NAT(Network Address Translation)

NATとは?

NAT(Network Address Translation)はIPアドレスを変換する技術で、一般的には、プライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスに変換する技術とされています。

インターネットはグローバルIPアドレスを使用して構築したネットワークですが、家庭内のLANや企業ネットワークではプライベートIPアドレスを使用して構築されたネットワークが主であり、PCがインターネット接続する場合、プライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスに変換する必要性があり、それを行う技術がNATです。

NATはLANのIPアドレスを変換してインターネット通信が行われることから、インターネット側からは直接LAN内に通信できないため、セキュリティが向上する利点があります。対して、アプリケーションによってはNATによる通信では正常に動作しない問題点もあります。

大規模NAT

近年ではIPv4アドレスの枯渇問題の為、通信キャリアでもグローバルIPを複数ユーザで共用してサービスを提供する場合が増えてきました。その場合には

  • 大規模NAT
  • キャリアグレードNAT(CGN)
  • ラージスケールNAT(LSN)

と呼ばれる場合があります。

NATの仕組みとしては一緒ですが、数千万のセッション数に耐えられる、大規模サービス用の専用機器を用いてNATを実施します。

またNATをしてもアプリケーションに影響を及ぼさないようなシステムも組み込まれています。(フルコーンNAT、ALGなどと呼ばれる機能など)

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。