AmazonのAWS EC2とは?初心者が知っておきたいEC2の5つの魅力

AmazonのAWS EC2とは?初心者が知っておきたいEC2の5つの魅力のアイキャッチイメージ

そもそもAWSとは


AWSとは、Amazon Web Servicesのことで、Amazonが提供するクラウドコンピューティングシステムのサービスです。
クラウドコンピューティングサービスの中でも、AWSは高いシェアを誇り、豊富な機能や巨大なコミュニティを備えています。
そのため、クラウド導入時に、検討されるサービスの1つです。
今回は、その中でAmazon EC2について紹介します。

Amazon EC2とは


Amazon EC2は、Amazon Elastic Cloudのことで、伸縮性のあるというElasticの名の通り、サイズ変更が可能な仮想サーバーです。
開発者がLinuxやWindowsなどの仮想サーバーを立ち上げる際に活用することができます。
Amazon EC2は数分で新しいサーバーインスタンスを取得することができるため、サーバー構築に必要なハードウェアを事前に準備する手間を省くことができ、必要な分だけ仮想サーバーを起動して、セキュリティやネットワーキングの設定、ストレージの管理をすることができます。
また、Amazon EC2では要件が変更した場合や需要が増加した場合なども、必要に応じて迅速に容量のスケールアップやスケールダウンをすることができるため、サーバーのトラフィック予測も不要となります。

インスタントとは

AmazonのEC2では、仮想サーバーをインスタンスという単位で表現します。
例えば、Webサーバーとデータベースサーバーを分けて運用する場合、2つの仮想サーバーを準備する必要がありますが、その際には2つのインスタンスを用意します。
インスタンスは、必要に応じて増減したり、既存のインスタンスをコピーして使用したり、簡単に運用できるため、柔軟なインフラ構築が可能です。

Amazon EC2の5つの魅力


では、Amazon EC2の仮想サーバーを使用するメリットを紹介します。
ポイントは、全部で5つありますので、1つずつ見ていきましょう。

1:スペック変更が柔軟

Amazon EC2ではスペックの変更を柔軟に行えます。
必要なときに、CPUやメモリ、ストレージのサイズを変更したり、サーバーの台数を増減することが可能です。
日中と夜間でスペックを変更したり、週末と平日で台数を変更するなど、様々な状況に対応できます。
繁忙期やサイトの成長に合わせて、スペックの変更が行えるため、ITリソースを無駄にすることなく、構築できます。

2:構築時間が短くなる

通常のサーバーであれば、発注、納品、取付、設定やOS等のインストールを行い、サービスの稼働まで多くの時間と労力を要します。
それに対し、Amazon EC2では、管理者画面やAPI経由で操作し、数クリック、数分で構築が完了します。

3:冗長化が簡単

Amazon EC2では、これまでの物理サーバーでの運用と違い、ゾーンを別々に分けることで、別のデータセンターを利用できます。
そのため、別々のデータセンターを使った冗長化が簡単に行えます。
また、インスタンスのテンプレート化や複製が行える為、導入やインストールなどの作業も素早く済ませることができ、冗長化の導入も非常に簡単に、かつ低コストで行うことが可能です。

4:従量課金によるコストメリット

Amazon EC2は、初期費用がかからず、利用量に合わせた従量課金制なので、状況やタイミングに合わせてサービスを停止したり、必要なくなった際にはデータを削除することでコストを削減することが可能です。
また、繁忙期だけリソースを増強したり、新規プロジェクトの為に実験的にサービスを追加したり、ユーザー数に合わせてスモールスタートも可能です。
もしもの撤退時、コストも最小化し、コスト面でも大きなメリットがあります。

5:可用性・信頼性・安全性の高い仮想サーバー

Amazon EC2は、高い可用性と信頼性を実現でき、安全性の高い仮想サーバーの構築が可能です。これは、AWSの各リージョンが、最小でも3つのアベイラビリティーゾーンで構成されていることで、可用性の高い構築が可能だからです。
Amazon EC2でアプリケーションなどを運用する際に、別々のリージョンまたはアベイラビリティーゾーンで運用することで、障害発生時にもパフォーマンスを落とすことなく、サービスを提供し続けることが可能です。

Amazon EC2の料金体系


Amazon EC2には、大きく分けると3つの料金体系があります。
使用用途に合わせた、プランが選べるので、1つずつ見ていきましょう。

1:オンデマンドインスタンス

オンデマンドインスタンスでは、長期契約などはなしで、時間または秒単位(最低60秒)で支払うことが可能です。
その為、使用しない期間や時間の維持に伴うコストや手間を省き、固定費となってしまう運用コストなども必要なくなります。
また、使用するコンピューティングキャパシティーの性能や種類によって費用が変わりますが、サービスの使用用途や状況に合わせて変更ができるので、ハードウェアのプランニングも簡単に最低限のコストで実現可能です。
オンデマンドインスタンスは下記の様なパターンに向いています。

  • 前払いや長期間の使用予定が無い場合
  • Amazon EC2で低コストや柔軟性を重視して使用したい場合
  • 短期間やスパイク、また予測不能な負荷が起きても中断できないアプリケーション
  • 初めてAmazon EC2を使用するアプリケーション

2:リザーブドインスタンス

リザーブドインスタンスでは、キャパシティーを予約して、必要なときに安心してインスタンスを作成できます。
また、オンデマンドインスタンスに比べて大幅に割引されるため、使用量が予測できていたり、一定と決まっている場合には、リザーブドインスタンスを使用することでコストを大幅に削減することが可能です。
リザーブドインスタンスは下記の様なパターンに向いています。

  • 定常的に使用するアプリケーション
  • キャパシティーが常に決まっており、その要件を崩せないアプリケーション
  • コスト削減のため、Amazon EC2を1年以上の長期にわたって使用することが確定している場合

3:スポットインスタンス

スポットインスタンスでは、AWSクラウドで使用されていないキャパシティーを活用します。そのため、オンデマンドインスタンスよりも高い割引価格で使用することが可能です。
ただし、スポットインスタンスでは、最高支払額を設定しておくため、それを超える場合はインスタンスが終了、または停止や休止する可能性があるので注意が必要です。
スポットインスタンスは下記の様なパターンに向いています。

  • 開始や終了が柔軟に対応できるアプリケーション
  • 低コストなインスタンスで使用されたい場合
  • 緊急なコンピューティングニーズを有する場合

Amazon EC2は魅力溢れるサービス


Amazon EC2は、仮想サーバーを導入する上で、非常に魅力的なサービスです。
簡単なユーザーインターフェースにより、手間や時間をかけず、必要なコンピュータリソースを、必要なときに必要な分だけ、使用できる環境を構築できます。
新しくサーバー導入する際や、既存のサービスやアプリケーションの切り替えの際など、参考にしてみてください。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

AWSのスナップショットのメリット4つ!作成方法や復元方法も解説... スナップショットはインフラ構築で必要 人為的ミスやアプリケーションエラー、ウイルス感染などによるデータ消失に備えて必ず行わなければいけない作業が、バックアップです。 しかし、バックアップを行うためにはサービスを一時停止しなければいけません。 グローバル化が進んでいる昨今では、常にシステムが...
Amazon Lightsailとは?4つの特長やEC2との違い... Amazon Lightsailとは Amazon Lightsailとは、AWSが提供している、仮想プライベートサーバーサービスのことです。 コンピューティング環境やストレージ、ファイアウォール、DNS機能、ロードバランサー機能など、WebサイトやWebサービスのサーバーとして必要な機能だ...
クラウドを扱うインフラエンジニア向け。AWS Loft Tokyoを活用する方法... ここではインフラエンジニアのために用意された「AWS Loft Tokyo」という施設について、概要や利用方法をご紹介します。 エンジニアがAWS Loft Tokyoを使うことで得られるメリットも合わせてご紹介するので、興味のある方はご一読ください。 AWS Loft Tokyoとは A...