは外部のアクセス要求を管理し、複数のサーバーにアクセスを分散することで、サーバーの負担超過によるシステムダウンや応答速度の遅延を防いだり、ダウンしたサーバーへのリクエストを停止したりすることができます。この仕組みにより、Webサイトへのアクセス集中やサーバー故障などの場合でも、アクセス中の利用者に安定したサービス提供が継続可能となります。

ロードバランサを設計する上での必須知識とは?

ロードバランサを設計する上での必須知識として、

  • ロードバラシング(負荷分散)
  • パーシステンス(セッション維持)
  • ヘルスチェック(監視)

があります。

特にスマートフォンでは頻繁にIPアドレスが変化するため、パーシステンス(セッション維持)は重要になってくことが多くなりました。着信したパケットをサーバへ振り分けるロードバランシングにはいくつかの種類があり、主にはラウンドロビン(均等負荷分散)とリーストコネクション(最小接続)が用いられますが、メーカにより独自性の多い部分になります。L7までの情報を扱うことから、L7スイッチと呼ばれることもあります。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

エンジニアと関連の深い5G基地局のメーカー紹介その5【サムスン電子】... hbspt.cta.load(20723875, '940941f2-198d-419e-b8bd-967ea4e44d02', {"useNewLoader":"true","region":"na1"}); 5Gのサービス開始が近いことから、通信各社では5G基地局を積極的に設置しています。...
NASとSANの違いとは?それぞれの特徴やクライアントから見た違いも解説... NASとSANを比較してわかる違いとは ITについて学ぶ場合、基本的な知識としてストレージの知識も必要となります。また、近年ではネットワークストレージの「NAS」と「SAN」が注目を集めていることから、これらはストレージを学ぶ上で外せない知識だと言えるでしょう。 NASとSANはどちらも...
ルータとは?役割3つや選ぶ時のポイント4つをわかりやすく紹介!... ルータとは? ルータとは、異なるネットワーク間を接続するネットワーク機器のひとつです。主にWAN側に設置され、ネットワーク同士の橋渡し役となり、データの行き先を判断/転送する中継装置です。 通信経路を自動的に選択するか指定したルートを使うかを選べ、 •ルートを自動的に選択するもの・・・...
エンジニアと関連の深い5G基地局のメーカー紹介その4【エリクソン】... hbspt.cta.load(20723875, '940941f2-198d-419e-b8bd-967ea4e44d02', {"useNewLoader":"true","region":"na1"}); 2020年春には、日本でもいよいよ5Gのサービスが提供開始される予定です。 それ...
ルーティング ルーティングとは? ルーティングとは、パケットをどの経路に配送するかを決める経路制御の機能で、ルーティングを実現する中継装置はルータと呼ばれています。 インターネットでは、パケットの中継地点となるルーターが適切な経路にパケットをルーティングする作業を繰り返すことで、宛先まで正しく送り届ける仕...