インフラの仮想化ができるVMware。インフラエンジニアの求人内容とは

インフラの仮想化ができるVMware。インフラエンジニアの求人内容とは

「インフラエンジニアですが、仮想化の案件を扱ったことがない」という方もいるのではないでしょうか。インフラエンジニアにとって仮想化のスキルを身に付けることは、今後のキャリアを考えるうえでも重要です。
本記事では仮想化のメリットや、仮想化に用いられる「VMware」について解説した上で、VMwareを扱うインフラエンジニアの求人を紹介します。
VMwareエンジニア 案件・求人一覧はこちら

仮想化に用いられる「VMware」とは?

仮想化とは、CPUやメモリ、ハードディスクなどのハードウェアリソースを、物理的な構成にとらわれずに論理的に統合・分割する技術です。サーバの仮想化によって、Webサーバやメールサーバ、ファイルサーバなどを1つの物理サーバ上で稼働させることが可能になります。

一般的にサーバはピーク時の稼働率に合わせてスペックを選択しますが、ピーク以外の時間帯はリソースが余剰になります。しかし、ピークの時間帯が異なる複数のサーバを仮想化して1台に集約することで効率的にリソースを活用できます。また、物理的なサーバを集約することで余剰設備を保有せずに済むため、ハードウェアのメンテナンス工数を削減することが可能です。

サーバ上に作成した仮想マシン上では、カプセル化することにより、CPUやメモリ、OS、アプリケーション等をまとめて1つのファイルとして管理できます。通常のファイルと同様にコピーして丸ごとバックアップしたり、別のサーバーで稼働させたりすることも可能です。

VMware vSphereの特長

VMwareは、仮想化市場において世界一のシェアを誇るアメリカ企業です。VMwareの代表的な製品である「VMware vSphere」では、物理サーバに障害が発生しても、自動的に別の物理サーバ上で仮想マシンを再起動する仕組みが構築されており、すべてのアプリケーションでコストパフォーマンスの高い可用性が実現できます。

また、稼働中の仮想マシンを停止させずに、仮想マシンやそのディスク、構成ファイルを別の物理サーバへ移行することが可能であり、ダウンタイム無しでメンテナンスを実施できます。さらに、稼働中の仮想マシンのCPUやメモリの状態を監視し、特定の物理サーバに負荷が集中した際に、リソースに余裕があるサーバに移動させて全体の負荷を最適化することが可能です。

VMwareを扱うインフラエンジニアの求人の例

求人

VMwareを扱うインフラエンジニアの求人から、仕事内容の例を紹介します。

VMware/クラウド基盤開発及びインフラ構築

月額:40万~55万円
業務内容:運用アウトソース案件の基盤、マルチクラウド構築業務

  • 運用対象の障害対応
  • 設定変更
  • パッチ適用
  • 問い合わせ対応
  • 構成管理
  • 構築(運用対象の老朽化に伴うリプレースや増設等)

必要スキル/ヒューマンスキル

  • Azure、Windows Server、VMwareの運用経験
  • 英語(メールでやり取りができる)
  • 明るく協調性があり、メンバーや顧客と積極的にコミュニケーションが取れる
  • 問題に根気強く取り組むことができる

VMware/無線LAN構築及びサーバー構築

月額:38万~45万円
業務内容:無線LAN構築及びサーバ構築業務

  • 無線LAN構築サービスのSE
  • サーバ設計構築
  • ケーブル配線
  • サーバ監視
  • 障害対応
  • バックアップ
  • セキュリティ見直し

必要スキル

  • Cisco製品の経験
  • CCNA、CCNP

これら以外にもVMwareを扱うインフラエンジニアの求人が数多く存在します。サーバーの仮想化スキルを向上させたいインフラエンジニアは求人を探してみると良いでしょう。

>>>そのほかのVMware求人を探すならFEnetインフラ

仮想化に用いられるVMwareを扱うインフラエンジニアを目指そう

インフラの仮想化によって、効率的なリソース活用や運用負荷軽減、簡単なバックアップが可能です。VMwareを扱うインフラエンジニアの求人は多数存在します。今回紹介した案件の例を参考にしながら、自身に合ったインフラの仮想化案件を探してみることをおすすめします。

VMwareエンジニア 案件・求人一覧はこちら

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

TOEICが最適?インフラエンジニアが身に付けておきたい英語力... インフラエンジニアが英語の習得を目指すのであれば、TOEICの勉強をするのがおすすめです。 ここでは、インフラエンジニアが英語を学ぶ際にTOEICが向いている理由や効果的な勉強方法についてまとめました。 英語を身に付けたいと考えているインフラエンジニアの方は、ぜひ参考にしてください。 エンジニ...
未経験でも大丈夫?インフラエンジニアとして就職するためのアレコレ... インフラエンジニアの仕事に興味を持ちつつも、経験がないという人も多いのではないでしょうか。 インフラエンジニアの仕事では、専門的な知識が必要になるため、未経験だと厳しいと思われがちです。しかし、必ずしもそうではありません。 ここでは未経験でインフラエンジニアとして就職する方法を紹介していきま...
インフラエンジニアを目指したい人!スクールの選び方や勉強方法をご紹介... インフラエンジニアを目指すのであれば、まずは専門的な知識やスキルを身に付けなければいけません。 本記事では、スクールの選び方やその他の勉強法についてまとめました。 インフラエンジニアに求められる知識やスキルを磨き、キャリアをスタートさせる参考としてください。 インフラエンジニアを目指したい人向...
インフラエンジニアの仕事の魅力5つ|仕事内容や向いている人の特徴も紹介... インフラエンジニアとは? インフラエンジニアとは、ITインフラの設計や構築、運用を専門的に行うエンジニアです。「インフラ」とは「インフラストラクチャー(Infrastructure)」を略した言葉で、日本語では「基盤」などの意味を持ちます。 インフラは一般的に水道や電気、ガスなどの人々が...
Windows上にLinuxを導入する方法3選|WSL2に使えるターミナルも紹介... hbspt.cta.load(20723875, '0f72735d-da9f-4038-a47b-134730f22cb0', {"useNewLoader":"true","region":"na1"}); hbspt.cta.load(20723875, '612df674-d445-...