ネプラスのテックブログ。ネットワーク、クラウド、サーバなどのITインフラ情報を中心に発信中。

  1. ネプラス インフラエンジニア採用
  2. テックマガジン
  3. テクノロジー
  4. 【第4次産業革命】調査から見える日本企業のIoTやAIへの対応状況

【第4次産業革命】調査から見える日本企業のIoTやAIへの対応状況

  • テクノロジー
  • ニュース
公開日時:   更新日時:
【第4次産業革命】調査から見える日本企業のIoTやAIへの対応状況
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

    第4次産業革命とは、IoT(Internet of Things)やAI(人工知能)によって今後起こるといわれている製造業の革新のことです。
    実際に第4次産業革命の際には、日本企業にも大きな影響があることは想像に難くありません。
    ここでは総務省の情報をもとに日本企業のIoTやAIへの対応状況を見ていきましょう。

    第4次産業革命はいつ訪れるのか

    第4次革命ではデジタル化やコンピューター化が進むことにより、産業構造が大きく変化すると考えられます。
    しかし、日本ではそのことに対するポジティブな認識はあまり高くないようです。
    総務省「第4次産業革命における産業構造分析とIoT・AI等の進展に係る現状及び課題に関する調査研究」(平成29年)によれば、日本で第4次産業革命に期待している企業は30.8%、個人では25.3%となっています。

    アメリカ(企業63.5%、個人33.5%)やイギリス(企業70.1%、個人28.9%)と比べると、かなり低い数値だといえるでしょう。
    また業種別で見ると情報通信産業では期待値がやや高く、商業・流通やサービス業ではやや低い傾向があるようです。

    では、第4次産業革命はいつ訪れると予測されているのでしょうか。
    中には「すでに顕在化している」と考えている企業もありますが、多くの国ではその割合は高くはなくアメリカの50%を除くとおよそ20~30%となっています。
    しかし2020年頃までに起こると予測している企業は50%を超え、さらにほぼ100%の企業は2030年頃までには起こると考えているようです。
    この結果から多少の差はあるとはいえ、ほとんどの企業は近いうちに第4次産業革命が起こると予測しているといえるのではないでしょうか。

    日本企業の対応状況は?

    【第4次産業革命】調査から見える日本企業のIoTやAIへの対応状況のイメージ

    では、近い将来起こると予測されている第4次産業革命に向けた日本企業の対応状況はどのようになっているのでしょうか。
    第4次産業革命を実現するために必要なIoT・ビッグデータ・AIの導入状況を見てみると、一般企業では導入済み企業は50%以下、導入予定企業を合わせてもおよそ70%となっています。
    それに対しITAC企業において、導入済み企業は多くないものの、90%以上の企業が今後導入するという意向を示しているようです。

    第4次産業革命への対応によって得られるのは「コスト削減効果」と「売上増分効果」といわれています。
    とくにコスト削減効果は高く、日本の一般企業においては10%ほどの効果がでています。
    ただし、どちらの効果においてもアメリカやイギリス、ドイツと比べると高くはありません。
    日本企業でも今後第4次産業革命への対応を強化していくことでより高い効果が見込めるかもしれません。

    ※ITACは「IoT推進コンソーシアム」の略。産・学・官でIT技術の利活用を促進するための組織で、参加企業数は3000社超。

    第4次産業革命はそう遠くはない

    第4次産業革命は近いうちに起こると予測されており、一部の日本企業はすでに対応に乗り出しているようです。
    さらにテクノロジーが発達すれば、第4次産業革命を意識する企業はさらに増えていくといえるのではないでしょうか。

    ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

    FEnetを運営しているネプラス株式会社はサービス開始から10年以上
    『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、
    多くのインフラエンジニア・ネットワークエンジニアの就業を支援してきました。
    ネプラス株式会社ロゴ

    ネプラス株式会社はこんな会社です

    秋葉原オフィスにはネプラス株式会社をはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • インフラ業界に特化

      インフラ業界に特化

      ネットワーク・サーバー・データベース等、ITインフラ業界に特化。Cisco Systemsプレミアパートナーをはじめ各種ベンダーのパートナー企業です。

      業界を知り尽くしているからこそ大手の取引先企業、経験豊富なエンジニアに選ばれています。

    • 正社員なのにフリーランスのような働き方

      正社員なのにフリーランスのような働き方

      正社員の方でも希望を聞いたうえでプロジェクトをアサインさせていただいており、フリーランスのような働き方が可能。帰社日もありません。

      プロジェクト終了後もすぐに次の案件をご紹介させていただきますのでご安心ください。

    • 大手直取引の高額案件

      大手直取引の高額案件

      案件のほとんどが大手SIerやエンドユーザーからの直取引のためエンジニアの皆様へに高く還元できています。

      Ciscoをはじめ、Juniper、Azure、Linux、AWS等インフラに特化した常時300件以上の案件があります。

    • スキルアップ支援

      スキルアップ支援

      不要なコストを削減し、その分エンジニアの方へのスキルアップ支援(ネットワーク機器貸出、合格時の受験費用支給など)や給与で還元しています。

      受験費用例)CCNP,CCIE:6-20万円、JNCIS:3-4万円、AWS:1-3万円など

      ※業務に関連する一定の資格のみ。各種条件がありますので詳しくは担当者へにお尋ねください。

    • 現給与を保証します!

      100%現給与保証

      前職の給与保証しており、昨年度は100%の方が給与アップを実現。収入面の不安がある方でも安心して入社していただけます。

      ※適用にはインフラエンジニアの業務経験1年以上、等一定の条件がございます。

    • インセンティブ制度

      インセンティブ制度

      ネットワーク機器の販売・レンタル事業等、売上に貢献いただいた方にはインセンティブをお支払いしています。

      取引先企業とエンジニア側、双方にメリットがあり大変好評をいただいています。

    • 社会保険・福利厚生

      社会保険・福利厚生

      社員の方は、社会保険を完備。健康保険は業界内で最も評価の高い「関東ITソフトウェア健康保険組合」です。

      さらに様々なサービスをお得に利用できるベネフィットステーションにも加入いただきます。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      ネプラスは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    ネプラス株式会社に興味を持った方へ

    ネプラス株式会社では、インフラエンジニアを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    オンライン面接も随時受付中。ぜひお気軽にご応募ください。

    ネプラス株式会社へのご応募はこちら↓
    ネプラス株式会社へのご応募はこちら↓

    新着案件New Job