【高速なネットワークのために】無線LANの規格とおすすめをご紹介

【高速なネットワークのために】無線LANの規格とおすすめをご紹介のアイキャッチイメージ

職場や家庭などで無線LANを利用する機会は多く、今や無線LANは日常生活に欠かせません。
無線LANと一口で言ってもいくつかの規格があり、それぞれに特徴があります。
ここでは無線LANの規格について見ていきましょう。

無線LANの規格

無線LANの標準規格は「IEEE802.11」で、その末尾に規格ごとに異なるアルファベットを付けることで、それぞれの規格が表記されます。
規格の種類は「a」、「b」、「g」、「n」、「ac」、「ad」です。

例えば「a」なら「IEEE802.11a」という具合で表記されています。
規格によって異なるのは主に最大通信速度と周波数帯域、ストリーム数です。

「a」と「g」は最大通信速度が54Mbpsであまり高速での通信はできません。
「a」は2.4GHz、「g」は5GHzの周波数帯域を使用し、いずれもストリーム数は1つのみです。
「b」は最大通信速度が11Mbpsとさらに遅く、2.4GHzの周波数帯域を使用します。
「n」は最大通信速度が300Mbpsでやや速めの通信が可能です。
周波数帯域は2.4GHzと5GHzの両方を使用できて、ストリーム数も最大4つまで使えます。
「ac」は非常に高速な通信に対応しており、最大通信速度は6.9Gbpsです。
5GHzの周波数帯域を使用し、最大で8つのストリームを使用できるので、スムーズな通信が可能になります。
「ad」は最新の規格で最大通信速度は6.7Gbpsで「ac」とほとんど変わりません。
そして60GHzの周波数帯域を使用するのが特徴です。ただし障害物に弱く遠距離での通信にはあまり向きません。

規格ごとの特徴とおすすめ紹介

【高速なネットワークのために】無線LANの規格とおすすめをご紹介のイメージ

無線LANは基本的に通信速度が速いものほど快適に使用できます。
ただし、通信速度だけでなく使用する周波数帯域も通信環境に影響します。

2.4GHzの周波数帯域は障害物に強いですが、Bluetoothや電子レンジなどの干渉を受けやすいという性質があります。
そのため2.4GHzの周波数帯域を使用する「b」や「g」などの規格は、電波干渉により速度が落ちることがあります。

これに対し、5GHzの周波数帯域を利用する機器は少ないため、5GHzを使用する「a」や「ac」、「n」などは干渉しにくいのが特徴です。
そして、現在では「ac」の規格が無線LANルーターの主流になっています。
障害物や遠距離での通信にやや弱いのが弱点ですが、近距離で障害物が少ない環境で使用するなら、「IEEE802.11ac」がおすすめです。

迷ったら「IEEE802.11ac」の規格を選ぼう

無線LANには複数の規格があり、それぞれ通信速度や周波数帯域が異なります。
それぞれに一長一短があるため、用途や使用環境を考慮して選ぶことが大切です。
もし迷った場合には、現在主流の「IEEE802.11ac」を選ぶのが無難でしょう。

ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。