【安全に高速にクラウドをつなぐ】ネットワークの新サービス。クラウドゲートウェイとは

【安全に高速にクラウドをつなぐ】ネットワークの新サービス。クラウドゲートウェイとはのアイキャッチイメージ

NTT東日本が提供しているクラウドゲートウェイは、インターネットを経由せずに直接クラウドに接続ができるサービスです。
今回は、クラウトゲートウェイのサービスとそのメリット、活用例についてご紹介します。

クラウドゲートウェイのサービスとメリット

クラウドゲートウェイは、インターネットを経由せずにフレッツ回線からクラウドにダイレクトに接続ができるサービスです。
クラウドゲートウェイの最大のメリットは、インターネットから分離された閉域のネットワークを使用するため、インターネットからの攻撃を受けることなく、安全に重要情報を通信することができる点にあります。また、データ通信の速度も安定します。

クラウドゲートウェイのパッケージは3種類存在します。

「クラウドゲートウェイアプリパッケージ」は、クラウドサーバー、直接接続、閉域ネットワークをひとまとめにしたサービスで、AWS(Amazon Web Service)などのクラウドと安全に通信をすることができます。

「クラウドゲートウェイクロスコネクト」は、ネットワークサービスのみを提供するもので、AWSの他、Microsoft Azure、NIFCLOUD、ORACLE Cloudといった複数のクラウドサービスと接続できるものです。

「クラウドゲートウェイサーバーホスティング」は、インターネット、LGWAN(統合行政ネットワーク)、SINET(学術情報ネットワーク)など多様なネットワークとの接続が可能になります。

クラウドゲートウェイの活用例

【安全に高速にクラウドをつなぐ】ネットワークの新サービス。クラウドゲートウェイとはのイメージ

クラウドゲートウェイは、信頼性の高い閉域ネットワークを経由してクラウドサービスを利用できるため、幅広い業種においてさまざまな用途で活用することができます。

クラウドとオンプレミスの混合利用

自社が管理、運用する情報システム(オンプレミス)とクラウドを併用することが可能になります。
自社拠点とデータセンター、クラウド間をクラウドゲートウェイクロスコネクト、フレッツ・VPNワイド、もしくはフレッツVPN・プライオで接続する方法があります。
または、自社拠点、データセンター、クラウドゲートウェイサーバーホスティング間をフレッツ・VPNワイド、もしくはフレッツVPN・プライオで接続することも可能です。

コンテンツ配信

大容量のコンテンツデータの安定的な送信ができるため、映像、音楽、ゲームなどのコンテンツ配信にもクラウドゲートウェイサービスは活用できます。
コンテンツの配信環境とクラウドゲートウェイアプリパッケージを接続、もしくはクラウドゲートウェイアプリパッケージ上にコンテンツ配信環境を構築してフレッツ・VPNワイド、もしくはフレッツVPN・プライオで接続する方法があります。

活用が広がるクラウドゲートウェイ

クラウドゲートウェイは、インターネットを経由せずに、直接クラウドサービスに接続することができます。
高セキュリティで安定的なデータ通信を実現し、今回ご紹介した例以外にもさまざまな分野において活用が進められています。

ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。