LB (ロードバランサ)

ロードバランサとは?

ロードバランサとは高い負荷を複数のサーバに分散させ、処理を低減させる装置です。

インターネットから各種サーバーにアクセスがあると、サーバーはその機器に搭載されているCPUやメモリーなどのリソースを使って指示を処理します。しかしアクセスが集中し処理数が激増すると、応答が極端に遅くなったり、最悪の場合サーバがダウンしたりします。このような高い負荷を複数のサーバに分散させ、処理を低減させるのがロードバランサの役割です。

ロードバランサの仕組みと役割

ロードバランサーは外部のアクセス要求を管理し、複数のサーバーにアクセスを分散することで、サーバーの負担超過によるシステムダウンや応答速度の遅延を防いだり、ダウンしたサーバーへのリクエストを停止したりすることができます。この仕組みにより、Webサイトへのアクセス集中やサーバー故障などの場合でも、アクセス中の利用者に安定したサービス提供が継続可能となります。

ロードバランサを設計する上での必須知識とは?

ロードバランサを設計する上での必須知識として、

  • ロードバラシング(負荷分散)
  • パーシステンス(セッション維持)
  • ヘルスチェック(監視)

があります。

特にスマートフォンでは頻繁にIPアドレスが変化するため、パーシステンス(セッション維持)は重要になってくことが多くなりました。着信したパケットをサーバへ振り分けるロードバランシングにはいくつかの種類があり、主にはラウンドロビン(均等負荷分散)とリーストコネクション(最小接続)が用いられますが、メーカにより独自性の多い部分になります。L7までの情報を扱うことから、L7スイッチと呼ばれることもあります。

合わせて読みたい

拡張ping 読み方 拡張ping (かくちょうピング) 使用方法 様々なオプションを利用して疎通確認をする。 実行例 Router> Router>en Router#ping Protocol : Target IP address: 10.1.1.1 Repeat count...
show environment 読み方 show environment (ショウ エンバイロンメント) 使用方法 ルータの置かれた環境を表示し、ルータに環境的なトラブルが起きていないかを確認する。 実行例 Router# show env Warning: +3.45 V measured at +3.83 V ポ...
Switch(スイッチ) スイッチとは? スイッチとは、複数のコンピューターやLANの接続を行うネットワーク機器のひとつで、スイッチングハブとも呼ばれます。 スイッチにはポート(接続口)で受け取ったデータを、宛先であるポートに送信する役割があり、従来のリピーターハブに、Macアドレスを用いた宛先によるデータの...
aaa new-model 読み方 aaa new-model (エー・エー・エー ニュー モデル) 使用方法 認証機能を設定する。RADIUS(ラディウス)またはTACACS(タカクス)の認証機能を有効にする。 実行例 Router#conf t Router(config)#aaa new-model Rou...
log-adjacency-changes 読み方 log-adjacency-changes (ログアジェイセンシーチェンジズ) 使用方法 OSPFルータの隣接関係にイベントがあった場合に、そのログが 吐き出されるように設定する。 実行例 Router#conf t Enter configuration commands, o...