Paloalto (パロアルト)

Paloalto (パロアルト)のアイキャッチイメージ

Paloalto (パロアルト)のイメージ

Paloaltoとは?

Palo Alto Networks(パロアルトネットワークス) は、2005年に設立されたネットワークセキュリティベンダーで、アプリケーションの直接的な識別と制御を可能にした次世代型Firewallの先駆者として、市場で高い評価を得ています。

従来のFirewall

従来のFirewallでは、ポートの開閉を制御することにより、セキュリティを確保することができましたが、昨今、注目を集めている新しいアプリケーション群(facebook、Dropbox、EverNote、Skype等)は、WEBブラウザで利用する80/443ポートなど、企業活動において閉塞できないポートを利用して通信を実施しています。 昨今のアプリケーションは、トラフィックをポートでしか見ない従来型のFirewallでは、まったく制御を行うことはできません。制御どころか、どの様な利用がされているかを把握することすらできません。

次世代型Firewall

次世代型FirewallであるPaloaltoでは、アプリケーションをきちんと識別し、禁止したいアプリケーションを遮断し、認められたアプリだけを特定の利用者に許可することができます。昨今、ニーズが高まるセキュリティー分野の製品の中でも特に需要が高まるPaloalto製品の経験を積むことで、参画できる案件の幅は大きく広がるでしょう。

Paloalto案件をお探しの方へ

Paloalto社製機器を用いた、ネットワーク設計/構築案件をお探しの方は、大手企業との直取引案件に強いFEnet インフラにご相談ください。web上に公開している募集情報以外にも、非公開案件も多数保有しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

エンジニアと関連の深い5G基地局のメーカー紹介その5【サムスン電子】... 5Gのサービス開始が近いことから、通信各社では5G基地局を積極的に設置しています。国内外の様々な企業が基地局のベンダーとして参加していますが、そのうちの1つが韓国のサムスン電子です。この記事では、サムスン電子について紹介していきます。 サムスン電子の5G基地局はauが採用 auは5G基地局を...
Wireless(無線) Wireless(無線)とは? Wireless(無線)とは、線(LANケーブル)を使わずに、電波や赤外線、可視光線などの電磁波を用いて行う通信・放送のことです。対義語は有線(Wired)。 従来のインターネット通信 従来インターネットを使うためには、ルーターとパソコンをLANケーブルで接続す...
シャドーITとは?セキュリティリスク対策5つと具体事例を紹介... シャドーITの概要 シャドーITとは、個人が所有し、会社が把握していないIT機器などを無断で持ち込み、従業員が業務を行うことです。また会社のクラウドサービスを無断で使用することも含まれます。 近年、オンラインストレージやチャットアプリなど、便利なサービスが次々と登場しています。これらを使...
terminal length 読み方 terminal length (ターミナル レングス) 使用方法 表示する行の長さを決定する。teratermなどの画面上に一度に表示する行の長さを0~512の範囲で決定する(0は無制限)。 実行例 ポイント解説! CCNA試験などでは全く問われないが、非常に大切なコマンド...
エンジニアと関連の深い5G基地局のメーカー紹介その4【エリクソン】... 2020年春には、日本でもいよいよ5Gのサービスが提供開始される予定です。 それに伴って各通信業者では、基地局の整備を進めていますが、国内企業だけでなく海外企業もベンダーとして選定されています。 この記事では、その中でもスウェーデンのエリクソンという企業について紹介していきます。 エリ...