【ロボットやIoTもできる】わずか5000円のパソコン「ラズベリーパイ」でできること

【ロボットやIoTもできる】わずか5000円のパソコン「ラズベリーパイ」でできることのアイキャッチイメージ

小型コンピュータの代表格といえば?と尋ねられたら「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」を思い浮かべるプログラマも多いのではないでしょうか。今回は、小さくてもパワフルで色々なことに活用できるラズベリーパイについてご紹介します。

シングルボートPC、ラズベリーパイ4が発売

ラズベリーパイは、イギリスのラズベリーパイ財団が開発している「シングルボードコンピュータ」です。
シングルボードコンピュータは一般的なPCとは違い、基盤やCPU、メモリがむき出しになっている小型のパソコンのことで、当初は子どもたちにプログラミングを教えるための安価な教育用に開発されました。現在は使い勝手の良さから、ロボットの組み読み用のIoT機器など業務や趣味用として多くのエンジニアに愛用されています。

ラズベリーパイ4

ラズベリーパイの最新モデル「Raspberry Pi 4(Raspberry Pi4 Model B)」が現在、発売されています。その特徴を以下で簡単にまとめました。

  • メモリが1GB/2GB/4GBの3モデルから選べる
  • USB 3.0ポートを2つ搭載
  • USB 2.0ポートも2つ搭載
  • 周辺機器との通信が高速化
  • 電源ポートをUSB Type-Cに変更
  • micro HDMIポートは4K60pの映像出力に対応

このように非常にパワフルな性能に進化しています。
それではラズベリーパイはどのように活用されているのでしょうか。その一例を次で紹介します。

ラズベリーパイの使い道とは?

【ロボットやIoTもできる】わずか5000円のパソコン「ラズベリーパイ」でできることのイメージ

ラズベリーパイの使い道の例を以下で簡単に挙げていきます。興味があるものがあれば、ぜひチャレンジしてみてください。

音楽プレイヤー

ラズベリーパイを使って、MP3ファイルを再生することが可能です。この機能を使って、簡単な音楽プレイヤーとして活用することができます。比較的難易度が低めなので初心者にもおすすめです。楽しく、実用的にラズベリーパイの使い方を学ぶことができると思います。

ウェアラブル端末

上級者のなかにはウェアラブル端末を作った人もいます。端末ではカレンダーのほか、フリーのオフィスソフトを使って原稿の作成も可能。市販品と比べると携帯性には少し劣りますが、アイデア次第でオンリーワンの機能を持った端末を作ることができます。

ラズベリーパイで一段上のエンジニアを目指そう

ラズベリーパイは元々は教育用だったこともあり、プログラミングを学ぶには最適のパソコンです。初心者だけでなく、できることも幅広いのでプロのエンジニアにもおすすめです。価格も比較的安いのでぜひ購入して試行錯誤してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい

Linux (リナックス) Linuxとは? Linuxとは、1991年にヘルシンキ大学の大学院生(当時)Linus Torvalds氏によって開発された、UNIX互換のOSです。その後フリーソフトウェアとして公開され、全世界の開発者によって改良が重ねられています。Linuxは他のOSに比べ、低い性能のコンピュータで...