sshでのport番号の変更方法とは?port番号を変更してssh接続する方法をご紹介!

sshでのport番号の変更方法とは?port番号を変更してssh接続する方法をご紹介!
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

sshでのport番号の変更方法とは?


セキュリティ対策のためにssh接続のport番号を変更することがあります。
今回は、ssh接続でのport番号の変更方法について説明します。

ここでは、sshクライアントはPowerShell、sshサーバはWSL2(Windows Subsystem for Linux 2)のubuntuとします。WindowsPC 1台で完結します。
ssh接続でのport番号の変更方法に興味のある方はぜひご覧ください。

環境情報

PowerShellからWSL2のubuntuにssh接続します。sshクライアントの情報は以下です。

sshサーバの情報は以下です。

ssh接続(port番号変更前)

port番号を変更する前に、デフォルトでssh接続できることを確認します。まず、sshサーバ側(ubuntu)でサービスを起動します。

次にsshクライアント側(PowerShell)からssh接続します。

port番号の変更

ssh接続のport番号の変更方法を紹介します。まず、接続待ちをしているTCP、UDPポートを表示してみます。

sshのサービスが起動しているので、デフォルトの22番portで接続待ちをしている状態です。

次に、設定ファイル(/etc/sshsshd_config)を編集します。事前にバックアップを作成しておきます。

/etc/sshsshd_configのport番号を修正します。ここでは、2222番portを使用します。

diffコマンドで修正内容を確認してみます。

次に、sshサービスを再起動します。

接続待ちをしているTCP、UDPポートを表示してみると、2222番portで接続待ちをしている状態です。

正常にport番号を変更できました。

ssh接続(port番号変更後)

変更されたport番号でssh接続してみます。-pオプションでport番号を指定します。省略すると、デフォルトの22番portで接続します。

変更した2222番portでssh接続できることが分かります。

当然ですが、デフォルトの22番portでは接続できません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ssh接続でのport番号の変更方法について説明しました。ここでは、sshクライアントはPowerShell、sshサーバはWSL2(Windows Subsystem for Linux 2)のubuntuとしました。

ぜひご自身でコマンドを書いて、理解を深めてください。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。