不正なランサムウェアってなに?感染した場合の効果的な対策法とは

不正なランサムウェアってなに?感染した場合の効果的な対策法とはのアイキャッチイメージ

IT機器やネットワークを利用する上で、避けては通れないのがセキュリティ対策です。
不正プログラムの影響でデータが消えるほか、プログラムが正常に動かなくなるなどもあります。
その中でも怖いのがランサムウェアで、一時期話題になりました。
今回はランサムウェアとはどのような不正プログラムなのか、どう対策を講じればいいのかご紹介します。

ランサムウェアとは?影響や被害について

ランサムウェアとは、パソコンを正常に使用できない状態にした上で金銭の支払いを要求してくる不正プログラムです。

パソコンに保存されているファイルを暗号化するほか、一部の機能を使えない状態にするなどします。
加えて、金銭を支払うことで元に戻すという内容のメッセージを送ってくるのです。

誘拐犯が人質を取って身の代金を要求するのとよく似ています。
そのため、身の代金を意味する「Ransom」と「Software」を合わせて「ランサムウェア」と名付けられました。

ランサムウェアは主に不正サイトやスパムメールなどを通じて感染することが多いです。
ランサムウェアに感染したパソコンは正常な操作が困難になってしまいます。

感染したパソコンと繋がっている共有ネットワークにも被害が及ぶことがあり、業務への影響が大きいです。
工場で操業を停止せざるを得なるだけでなく、病院で手術を予定通り行えないなどの被害に発展することもあります。

ランサムウェア感染への対策法

不正なランサムウェアってなに?感染した場合の効果的な対策法とはのイメージ

ランサムウェアへの感染を防止するには、基本的なセキュリティ対策が重要です。
OSやソフトウェアの脆弱性が狙われることが多いため、常に最新の状態を保っておきましょう。
ランサムウェア対策を強化したセキュリティソフトを導入するのも有効な対策法です。

また、心当たりのないメールに記載されているリンクに安易にアクセスしたり、添付ファイルをダウンロードしたりするのは避けましょう。
メールで実在する企業名を騙るケースもあるため注意が必要です。

もし、ランサムウェアに感染してしまったら、気付いた時点で感染端末をネットワークから取り外しましょう。
同一ネットワーク上にある他のパソコンにまで感染が拡大してしまうおそれがあります。
LANケーブルを抜くなど、Wi-Fiを切断したりして物理的に繋がらない状態にしなければなりません。

また、金銭支払いの要求には応じないことが重要なポイントです。要求された金銭を支払っても戻してもらえない可能性が高いため払わないようにしましょう。
復旧ツールを使用して戻せる場合もあるほか、セキュリティソフトのサポート窓口に連絡して相談する方法もあります。

対策を万全にし、感染しても金銭支払いの要求には応じない

ランサムウェアは、一度感染してしまうと業務への影響が大きいです。
セキュリティ対策や重要なファイルのバックアップなど、対策を万全にしておきましょう。
もし感染しても金銭を支払うことは避け、復旧ツールなどでの復号を試みることが大切です。

ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。