OpenSSHのコマンドについて徹底解説!コマンドの使い方を知って活用しましょう

OpenSSHのコマンドについて徹底解説!コマンドの使い方を知って活用しましょう
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

OpenSSHのコマンドについて徹底解説


今回は、OpenSSHのコマンドの使い方について説明します。OpenSSHとは、SSHプロトコルを利用するためのオープンソースソフトウェアです。

OpenSSHには、ssh-keygen、sshd、ssh、ssh-agent、ssh-add、scp、sftpなどのコマンドがあります。これらのコマンドの使い方について紹介します。

OpenSSHのコマンドに興味のある方はぜひご覧ください。

SSH環境

ここでは、WSL2(Windows Subsystem for Linux 2)のSUSE LinuxからUbuntuにSSH接続してファイル転送します。sshクライアント側(SUSE Linux)の環境は以下です。

sshサーバ側(Ubuntu)の環境は以下です。sshのサービスを起動しておいてください。

ssh-keygen

OpenSSHのssh-keygenコマンドについて紹介します。SSHの公開鍵と秘密鍵のペアを生成するコマンドです。実際のコマンドを見てみましょう。パスフレーズは任意の文字列を入力してください。

コマンドを実行すると、~/.sshフォルダに公開鍵(id_rsa.pub)と秘密鍵(id_rsa)が生成されます。

sshd/ssh

OpenSSHのsshコマンドについて紹介します。sshサーバにログインするコマンドです。実際のコマンドを見てみましょう。まず、SSHサーバ側でsshサービスを起動します。

次に、クライアント側にconfigファイルを作成します。sshコマンドを楽に記述できます。

sshコマンドでサーバに接続します。

ssh-agent/ssh-add

OpenSSHのssh-agent/ssh-addコマンドについて紹介します。パスフレーズなしでログインできるようにするコマンドです。実際のコマンドを見てみましょう。まず、ssh-agentを起動します。

ssh-addコマンドで秘密鍵を登録します。

ssh-add -l コマンドで登録した鍵を確認できます。

sshコマンドを実行します。パスフレーズなしでログインできます。

ssh-add -Dコマンドで登録した鍵を削除できます。

scp/sftp

OpenSSHのscp/sftpコマンドについて紹介します。ファイル転送するコマンドです。実際のコマンドを見てみましょう。

サーバからクライアントにファイルをscp転送するには、以下のように記述します。

クライアントからサーバにファイルをscp転送するには、以下のように記述します。

次に、sftpコマンドについて接続します。接続後にディレクトリを移動します。

サーバからクライアントにファイルをsftp転送するには、以下のように記述します。

クライアントからサーバにファイルをsftp転送するには、以下のように記述します。

接続を終了するにはbyeコマンドを実行します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。OpenSSHのコマンドの使い方について説明しました。OpenSSHとは、SSHプロトコルを利用するためのオープンソースソフトウェアです。

OpenSSHには、ssh-keygen、sshd、ssh、ssh-agent、ssh-add、scp、sftpなどのコマンドがあります。これらのコマンドの使い方について紹介しました。

ぜひご自身でコマンドを打って、理解を深めてください。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。