Linuxでサーバを構築する方法をご紹介!できること6つとは?

Linuxでサーバを構築する方法をご紹介!できること6つとは?のアイキャッチイメージ

Linuxとは?

Linuxとは、Microsoft WindowsやMac OSの代わりに使うことができる、オペレーティングシステムです。

WindowsやMac OSとの大きな違いは、無料で使用できるオープンソースのオペレーティングシステムである点にあります。

「Linuxカーネル」をオペレーティングシステムの核として使用することで、ユーザーの要求するさまざまなニーズに応えることができるのです。

Linuxはサーバを構築できる

サーバとして使用する場合、Linuxは非常に優秀なオペレーティングシステムです。

Linuxは、UNIX系のOSの中でも代表的なものです。UNIX系OSは、複数のユーザーによる、複数のリクエストの処理を同時に行なうためのOSとして開発されました。

したがって、こうした機能を必要とするサーバを構築するために、Linuxは最適のOSと言うことができます。

サーバとは?

サーバとは、「サービスを提供するためのコンピューター」のことです。サーバーとユーザーは、インターネットを経由して繋がっています。

ユーザーができることは、Webページの閲覧、メールの送受信、SNSなど、さまざまなサーバー上のサービスを使用することです。サーバができることは、ユーザーのリクエストに応じて、さまざまなサービスを提供することです。

Linuxのサーバでできること6つ

Linuxは、さまざまなソフトウェアをサーバで使うことができます。

WindowsやMac OSによるサーバは、さまざまなソフトウェアを有償で使用しています。Linuxサーバは、サーバとしての機能が充実しているので、WindowsやMac OSによるサーバでできることのほとんどを、無償で同じように使うことができるのです。

では、その「できること」を見ていきましょう。

できること1:無料で使える

Linuxでできることとして、よく言われるのは、ライセンス料をかけずに使用できることです。

Windows系のOSと違い、LinuxはオープンソースのOSであるため、ライセンス料は発生せず、無料で使用することができます。

システムが大きくなるほど、ライセンス料は増大するため、個人はもちろん、企業にとっても無料で使用できることは大きなメリットです。

できること2:自分で調整できる

Linuxでできることの2つ目は、自分で好きなようにカスタマイズして使えることです。

まず、プログラムを実行した結果として起きる動作を、違う結果に変えることができます。また、プログラムそのものを改良すること、改良したプログラムを自由に配布することもできます。

いずれも、LinuxがオープンソースのOSであればこそ、できることであり、日々その機能は充実していくのです。

できること3:接続環境を作りやすい

ネットワーク環境においてのLinuxの強みは、強力で整備された通信能力を発揮できることです。

これは、Linuxの基盤となっているUNIXが、ネットワーク環境で使用することを前提に開発されたOSだからです。

いくつものサーバアプリケーションを同時に稼働させ、簡単にデータ処理をすることもできます。また、WindowsOSに比べてセキュリティが高く、安全に使用できるという利点もあります。

できること4:トラブルに対応しやすい

LinuxはオープンソースのOSなので、ユーザー同士の互助関係がしっかりしています。これは、トラブルに陥った場合、解決が容易だということでもあります。

「Linux FAQ」といったキーワードで検索すれば、疑問を解決してくれるIT系の記事や、コミュニティのサイトを多く見つけることができます。自分だけでは解らなかった問題点を指摘してもらい、改善していくことが可能です。

できること5:さまざまなOSで稼働できる

Linuxはそれ自体がOSの核ですが、Windows系のさまざまなOSにインストールすることができます。異なるOSにインストールすることで、Linuxの仮想マシンを作成するのです。

この機能の利点は、本格的なサーバ構築の前に、Linuxがどのように稼働するかを確認できることにあります。新たなハードウェアや環境を整えなくても、気軽にLinuxサーバを試してみることができるのです。

できること6:サーバの種類を選べる

サーバとは、ユーザーの要求(リクエスト)に対して、データを提供するシステムのことを指します。

インターネットを閲覧できるのも、メールを使用できるのも、それぞれのサーバが、その機能に基づいて、サービスを提供してくれているからです。Linux上では、さまざまなサーバを動かすことができます。

どのようなサーバがあるのか、主だったものを見ていきましょう。

サーバーの種類1:Webサーバ

Webブラウザーがリクエストを送る相手が、Webサーバです。Webサーバには、Webサイトの情報や画像ファイルなどを保存することができます。

Webブラウザーからのリクエストに応えて、これらのデータを送信するのも、Webサーバができることのひとつです。リクエストされたデータがWebサーバ内に存在しない場合、サーバ内を整理してリクエストに対応するのもWebサーバの役目です。

サーバの種類2:メディアサーバー

メディアサーバは、動画、音声、画像といったメディア系のデータを保管するためのサーバです。

メディアサーバにできることは、ネットワークによって繋がれたパソコン、テレビ、オーディオ機器などからのリクエストを受け、希望のコンテンツを提供することです。

接続のためのルールが同じなら、異なるメーカーの機器でも同じメディアサーバに繋げられるので、自宅のあちこちで同じコンテンツを楽しむことができます。

サーバの種類3:データベースサーバ

データベースサーバには、データベースが搭載されています。

データベースとは、複数のデータを処理しやすいように整理した情報の集まりのことで、解りやすい例では、住所録や図書館の蔵書目録などが、これにあたります。

データベースサーバは、これらの情報の集まりを保存、管理しています。データベースサーバにできることは、リクエストに応えてデータベース内の情報を検索し、その結果を返すことです。

サーバーの種類4:メールサーバ

メールサーバにできることは、名前のとおり、メールを送受信することです。

メールサーバは、メールを送信するための機能、固有のメールアドレスでメールを受信するための機能、送信先のアドレスを探すための機能を持った、3つのサーバによって構成され、その役割を果たしています。

メールサーバを構築して使用するためには、この3つのサーバの働きを理解しておくことが重要になります。

サーバの種類5:組み合わせることも可能

サーバを組み合わせてできることは、それぞれのサーバ固有の機能を活かし、より細かなサービスを提供することです。

Webサーバを例に取ってみましょう。

Webサーバはデータベースサーバと連携することで、より詳しい検索結果をユーザーに提供することができます。メールサーバと組み合わせれば、Web上でもメールの送受信ができるサービスを提供することができます。

Linuxでサーバ構築をする方法6つ

サーバの構築とは、サーバ固有のサービスを提供するために、システムや環境を作ることです。

異なる機能を持つサーバを組み合わせて構築すれば、できることが増え、ユーザーに提供できるサービスの幅も広がります。サーバを構築する際には、こうした組み合わせについても考えることが必要です。

では、サーバ構築のために必要な方法を挙げていきます。

サーバ構築方法1:サービスを決める

どんなサービスを提供するかは、サーバを構築するための基盤となる、重要な事柄です。前述したとおり、Linuxの利点はさまざまな種類のサーバを使用できることです。

これは、さまざまなサービスを提供できること、と言い換えられます。つまり、提供するサービスを決め、それに適したサーバを構築することで、より良いサービスを提供できることになるのです。

サーバ構築方法2:サービスの範囲を決める

サービスを提供するためには、誰に向けてのサービスかを明確にしておく必要があります。

少人数を対象にしたサービスに対し、処理能力が極端に高い、ハイスペックなサーバを構築する必要はありません。その逆で、多人数にサービスを提供する場合、処理速度が遅い、一度に処理できる情報量が少ないサーバを構築したのでは、サービスの質に影響が出ます。

サービスする対象に見合った規模のサーバを構築することが必要です。

サーバ構築方法3:サービスを提供する場所を決める

Linuxサーバの利点は、使う場所によって変わってきます。

自宅で使用する場合は、無料で使用できることが利点です。無料であるため、Windows系のサーバよりも気軽に構築して使用できることになります。

企業が、インターネットを介したWebサービスにLinuxサーバを使用する場合の利点は、セキュリティが高いことです。Windows系のOSにくらべ、LinuxOSは外からの攻撃に対して強いのです。

サーバー構築方法4:Linuxディストリビューションを決める

Linuxディストリビューションは、LinuxOSの用途によって、どれが最適かで変わってきます。

サーバとして使用する場合、重要なポイントは、安定した運用ができるか、セキュリティ面がしっかりしているか、という点です。

このうち、安定した運用について高評価を得ているディストリビューションは、「Ubuntu」、「CentOS」などです。セキュリティ面では、「Slackware」が優秀です。

ディストリビューションとは?

Linuxとは、「Linuxカーネル」という、OSの核となるものを指します。

LinuxカーネルだけではOSとして機能しないため、使用用途に合わせてさまざまなアプリケーションをカーネルと組み合わせ、1つのOSとして使えるようにしたものが、Linuxディストリビューションです。

用途別に構成されているので、LinuxOSはディストリビューションの数だけ存在するとも言えます。

サーバ構築方法5:アプリケーションを決める

構築したLinuxサーバで提供したいサービスの内容によって、使用するアプリケーションを決める必要があります。アプリケーションによって、サービスできることが違ってくるからです。

たとえば、メディアサーバとしての機能を使うためのアプリケーションで構成されたディストリビューションでは、メールサーバとしてのサービスを提供することはできません。アプリケーションを決めるのは重要なことです。

サーバ構築方法6:言語を決める

Linuxサーバを使用するには、プログラミング言語を使ってプログラムを組み、サーバを動かす必要があります。

サーバが提供するサービスによって、適性のある言語が変わってくるため、言語を決めるのは大切なことです。

Webサービスを提供する場合には「PHP」、多くの機能を同時に実装するには「Ruby」、汎用性の高さでは「Java」など、それぞれ特徴があります。目的によって、使う言語を決めましょう。

Linuxでサーバを構築してみよう

ここまで、Linuxサーバの構築に際してのメリットを挙げてきました。無料で使用できること、他のOS系のサーバより安全に運用できること、豊富にあるディストリビューションの中から、用途に応じて適切なものを選択して使用できること、などです。

Linuxサーバを構築するのは、難しいことではありません。積極的に構築し、いろいろな用途に使える自由度の高さを楽しみましょう。