ネットワークエンジニアの仕事に役立つツール4選【初心者向け】

ネットワークエンジニアの仕事に役立つツール4選【初心者向け】のアイキャッチイメージ

ネットワークエンジニアの仕事としては、ネットワークコマンドの実行やサーバー接続などが挙げられますが、これらはツールを使用することで効率化することが可能です。
ここでは、ネットワークエンジニアの仕事に役立つツール4つを紹介します。ネットワークエンジニアとして仕事で成果を出したい初心者の方は、参考にしてください。

ターミナルソフト「Teraterm」

ネットワークエンジニアとして仕事をするのであれば、基本となるソフトがTeratermです。
TeratermはTeraterm Projectが開発したWindows向けのターミナルソフトで、シリアルポートに接続された機器の操作を可能にするほか、TelnetやSSHを利用した別のコンピューター操作も行うことができます。

WindowsからLinuxなどにリモート接続する際には、最もよく使われるターミナルソフトだといえるでしょう。
多機能なSSHクライアントですが、シンプルな仕様のため直感的な操作が可能で、ネットワークエンジニア初心者でも使いやすいツールです。
現在は修正BSDライセンスのもとフリーで利用できるようになっているため、まずはダウンロードしてみてください。

Pingコマンドが使える「ExPing」

ネットワーク監視

ExPingとは、GUIでPingコマンドを実行することができるソフトウェアです。
通信の疎通チェックはWindowsのPingコマンドで行うことができますが、Pingを打ち続けてネットワーク監視をしたい場合などにはExPingが重宝します。

Pingが落ちたときに音を鳴らすなどの便利な機能も付いているため、ExPingを用いてネットワーク監視を行っている会社もあるようです。
ExPingを用いてトラブルを素早く検知することで、被害を最小限に抑えられるメリットもあります。コマンドラインに抵抗がある人にとっても使いやすいソフトウェアなのではないでしょうか。

統合サーバソフト「3CDaemon」

3CDaemonは、TFTPサーバ、FTPサーバ、Syslogサーバ、TFTPクライアントの4つの機能を担えるソフトウェアです。ネットワークエンジニアにとって、なくてはならない必須ツールの1つだといえるでしょう。

3CDaemonはフリーソフトウェアですが、HPが3Comを買収した影響から、現在はもとのサイトからダウンロードができない状態になっています。
しかし、このような状態においても多くのネットワークエンジニアが3CDaemonを使用していることから、その人気の高さがうかがえるでしょう。

パケットキャプチャーソフト「Wireshark」

ネットワークスイッチ

Wiresharkは、多くのネットワークエンジニアに愛用されているパケットキャプチャーソフトです。
「Webを開けない」、「通信が安定しない」、「メールが送れない」などの障害が発生した場合でも、Wiresharkなどのパケットキャプチャーソフトを利用して生のパケットを見ることで障害の原因を突き止めることができます。

そしてWiresharkはオープンソースで開発されており、ライセンスにはGPLが採用されているため、誰でも気軽に使用することができます。WindowsのほかにmacOSやLinuxにも対応しているため、使用用途は幅広いといえるでしょう。

Wiresharkに搭載されている機能としては、キャプチャしたソフトの解析機能やパケットフィルタ機能、TCPセッションのストリームの復元機能などが挙げられます。現在も開発が継続しているため、今後はさらに便利なツールへと進化することが予想されます。
なおWindowsでWiresharkを使用する場合には、先にWinPcapというパケットキャプチャドライバをインストールするようにしてください。

ツールを使いこなして仕事効率をアップさせよう

ネットワークエンジニアとしてのキャリアを始めるのであれば、今回紹介したTeraterm、ExPing、3CDaemon、Wiresharkの4つのツールは押さえておきたいところです。
これらのツールを使いこなせれば、仕事の効率もより上がるでしょう。
自身の業務内容を考慮して、必要なツールを導入することをおすすめします。

>>>ネットワークエンジニアの案件を探すならFEnetインフラ

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

サーバ構築をマスターする!ラッキングと配線のコツとは?... サーバエンジニアとして仕事をするのであれば、サーバ構築をマスターしなければいけません。 ここでは、サーバ構築の流れおよびラッキングと配線のポイントについてまとめました。 効率よくスムーズに作業を行うためにも、サーバ構築を行う際にはぜひ確認してください。 エンジニアが知っておくべきサーバ構築の流...
信頼性とスピード感あるシステム開発を実現。エンジニア注目のDevOpsとは?... システム開発の現場で、「DevOps(デブオプス)」によるプロジェクト運用が採用されることが増えています。今回は今後ますます注目が集まると予想されているDevOpsについて紹介します。 注目の開発体制DevOpsとは? DevOpsは「開発チーム(Development)」と「運用チーム(O...
求められる自動化とその傾向 本コラムについて 今現在、無料で提供されるサービスは全てWebサイト上、つまりネットワークのある環境で行われている。 そのシステム管理、サービス提供、速度の補填。これら全てを行うのは他でもない我々エンジニアである。 少なくとも当コラムを読み始めようとしているあなたは、エンジニアとして仕事してい...
エンジニアの福利厚生は何が一般的?満足度の調査結果から分かることまとめ... 一般的に就職・転職する際に、企業の福利厚生を気にする人も多いのではないでしょうか。 ここではエンジニアの一般的な福利厚生やその満足度について紹介します。 エンジニアの福利厚生は住宅や食事の手当が多い Tech総研の調査によると、「勤務先の福利厚生は充実しているか」という質問に対して「そう思...
30代でもなれる?ネットワークエンジニアを目指すためのスキル6つを解説... 未経験でも30代からネットワークエンジニアになれるのか? 結論から言うと、30代でも未経験からネットワークエンジニアを目指すことは可能です。 ネットワークエンジニアの場合は未経験でも応募できる求人が比較的多く、実際に30代で転職に成功している人は少なくありません。 とはいえ、他の業界や...