ネプラスのテックブログ。ネットワーク、クラウド、サーバなどのITインフラ情報を中心に発信中。

  1. ネプラス インフラエンジニア採用
  2. テックマガジン
  3. サーバー
  4. Google Cloud Platformとは?代表的なサービスや特徴を紹介

Google Cloud Platformとは?代表的なサービスや特徴を紹介

  • サーバー
  • テクノロジー
公開日時:   更新日時:
Google Cloud Platformとは?代表的なサービスや特徴を紹介
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

    Google Cloud Platformとは?


    Google Cloud PlatformはGoogleが提供しているパブリッククラウドサービス、GCPと略されることが多いです。
    単体のサービスではなく、複数のパブリッククラウドサービス群をまとめて指します。
    GCPのサービスの中で、早くからサービスを開始したのはGoogle App Engineで、2008年4月から提供を開始しました。

    Google App Engineはウェブアプリケーションの開発やバージョン管理を行うためのサービスです。
    2010年5月にはGoogle Cloud Storageのサービスを、さらに2013年12月にはGoogle Compute Engineのサービスを開始しました。
    現在では20種類以上ものサービスを提供しています。

    クラウドインフラサービスは、GCPの他にAmazonが提供するAWSや、IBM Cloud、Alibaba Cloudなどが有名です。
    その中でGCPのグローバルシェアは約15パーセントを占めます。
    GCPはソニーやメルカリ、キユーピー、全日本空輸など国内の有名企業で導入事例が多いです。

    Google Cloud Platformでできること


    Google Cloud Platformを利用することで、コンピューティングやAI学習、機械学習、データ分析、IoT、API管理、データベース、デベロッパーツール、管理ツール、メディア、ネットワーキング、セキュリティ、ストレージ、データ移行などさまざまなことができます。

    Google Cloud Platformの代表的なサービス3つ


    Google Cloud Platformではさまざまなサービスが提供されているため、どのようなサービスを利用すればいいのかわからないという方も多いでしょう。
    ここではGoogle Cloud Platformの代表的なサービス3つをご紹介します。

    1:Google App Engine

    Google App EngineはGoogleのインフラ上でアプリケーション開発や実行、バージョン管理を行うためのサービスで、Google Cloud Platformの中でも早い段階から開始されたサービスです。
    PHPやPython、Java、Goなどの言語に対応しています。

    2:BigQuery

    BigQueryはビッグデータを高速に解析できるプラットフォームです。
    もともとはGoogle社内で利用していた大規模クエリ実行プログラムを、外部ユーザーが利用できるようにしたものです。
    誰でも簡単に、規模の大きなデータ解析が高速処理できるようになります。

    3:Cloud Machine Learning Engine

    Cloud Machine Learning EngineはTensorFlowの実行環境を提供するサービスで、機械学習モデルを簡単に構築できます。
    もともとはGoogle社内で利用していた機械学習のクラウド環境を、外部ユーザーが利用できるようにしたものです。

    Google Cloud Platformのメリット5つ


    Google Cloud Platformの導入を検討している方の中には、具体的にどのようなメリットがあるのか知りたいという方も多いのではないでしょうか。
    ここではGoogle Cloud Platformを利用するメリット5つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

    1:ネットワークが速く安定している

    Google Cloud Platformはデータセンターで独自開発のネットワーク機器を使用していることから、ネットワークが高速です。
    さらに同一のグローバルIPアドレスであればマルチ拠点でアクセスすることも可能となっており、ネットワークのスピードが速く安定している点はメリットだと言えるでしょう。

    2:急増したアクセスの負荷に耐えられる

    Google Cloud Platformはトラフィックにすみやかに対応できる仕組みになっていることから、急にトラフィックが増加したとしてもアクセス増加の負荷に耐えることが可能です。
    そのため、安定したインフラ環境を利用することができます。

    3:運用にかかるコストが低い

    Google Cloud Platformは従量課金制の料金設定になっているため、使った分だけ秒単位での料金が請求されます。
    また、長期間利用することで自動的に割引が適用されるなどのサービスもあることから、運用にかかるコストを抑えることができます。
    月額固定などと違って使わない分は請求もされないことから、スモールスタートにもおすすめです。

    4:AI分野のサービスも充実している

    Google Cloud Platformでは機械学習などのAI分野のサービスも提供しており、機械学習用のオープンソースライブラリであるTensorFlowや、ビッグデータ解析サービスであるBigQueryなどが活用できます。
    そのため、Google Cloud Platformを利用することでGoogleの最先端技術を使ったデータ解析も実現できます。

    5:セキュリティが高く保たれている

    Google Cloud Platformはセキュリティも高く、第三者認証の「FIPS 140-2」を取得しています。
    そのため、データの送受信や保管などを高度なセキュリティで行ってくれることから、自社でデータ管理などを行うよりも高いセキュリティを保てるでしょう。

    Google Cloud Platformのデメリット


    ここまでご紹介したとおりGoogle Cloud Platformにはさまざまなメリットがありますが、一方でデメリットもあります。
    そのため、Google Cloud Platformの利用を検討する場合はメリットだけでなくデメリットについても把握しておくことが大切です。
    ここではGoogle Cloud Platformのデメリットをご紹介します。

    英語の知識が必要

    さまざまなサービスが利用できるGoogle Cloud Platformですが、日本語対応はあまり進んでいません。
    ある程度の英語力が無ければ、Google Cloud Platformのドキュメントを理解することは難しいでしょう。
    そのため、英語が苦手な人はGoogle Cloud Platformを活用するのは難しいと言えます。

    AWSとの違い


    Google Cloud Platformと同様に、Amazonが提供しているクラウドコンピューティングサービスであるAWSは非常に有名です。
    それではAWSとGoogle Cloud Platformではどのような違いがあるのでしょうか。
    ここではAWSのメリット、デメリットについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

    AWSのメリット

    AWSは175を超える膨大な数のサービスを提供しており、ユーザーの目的に合わせてさまざまなサービスを組み合わせて利用することができます。
    また、RDBMSライセンスとしてはOracleのサポートもあります。
    そのため、Google Cloud Platformよりも豊富なサービスを利用して柔軟に活用したいということであれば、AWSを利用すると良いでしょう。

    AWSのデメリット

    AWSはサービスの数が多すぎるため、企業によっては活用するのが難しいケースがあります。
    また、コンピューティングの起動速度はGoogle Cloud Platformが約40秒以内であるのに対して、AWSは約1分かかります。
    そのため、起動の速さやビッグデータ解析、機械学習関連のサービスを重視したいという場合は、AWSよりもGoogle Cloud Platformを利用するのがおすすめです。

    Google Cloud Platformについての理解を深めよう


    GCPを利用すれば、アプリ開発もデータウェアハウジングも効率アップが図れます。
    エンジニアとして活躍するには、GCPを扱える程度のスキルが求められることが多いため、ぜひ扱えるようになっておきましょう。
    転職の際にも有利に働くかもしれません。

    FEnetを運営しているネプラス株式会社はサービス開始から10年以上
    『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、
    多くのインフラエンジニア・ネットワークエンジニアの就業を支援してきました。
    ネプラス株式会社ロゴ

    ネプラス株式会社はこんな会社です

    秋葉原オフィスにはネプラス株式会社をはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • インフラ業界に特化

      インフラ業界に特化

      ネットワーク・サーバー・データベース等、ITインフラ業界に特化。Cisco Systemsプレミアパートナーをはじめ各種ベンダーのパートナー企業です。

      業界を知り尽くしているからこそ大手の取引先企業、経験豊富なエンジニアに選ばれています。

    • 正社員なのにフリーランスのような働き方

      正社員なのにフリーランスのような働き方

      正社員の方でも希望を聞いたうえでプロジェクトをアサインさせていただいており、フリーランスのような働き方が可能。帰社日もありません。

      プロジェクト終了後もすぐに次の案件をご紹介させていただきますのでご安心ください。

    • 大手直取引の高額案件

      大手直取引の高額案件

      案件のほとんどが大手SIerやエンドユーザーからの直取引のためエンジニアの皆様へに高く還元できています。

      Ciscoをはじめ、Juniper、Azure、Linux、AWS等インフラに特化した常時300件以上の案件があります。

    • スキルアップ支援

      スキルアップ支援

      不要なコストを削減し、その分エンジニアの方へのスキルアップ支援(ネットワーク機器貸出、合格時の受験費用支給など)や給与で還元しています。

      受験費用例)CCNP,CCIE:6-20万円、JNCIS:3-4万円、AWS:1-3万円など

      ※業務に関連する一定の資格のみ。各種条件がありますので詳しくは担当者へにお尋ねください。

    • 現給与を保証します!

      100%現給与保証

      前職の給与保証しており、昨年度は100%の方が給与アップを実現。収入面の不安がある方でも安心して入社していただけます。

      ※適用にはインフラエンジニアの業務経験1年以上、等一定の条件がございます。

    • インセンティブ制度

      インセンティブ制度

      ネットワーク機器の販売・レンタル事業等、売上に貢献いただいた方にはインセンティブをお支払いしています。

      取引先企業とエンジニア側、双方にメリットがあり大変好評をいただいています。

    • 社会保険・福利厚生

      社会保険・福利厚生

      社員の方は、社会保険を完備。健康保険は業界内で最も評価の高い「関東ITソフトウェア健康保険組合」です。

      さらに様々なサービスをお得に利用できるベネフィットステーションにも加入いただきます。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      ネプラスは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    ネプラス株式会社に興味を持った方へ

    ネプラス株式会社では、インフラエンジニアを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    オンライン面接も随時受付中。ぜひお気軽にご応募ください。

    ネプラス株式会社へのご応募はこちら↓
    ネプラス株式会社へのご応募はこちら↓

    新着案件New Job