ubuntuへのssh接続の方法やPowerShellからWSL2上のubuntuにssh接続を行う方法についてご紹介!

ubuntuへのssh接続の方法やPowerShellからWSL2上のubuntuにssh接続を行う方法についてご紹介!のアイキャッチイメージ

ubuntuへのssh接続の方法とは?


今回は、ubuntuへのssh接続の方法について説明します。ここでは、PowerShellからWSL2(Windows Subsystem for Linux 2)上のubuntuにssh接続を行います。
sshクライアントおよびsshサーバの設定方法、接続方法について紹介します。

WindowsPC 1台で完結しますので、ubuntuへのssh接続の方法に興味のある方はぜひご覧ください。

sshクライアントおよびサーバ

ここでは、PowerShellからWSL2上のubuntuにssh接続を行います。WSL2を導入していない場合は事前に導入してください。クライアント側(PowerShell)のバージョンは以下です。

サーバ側(ubuntu)のバージョンは以下です。

公開鍵と秘密鍵の作成

SSH接続するために、クライアント側でssh-keygenコマンドで公開鍵と秘密鍵を作成します。ここでは「-t rsa」オプションを付与してRSA暗号方式で作成します。

ssh-keygenコマンドが成功すると、.sshフォルダが生成されます。.sshフォルダ配下にはid_rsaとid_rsa.pubが生成されます。id_rsaが秘密鍵、id_rsa.pubが公開鍵です。
id_rsa.pubの内容をクリップボードにコピーしておきます。

sshサーバの設定

sshサーバの設定方法を紹介します。まず、id_rsa.pubの内容を.ssh/authorized_keysファイルに貼り付けます。

次に、サーバ側にopenssh-serverをインストールします。

コマンドが成功したら、ifconfigコマンドでIPアドレスを確認します。以下のように失敗する場合はnet-toolsをインストールしてからifconfigコマンドを実行してください。

次に、ssh-keygenコマンドでhostキーを作成します。

sshのサービスをstartさせます。

ssh接続

クライアント側からssh接続してみます。以下のコマンドを実行します。

無事にssh接続できました。
接続先で、何かコマンドを実行してみましょう。接続を終了するにはexitコマンドを入力します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。PowerShellからWSL2上のubuntuにssh接続を行う方法について紹介しました。
ぜひご自身でコマンドを打ち込んで、理解を深めてください。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。