DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINとは?対処法8つを紹介

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINとは?対処法8つを紹介のアイキャッチイメージ

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINとは?

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINとは、ドメイン名をIPアドレスに変換する際に何らかの原因でエラーを起こしてしまって、その変換に失敗したときなどに起こります。主に、ユーザーがブラウザにURLを入力した際に起こるエラーです。DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINは突然起こることがあり、またエラーを解消するためには原因を把握して、適切な対処をする必要があります。

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINになるとどうなる?

インターネットでWebサイトを閲覧しているときなどに、DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINのエラーが出ると、ページが表示されなくなります。また、エラーが発生した際に使用していたブラウザによって、エラーの表示は異なります。急にエラーが出てサイトが見られなくなってしまうことで不安を感じ、パソコンが故障したのではないかと焦ってしまう人は多くいます。

Chrome

ChromeでDNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINが発生すると、サイトのページが表示されなくなり、「サーバのDNSアドレスが見つかりません。」、「このサイトにアクセスできません。」、「IPアドレスが見つかりませんでした。」などのエラーメッセージが表示されます。また、「DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAIN」という表記もされるためすぐにエラーとわかります。

Firefox

Mozilla FirefoxでDNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINが発生すると、サイトのページが表示されなくなり、「サーバが見つかりませんでした。」などのエラーメッセージが表示されます。また、「時間をおいて接続し直してください」、「ネットワーク接続を確認してください」などの簡単なエラーチェックも表示されます。

Internet Explorer

Microsoft EdgeではDNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINが発生すると、サイトのページが表示されなくなり、「このページを表示できません。」というシンプルなエラーメッセージが表示されます。また、「Webアドレスが正しいことを確認してください」などのメッセージは表示されますが、DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINが原因かどうかはわからないこともあります。

Safari

SafariでもDNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINが発生すると、サイトのページが表示されなくなり、「Safari Can’t Find the Server」というエラーメッセージが表示されます。Microsoft Edgeと同様に原因がDNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINかどうかわからないことがあるので、確認するのであれば同じサイトをChromeで開いて見ましょう。

エラーの原因とは?

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINとはドメイン名をIPアドレスに変換に失敗したときなどに起こるエラーで原因はいくつか考えられます。DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINを解消するための対処をするためには、まずそれらの原因を正確に把握する必要があります。

ネットワークの問題

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINが発生するよくある原因として、ネットワークの問題があります。パソコンやルーターの調子が悪く、ネットにうまく接続ができていない場合にはDNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINが発生することがあります。また、単純にLANケーブルが抜けていることや、Wi-Fiの設定が外れているという場合もあります。

DNSの問題

先に述べた通り、DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINはドメイン名をIPアドレスに変換する際に、何らかの原因でエラーを起こしてしまい発生することがあります。このドメイン名からIPアドレスの変換を行っているのがDNSサーバです。そのDNSサーバに接続できない場合もDNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINのエラーが発生します。

セキュリティソフトの問題

アクセスしようとしているサイトに危険性があるとセキュリティソフトが判断すれば、セキュリティソフトはそのサイトにアクセスができないようにブロックをしてくれます。どうしてもそのサイトにアクセスをしたいのであれば、セキュリティソフトを一時的に停止させて、再度そのサイトにアクセスしてみましょう。もし、サイトにアクセスができればセキュリティソフトが原因ということになります。

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINの対処法8つ

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINのエラーが発生した場合には、まずその原因を把握する必要があります。また、原因を把握することができれば、DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINのエラーを解消することができます。ただし、原因に合わせた対処をしないといけないため、どのような対処法があるかを知っておきましょう。

対処法1:DNSの設定を確認してみる

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINのエラーが発生した場合には、DNSが正常に動作しているかを確認してみましょう。また、設定も確認してみましょう。もし、DNSサーバの設定を変更した直後であれば、設定が間違っている場合や、まだ反映されていないなどの理由でDNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINが発生することもあります。

対処法2:DNSのキャッシュをクリアしてみる

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINはDNSキャッシュが原因で起こることもあります。DNSキャッシュとは、IPアドレスやドメイン名の問い合わせ結果を一定期間保存したデータのことです。DNSキャッシュはクライアント側とルーター側に保存されているので、これらをクリアすることでエラーが解消することがあります。

対処法3:TCP・IPスタックをリセットしてみる

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINのエラーが発生した場合、TCP/IPソケット接続をコマンドからリセットしてみましょう。TCP/IPのスタックも初期化されることになり、スタックで不具合が起こっていることがエラーの原因であった場合は修復されて改善される可能性があります。

対処法4:IPアドレスを再取得する

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINはドメイン名からIPアドレスに変換する際に、エラーが起こっている可能性があります。そのため、IPアドレスに問題があればエラーが発生してしまうこともあるので、DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINが発生した場合はIPアドレスを再取得して、状況が改善されないか確認してみましょう。

対処法5:ARPキャッシュをクリアする

ARPはあて先のIPアドレスからMACアドレスを求めるプロトコルです。そのARPが情報をやりとりすると、ARPキャッシュとしてARPテーブルに一定時間情報が残ります。そのARPキャッシュが古い情報になっていると、DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINの原因となってしまうことがあります。そのため、ARPキャッシュをクリアしてみましょう。

対処法6:ブラウザやパソコン、ネットワーク機器を再起動する

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINのエラーが発生したときに、最も簡単で試すべき対処法はブラウザやパソコンを再起動してみることです。再起動をすることでメモリーを初期化、ソフトを全て終了したりなどできるため、 設定が正常な状態に戻ることがあります。もし、ブラウザやパソコンを再起動してもエラーが解消されない場合は、モデム、ルーター、無線LANも再起動してみましょう。

対処法7:ブラウザのキャッシュをクリアする

ブラウザにもサイトにアクセスするたびにキャッシュが保存されていきます。このキャッシュもクリアすることでDNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINが解消することがあります。また、ブラウザのキャッシュと併せて、Cookieも削除するようにしておきましょう。これらも簡単にできるため、ブラウザやパソコン、ネットワーク機器を再起動でエラーが解消されなかった場合に試すと良いでしょう。

対処法8:プロバイダからの利用制限がないか確認する

ネットを利用するためにプロバイダと契約している場合、その利用料金を滞納したりすると、利用制限がかかって接続を切られてしまうことがあります。利用制限の解除方法はプロバイダによって異なるため、問い合わせをして現状と併せて確認しましょう。また、自身でサイトを運営していて独自ドメインを持っている場合は、サーバやドメインの利用料金が未払いになっている場合も、そのドメインのみアクセスできなくなったりします。

それでも直らなかったら

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINのエラーが発生したときには、その原因を把握して対処することで解消することができます。しかし、どれだけ調べてもDNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINの原因がわからず、どのような対処方法を試してもエラーが解消されないという場合もあります。そのような場合は、意外な理由でエラーが発生していることもあります。

DNSサーバからのメールを確認する

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINのエラーが発生した際に、どのような対処をしてもエラーが解消されないということがあります。そのような場合は、DNSサーバからのメールやホームページなどを確認しましょう。DNSサーバからメンテナンスの事前通知がされていることもあります。また、障害が発生している場合には、現状や復帰についての情報が掲載されていることもあります。

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINには慌てず対処しよう

今まで問題なく使えていたネットが急にDNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINというエラーによって、使えなくなってしまうことがあります。急なことなので慌ててしまう人もいるでしょう。しかし、ブラウザやパソコン、ネットワーク機器の再起動や、ブラウザのキャッシュをクリアするなど、簡単な対処で解決することもあるので、そのようなときは慌てずに、まず原因を把握しましょう。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。