ネプラスのテックブログ。ネットワーク、クラウド、サーバなどのITインフラ情報を中心に発信中。

  1. ネプラス インフラエンジニア採用
  2. テックマガジン
  3. テクノロジー
  4. 【IoT用の通信規格のパイオニア】LoRa・LoRaWANとは何か?違いや特徴をご紹介

【IoT用の通信規格のパイオニア】LoRa・LoRaWANとは何か?違いや特徴をご紹介

  • テクノロジー
公開日時:   更新日時:
【IoT用の通信規格のパイオニア】LoRa・LoRaWANとは何か?違いや特徴をご紹介
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

    LoRaWANはloT向けの通信規格であるLPWAの一つです。
    世界中で使われているLPWAの中でも先行して普及を図ってきた規格です。
    今回はLoRa とLoRaWANの違い、LoRaWANの特徴などを紹介します。

    LoRaとLoRaWANの違い

    LoRaWANはLoRaを用いたネットワークのことを指します。
    IoTの普及に伴い広いエリアをカバーする無線通信技術開発が進んでおり、それをLPWAと呼びます。
    その中の代表的な規格の一つがLoRaです。

    LoRaはサブギガ帯と呼ばれる周波数帯域を使用しており、最大伝送速度は250kbpsほど、伝送距離が最大10㎞ほどとされています。
    免許不要の周波数帯域を用いるオープンな通信規格で、普及のためにLoRa Allianceという非営利団体が組織されており、全世界のloT企業の多くが加盟しています。
    このLoRaによるネットワークを「LoRaWAN」と呼びます。

    LoRa は基地局などの物理的な規格ですが、LoRaWANはネットワーク通信技術の規格です。
    またLoRaは変調方式、LoRaWANはMACレイヤーによるデータの送受信を含めた仕様のことという違いもあります。そのためLoRaのことを「変調LoRa」と称することもあります。

    LoRaWANの特徴

    【IoT用の通信規格のパイオニア】LoRa・LoRaWANとは何か?違いや特徴をご紹介のイメージ

    長距離通信ができる

    LoRaWANは長距離通信に特化しているのが特徴です。
    ゲートウェイを設置すれば、半径数㎞~10㎞の範囲でネットワークを構築できるとされています。
    また山間部でも通信が可能で、NB-IoTやSIGFOXなどがカバーしていない場所でもネットワークを構築できるといわれています。

    低電力

    LoRaWANはボタン電池1個ほどの電力でも双方向通信ができる特徴があり、消費電力が少ないのでバッテリーは10年以上持続するとされています。
    頻繁に充電作業をする必要がないので、設備維持にかかるコストも抑えられるというメリットも出てきます。

    室内でも利用できる

    LoRaWANは電波の回り込み特性に優れているとされています。
    障害物を避けるように通信を行うので、室内でも快適に通信が可能です。
    ただし従来の無線通信と同様に、金属製の躯体の中や金属の近くでは電波が乱れるほか、通信距離が短くなるなど影響があります。

    干渉しにくい

    LoRaWANは920MHz帯を用いており、この帯域は他の無線ネットワークが存在していても安定的に通信ができるとされています。
    Wi-Fiで用いられる2.4GHz帯は電波が密集すると互いが干渉し通信が不安定になりますが、LoRaWANは他の電波の影響を受けにくいので不安定になりにくいとされています。
    そのため電波干渉が起きやすい工場内でも利用しやすいネットワークです。

    出典元:KDDI「LoRaWAN」

    出典元:KDDI「LoRa」

    世界的に広く利用されている通信規格

    LoRaWANは低電力で長距離通信ができることから、世界中に普及しています。
    少ない費用で利用できるので、今後も広く普及していくことが予想されます。

    ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

    FEnetを運営しているネプラス株式会社はサービス開始から10年以上
    『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、
    多くのインフラエンジニア・ネットワークエンジニアの就業を支援してきました。
    ネプラス株式会社ロゴ

    ネプラス株式会社はこんな会社です

    秋葉原オフィスにはネプラス株式会社をはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • インフラ業界に特化

      インフラ業界に特化

      ネットワーク・サーバー・データベース等、ITインフラ業界に特化。Cisco Systemsプレミアパートナーをはじめ各種ベンダーのパートナー企業です。

      業界を知り尽くしているからこそ大手の取引先企業、経験豊富なエンジニアに選ばれています。

    • 正社員なのにフリーランスのような働き方

      正社員なのにフリーランスのような働き方

      正社員の方でも希望を聞いたうえでプロジェクトをアサインさせていただいており、フリーランスのような働き方が可能。帰社日もありません。

      プロジェクト終了後もすぐに次の案件をご紹介させていただきますのでご安心ください。

    • 大手直取引の高額案件

      大手直取引の高額案件

      案件のほとんどが大手SIerやエンドユーザーからの直取引のためエンジニアの皆様へに高く還元できています。

      Ciscoをはじめ、Juniper、Azure、Linux、AWS等インフラに特化した常時300件以上の案件があります。

    • スキルアップ支援

      スキルアップ支援

      不要なコストを削減し、その分エンジニアの方へのスキルアップ支援(ネットワーク機器貸出、合格時の受験費用支給など)や給与で還元しています。

      受験費用例)CCNP,CCIE:6-20万円、JNCIS:3-4万円、AWS:1-3万円など

      ※業務に関連する一定の資格のみ。各種条件がありますので詳しくは担当者へにお尋ねください。

    • 現給与を保証します!

      100%現給与保証

      前職の給与保証しており、昨年度は100%の方が給与アップを実現。収入面の不安がある方でも安心して入社していただけます。

      ※適用にはインフラエンジニアの業務経験1年以上、等一定の条件がございます。

    • インセンティブ制度

      インセンティブ制度

      ネットワーク機器の販売・レンタル事業等、売上に貢献いただいた方にはインセンティブをお支払いしています。

      取引先企業とエンジニア側、双方にメリットがあり大変好評をいただいています。

    • 社会保険・福利厚生

      社会保険・福利厚生

      社員の方は、社会保険を完備。健康保険は業界内で最も評価の高い「関東ITソフトウェア健康保険組合」です。

      さらに様々なサービスをお得に利用できるベネフィットステーションにも加入いただきます。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      ネプラスは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    ネプラス株式会社に興味を持った方へ

    ネプラス株式会社では、インフラエンジニアを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    オンライン面接も随時受付中。ぜひお気軽にご応募ください。

    ネプラス株式会社へのご応募はこちら↓
    ネプラス株式会社へのご応募はこちら↓

    新着案件New Job