C#の特徴3つと開発できるものを紹介|C#と.NETの関係は?

C#の特徴3つと開発できるものを紹介|C#と.NETの関係は?のアイキャッチイメージ

C#と.NETの関係は?

.NETは言語やアプリケーションなどの操作、開発環境を簡易的に行うことができます。

C#はオブジェクト指向言語と言われており、.NETシステムで稼働するアプリケーションを構築できます。

また、 C#はWindowsやXML Web サービス、サーバーアプリケーション、データベースアプリケーションなどのさまざまなアプリケーションを作成でき、非常に汎用性が高く使い勝手の良いことが特徴です。

C#とは?

C#(シーシャープ)は、マイクロソフトが開発しているプログラミング言語です。

マイクロソフトはC#のバージョン管理に重点を置いており、新しいバージョンが導入されたときに起きる影響が少なくなるようにされています。

また、C#は使用している人が多いためプログラミング言語の入門用としても優秀なプログラミング言語です。

C#.NETとの違い

.NETとは、マイクロソフトが提供しているC#の環境の1つで、正式名称を「NET Framework」と言い、XML仕様をもとにしたプログラムの部品化技術の開発をしたものです。

また、マイクロソフトの環境によるC#のことを、C#.NETと呼んでおり、C#とC#.NETに大きな違いはありません。

C#の特徴3つ

C#にはC#ならではの特徴があり、他のプログラミング言語では手間がかかる作業もC#では簡単に行うことができます。

C#はオブジェクト指向のプログラミング言語で、モノを組み立てるようなイメージでプログラムを作成することができたり、プログラムの追加や更新もトラブルが起こることなく完了できることが魅力です。

それでは、C#の特徴の詳しい内容を解説していきます。

C#の特徴1:Javaに似ている

C#はJavaと同じオブジェクト指向言語です。

そのため、Javaプログラマーは比較的簡単にC#を扱うことができます。また、Javaを経験したことがあるプログラマーなら、C#もすぐに使いこなせるようになるでしょう。

そのうえ、オブジェクト指向言語は大人数での開発する際に便利で、中でもJavaはメジャーなプログラミング言語となっています。

C#の特徴2:Visual Studioが使える

C#ではVisual Studioを使うことができます。

Visual Studioは、クラウドを用いて大人数での作業やWebアプリの開発、拡張機能を使って3Dゲームもを作ることも可能です。

また、Visual Studioを使うことでフォームボタンやテキストボックスを張り付けて、簡単にアプリケーションを作成することもできます。アプリケーションを一から作ってみたい経験者にもおすすめです。

C#の特徴3:使いやすい

C#はマイクロソフトが開発しており、さまざまなツールによるサポートが充実しています。

インテリセンスによるコード補完やリアルタイムでコード整形など、開発時のストレスを減らしてくれるものなど多く存在します。

C#はマイクロソフトのツールにより開発がサポートされているため、初心者でも使いやすいプログラミング言語です。また、Windows向けのアプリケーションやマイクロソフト製品群の開発には特に向いてます。

C#で開発できるもの4つ

ここからは、C#で開発できるものを紹介していきます。

C#はマイクロソフト製品との相性が良いので、マイクロソフトPCやスマートフォンで使えるアプリやゲームを開発するのに向いています。

また、VRやMRなどの最先端分野の開発をすることも可能です。一度習得しておくと、幅広い開発に携わることができるでしょう。

C#で開発できるもの1:Webアプリ

C#は「ASP.NET」というフレームワークを使用して、Webアプリを開発することができます。

フレームワークとは、Webアプリを制作するために必要な機能を詰め合わせたツールのことです。

そして、ASP.NETを使えばマイクロソフトだけでなくMacやLinuxでも開発ができます。さらにVisual Studioも使えるので、ドラッグ&ドロップの操作だけで簡単にWebアプリの開発が可能になります。

C#で開発できるもの2:ゲーム

Unityというゲームエンジンを使うことで、ゲーム開発を行うことができます。

Unityはユニティー・テクノロジーズ社が提供するゲーム開発プラットフォームです。

Unityを使えばVRやMRの開発も可能となり、ほかにもXamarinというエンジンを使うことでスマホゲームの開発もできたりと、C#はさまざまなことに幅広く利用できます。

C#で開発できるもの3:クロスプラットフォーム

Xamarinという開発ツールを使うことで、クロスプラットフォームにも対応が可能です。

Xamarinを活用することで、C#でWindowsだけでなくMacOSやiOS、Android向けのアプリも開発できます。

今までのC#は、Windows向けのプログラミング言語だったので、利便性がさらに向上しています。

C#で開発できるもの4:GUIアプリ

C#はVisual Studioが開発をサポートしているため、簡単に綺麗なGUIアプリを作成できます。

GUIとはGraphical User Interfaceの略で、ドロップ&クリックなどの画面操作だけでプログラミングができるものです。

また、文字だけでなくアイコン操作もできて、ビジュアルを意識しながら構築することができるのも魅力で、さらに操作も簡単なので、プログラミングを学ぶ方にもおすすめです。

.NET Frameworkの特徴

.NET Frameworkとは、WindowsやMicrosoft Azure用のアプリを構築するための開発プラットフォームです。

対応している言語は、マイクロソフトが提供している C#やVB.NET、F#などをはじめとする20種類以上があります。

C#同様に、マイクロソフトが提供しているアプリやシステムの開発、実行ができるプラットフォームになっています。

C#以外に.NETがつくもの

ここからは、C#以外に.NETがつくものを紹介します。

紹介するすべてのものが「.NET」の環境下で動くものとなっており、代表的なものは、VB.NETとASP.NETです。

どちらも、簡単にプログラミングを組めるよう開発されたものです。詳しく解説していきますので、それぞれの違いや特徴を理解しましょう。

VB.NET

VBとは、「Visual Basic」と呼ばれるプログラミング言語のことです。

VB.NETは比較的文法がシンプルなことが特徴で、簡単なプログラムを組みたいときに重宝されます。

一方高度な技術を要する分野においては不向きです。

VBはパソコンやスマートフォン向けのアプリ、ゲーム開発などに適した言語です。2002年に行われたバージョンアップで.NET Frameworkの環境下でも使用できるようになり、その後「VB.NET」という名称に変更しました。難易度が低く、初心者でも学びやすい言語といえます。

ASP.NET

ASP.NETはマイクロソフトが提供するフレームワークで、主にWebアプリやWebサービスの開発に特化した機能を備えています。

ASPとは「Active Server Pages」の略です。

ASP.NETは、プログラマーやエンジニアが書くソースコードを減らせるように開発されたフレームワークため習得しやすくなっています。

.NET関連を習得するメリット

.NETは使いやすさ、学びやすさが魅力です。

「VB.NET」はVisual Basic、「C#.NET」はC言語やC++の改良版として開発された言語のため難易度が低く、初心者でも学びやすい言語でしょう。特に「VB.NET」は授業で扱う学校もあるなど、プログラミング教育に一役買っています。

また、C#は文法やソースコードの文法がJavaに似ているため、Javaを習得した人にとっては容易にできる言語でしょう。

C#と.NETの関係について知ろう

「C#」はC言語やC++の改良版として開発された、オブジェクト指向言語です。

そして「.NET」は、開発プラットフォームとして大きな強みを持ち続けます。

「.NET」は学校教育に用いられており、需要がさまざまな場面で高まることでしょう。現在学校で学習している学生が社会に出たとき、より一般的な言語になっていることも考えられます。とても簡単で初心者にも勉強しやすいC#と.NETは、さらなる発展を遂げることでしょう。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。