エンジニアの転職を支援するFEnetインフラのテックブログ。ネットワークなどのITインフラ情報を中心に発信中。

  1. FEnetインフラ
  2. FEnetテックマガジン
  3. テクノロジー
  4. エンジニアなら判断できて当たり前!シャドーITと「BYOD」の違いとは

エンジニアなら判断できて当たり前!シャドーITと「BYOD」の違いとは

  • テクノロジー
公開日時:   更新日時:
エンジニアなら判断できて当たり前!シャドーITと「BYOD」の違いとは
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

    会社側が把握していないIT機器を使い業務を行うことを「シャドーIT」といいます。
    それに関連した言葉として「BYOD」があります。
    この2つは同じように語られることも多いですが、明確な違いがあります。
    本記事ではシャドーITとBYODの違いについてご紹介します。

    BYODの概要

    BYOD(Bring Your Own Device)は、直訳すれば「自らのデバイスを持ち込む」をという意味です。
    個人で所有しているパソコンやスマートフォン、タブレットなどを会社に持ち込み、仕事に利用する仕組みのことです。
    BYODが導入されるきっかけは、個人でも高性能のスマートフォンやタブレット端末などを所有できるようになったことが挙げられます。
    またインターネットに接続できれば、どのデバイスからでも利用できるクラウドサービスが普及したことも一因です。
    情報管理をクラウドなどに一本化することで、業務効率を上げることができますが、利便性が向上する一方で、個人の端末から会社が管理すべき情報へ個人の端末からアクセスできるというセキュリティ上のリスクも孕んでいます。
    そのためBYODを認めるのであれば、リスクを踏まえた上で、利用方法や管理できる仕組み、セキュリティ対策をとることが推奨されています。

    シャドーITとの違い

    BYODは会社から承認を受けた個人のIT機器やサービスを利用します。
    一方でシャドーITは、会社から承認されていないIT機器やサービスを勝手に利用することを指します。
    そのため「勝手BYOD」とも呼ばれています。
    BYODは利便性や業務効率化が期待されますが、承認された機器とそうでない機器の見分けがつきにくく、シャドーITにつながりやすい危険性があります。
    またどちらも端末を紛失すると、情報が漏洩する可能性が考えられます。
    個人のデバイスから電子メールやオンラインストレージなどのアクセスすることで、ウイルス感染や不正アクセスにつながることもあります。
    ただしBYODの場合は承認を受けたデバイスを利用するので、トラブルが発生した際に「どこからトラブルが起こったのか」を発見しやすくなります。
    一方でシャドーITの場合は、承認を受けていないデバイスを使用するため、どこからトラブルが起きたら分からず、問題解決まで時間を要する可能性があります。
    また社員側も、なかなか自分のデバイスが原因とは言いづらいため、さらに発見が遅れる場合も考えられます。

    どちらも対策が必須

    BYODとシャドーITは、どちらも個人所有のデバイスを持ち込みますが、それが「承認されたもの」か「承認されていないものか」の違いがあります。
    ただし承認されているデバイスを使うBYODも、セキュリティ上のリスクが考えられますので、対策を行う必要があるでしょう。

    FEnet経験者優遇! 最短10秒!

    FEnetを運営しているネプラス株式会社はサービス開始から10年以上
    『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、
    多くのインフラエンジニア・ネットワークエンジニアの就業を支援してきました。
    ネプラス株式会社ロゴ

    ネプラス株式会社はこんな会社です

    秋葉原オフィスにはネプラス株式会社をはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • インフラ業界に特化

      インフラ業界に特化

      ネットワーク・サーバー・データベース等、ITインフラ業界に特化。Cisco Systemsプレミアパートナーをはじめ各種ベンダーのパートナー企業です。

      業界を知り尽くしているからこそ大手の取引先企業、経験豊富なエンジニアに選ばれています。

    • 正社員なのにフリーランスのような働き方

      正社員なのにフリーランスのような働き方

      正社員の方でも希望を聞いたうえでプロジェクトをアサインさせていただいており、フリーランスのような働き方が可能。帰社日もありません。

      プロジェクト終了後もすぐに次の案件をご紹介させていただきますのでご安心ください。

    • 大手直取引の高額案件

      大手直取引の高額案件

      案件のほとんどが大手SIerやエンドユーザーからの直取引のためエンジニアの皆様へに高く還元できています。

      Ciscoをはじめ、Juniper、Azure、Linux、AWS等インフラに特化した常時300件以上の案件があります。

    • スキルアップ支援

      スキルアップ支援

      不要なコストを削減し、その分エンジニアの方へのスキルアップ支援(ネットワーク機器貸出、合格時の受験費用支給など)や給与で還元しています。

      受験費用例)CCNP,CCIE:6-20万円、JNCIS:3-4万円、AWS:1-3万円など

      ※業務に関連する一定の資格のみ。各種条件がありますので詳しくは担当者へにお尋ねください。

    • 現給与を保証します!

      100%現給与保証

      前職の給与保証しており、昨年度は100%の方が給与アップを実現。収入面の不安がある方でも安心して入社していただけます。

      ※適用にはインフラエンジニアの業務経験1年以上、等一定の条件がございます。

    • インセンティブ制度

      インセンティブ制度

      ネットワーク機器の販売・レンタル事業等、売上に貢献いただいた方にはインセンティブをお支払いしています。

      取引先企業とエンジニア側、双方にメリットがあり大変好評をいただいています。

    • 社会保険・福利厚生

      社会保険・福利厚生

      社員の方は、社会保険を完備。健康保険は業界内で最も評価の高い「関東ITソフトウェア健康保険組合」です。

      さらに様々なサービスをお得に利用できるベネフィットステーションにも加入いただきます。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      ネプラスは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    ネプラス株式会社に興味を持った方へ

    ネプラス株式会社では、インフラエンジニアを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    ネプラス株式会社へのご応募はこちら↓
    ネプラス株式会社へのご応募はこちら↓

    新着案件New Job

    人気記事Popular Posts