おすすめの仮想マシン3選!おすすめする理由5つとアーキテクチャ

おすすめの仮想マシン3選!おすすめする理由5つとアーキテクチャのアイキャッチイメージ

仮想マシンとは

仮想マシンとは仮想化の技術を利用して仮想のコンピュータシステムとして機能させることです。

仮想マシンは物理ハードウェアシステム上に作成されるもので、CPUやメモリー、ネットワークのインタフェース、ストレージを持っています。

そのため、物理ハードウェアシステム上に仮想マシンを構築することによって、1台のコンピュータで複数のコンピュータを動かすことが可能になります。

仮想マシンをおすすめする理由5つ

仮想マシンをおすすめする理由をご紹介します。

仮想マシンはコンピュータを扱うビジネスパーソンであれば知っておきたい技術です。しかし仮想マシンを構築することにどのようなメリットがあるのか、具体的にはわからないという方も多いのではないでしょうか。

ここでは仮想マシンをおすすめする理由5つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

仮想マシンをおすすめする理由1:セキュリティの強化

仮想マシンを利用することでセキュリティの強化ができます。

仮想マシンを利用して複数のOSを実行する場合、それぞれのOSは独立して動作しているため、実行しているうちの1つの仮想マシンでトラブルが発生しても他の仮想マシンには影響が出ることはありません。

そのため、仮想マシンを利用してそれぞれ別のOSでサービスを提供することにより、セキュリティを強化することにつながります。

仮想マシンをおすすめする理由2:サーバマシンの台数削減

仮想マシンを利用することでサーバマシンの台数削減が可能になりおすすめです。

一般的には1台のコンピュータで1つのOSを動作させることになるため、サーバマシンの台数も必要な数だけ用意する必要があります。

しかし仮想マシンを利用することで1台のコンピュータ上で複数のOSを利用することができるため、物理的なサーバマシンの数を減らすことができ、メンテナンスなどの手間を減らせます。

仮想マシンをおすすめする理由3:管理コスト削減

仮想マシンを利用することで管理コスト削減が可能になりおすすめです。

前述のとおり、ハードウェアの数が多くなるとそれだけメンテナンスの手間が発生します。仮想マシンを利用しない場合、必要な数だけサーバを用意したり、負荷分散のためのハードウェアも複数用意する必要があります。

そのため、仮想マシンを利用してハードウェアの数を減らすことには、管理コストを削減するという目的もあります。

仮想マシンをおすすめする理由4:実験環境として使う

仮想マシンを利用することで実験環境として使うことが可能になるためおすすめです。

仮想マシンであれば簡単にOSを利用できるため、使ったことのないOSを使うのにも適しています。

また、仮想マシンの中には環境を元の状態に簡単に戻せる機能を持っているものもあるため、アプリをインストールして使用してみて、問題が発生した場合にはすぐに元の状態に戻すこともできます。

そのため、仮想マシンは実験環境としても最適です。

仮想マシンをおすすめする理由5:オペレーティングシステムの混在

仮想マシンならオペレーティングシステムを混在させることができるためおすすめです。

仮想マシンでは、WindowsやMacOS、Linuxなどの異なるOSを混在させて使うことができます。また、一台のサーバだけですべてのOSやBSDを実行させることも可能です。

そのため、システム開発の際にも一台のサーバ上でさまざまなOSでのシステム稼働確認ができるというメリットがあります。

おすすめの仮想マシン3選

おすすめの仮想マシンをご紹介します。

ここまで仮想マシンのおすすめ理由についてご紹介していきましたが、実際に仮想マシンを利用する場合、どれを利用すればいいのかわからないという方も多いでしょう。

ここではおすすめの仮想マシン3選をご紹介しますので、仮想マシンを選ぶ際の参考にしてください。

おすすめの仮想マシン1:VirtualBox

VirtualBoxはOracle社より提供されているおすすめの仮想マシンです。

仮想マシンの中でも有名なVirtualBoxは、USB機器の利用ができることが大きな特徴です。無料でインストールすることができ、利用も無料なので利用したことがある方も多いでしょう。

環境を元の状態に簡単に戻せるスナップショット機能もついているおすすめの仮想マシンです。

おすすめの仮想マシン2:KVM

KVMはLinuxに組み込まれているおすすめの仮想マシンです。

KVMは「Kernel-based Virtual Machine」の略で、Linuxカーネル 2.6.20以降に搭載されている仮想マシンです。

Linuxユーザーにおすすめの仮想マシンですが、Linuxに組み込まれている仮想マシンなので、WindowsOSでは使うことができません。

おすすめの仮想マシン3:VMware Workstation Player

VMware Workstation PlayerはVMware社より提供されているおすすめの仮想マシンです。

VirtualBoxと同様に有名で、非常に使いやすい仮想マシンです。そのため、はじめて仮想マシンを利用する初心者にもおすすめです。

VMwareには有償版と無償版がありますが、VMware Workstation Playerは機能は制限されますが無料で使える無償版となっています。

仮想マシンのアーキテクチャの種類3つ

仮想マシンのアーキテクチャの種類をご紹介します。

実際に仮想マシンを使用する場合、どのようにして使用すればいいのかわからないという方も多いでしょう。

仮想マシンのアーキテクチャには、大きく分けて「コンテナ型」「ホスト型」「ハイパーバイザー型」という3つの種類があります。

ここでは最後に仮想マシンのアーキテクチャの種類3つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

仮想マシンの種類1:コンテナ型

コンテナ型の仮想マシンは物理マシンサーバにホストOSをインストールし、コンテナ管理ソフトウェアをインストールする方法です。

コンテナ型は、アプリケーションやソフトウェアを実行環境とともにコンテナイメージとして包括することからコンテナ型と呼ばれています。

コンテナイメージ、コンテナ型仮想化ソフトウェアともに軽量なため、コンテナイメージは共有や編集が可能となっています。

仮想マシンの種類2:ホスト型

ホスト型の仮想マシンは物理マシンサーバにホストOSをインストールし、1ソフトウェアとしてホスト型の仮想化ソフトウェアをインストールする方法です。

ホスト型はホストOSとは異なるOSをゲストOSとしてインストールできると言う特徴があります。また、仮想化ソフトウェア以外にもリソースがあればアプリケーションを実行することができます。

仮想マシンの種類3:ハイパーバイザー型

ハイパーバイザー型の仮想マシンは物理マシンにハイパーバイザー型仮想化ソフトウェアをインストールする方法です。

ハイパーバイザー型は仮想化ソフトウェアを利用することで物理マシンのホストOSが不要になるため、ハードウェアを直接制御することが可能になります。

また、ハイパーバイザー型は「モノリシックカーネル型」と「マイクロカーネル型」の2種類にわかれます。

モノリシックカーネル型

モノリシックカーネル型とは仮想マシンを実行するためのすべての機能をハイパーバイザーに持たせる方式です。

ハイパーバイザーがすべての機能を担うため、コンテキストスイッチがなく、処理が速いというメリットがあります。

マイクロカーネル型

マイクロカーネル型とはハイパーバイザーに持たせる機能を最小限に抑える方式です。

仮想マシンの管理やデバイスドライバーを権限を持たせた仮想マシンに任せるため、通常のOSのデバイスドライバーがそのまま使えるというメリットがあります。

また、セキュリティ上も安全性が高いです。

仮想マシンにトライしよう

さまざまなメリットがある仮想マシンを利用してみましょう。

仮想マシンを利用することで、1台のサーバで複数のOSを利用することができるようになるため、セキュリティの強化や管理コスト削減など多くのメリットがあります。

ぜひこの記事でご紹介した仮想マシンのおすすめ理由やおすすめの仮想マシンなどを参考に、仮想マシンを利用してみてはいかがでしょうか。