Javaコラム Javaエンジニアのためのお役立ちコラム

JavaでのCalendarクラスの使い方とは?現在の日付時刻取得や日付時刻の変更・比較

2020年12月25日
SE
JavaでのCalendarクラスの使い方を教えてください。
PM
Javaでは日付時刻を扱うクラスとして、Calendarクラスが用意されています。現在の日付時刻取得や日付時刻の変更・比較ができます。

JavaでのCalendarクラスの使い方とは?


今回は、JavaでのCalendarクラスの使い方について説明します。Javaでは日付時刻を扱うクラスとして、Calendarクラスが用意されています。現在の日付時刻取得や日付時刻の変更・比較ができます。

JavaでのCalendarクラスの使い方に興味のある方はぜひご覧ください。

日付時刻の取得

JavaのCalendarクラスはgetInstanceメソッドでオブジェクトを生成します。オブジェクトに対してgetメソッドを実行することで、年月日や時刻などの情報を取得できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。(実行する日時によって結果が異なります。)

例えば、月末日を求めたい場合、以下のように記載します。

実行結果は以下のようになります。

Calendar.MONTHは0-11が取得されるので、8と出力されたら9月のことになります。getActualMaximumメソッドで月の最終日が取得できます。

このように、JavaではCalendarオブジェクトに対してgetメソッドを実行することで、年月日や時刻などの情報を取得できます。

日付時刻の設定

JavaではCalendarオブジェクトに対して日付時刻の設定ができます。setメソッドを使用します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

setメソッドは日付時刻を指定できます。

このように、JavaではCalendarオブジェクトに対して日付時刻の設定ができます。

日付時刻の加減算

JavaではCalendarオブジェクトに対して日付時刻の加減算ができます。addメソッドやrollメソッドを使用します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

addメソッドは日付時刻の加減算ができます。rollメソッドはaddメソッドに似ていますが、他のフィールドを変更しない加減算をします。

このように、JavaではCalendarオブジェクトに対して日付時刻の加減算ができます。

日付の比較

JavaではcompareToメソッドを利用して、Calendarオブジェクトの比較ができます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

compareToメソッドは、比較元の方が前なら-1、後なら1を返します。また、等しければ0を返します。

このように、JavaではcompareToメソッドを利用して、Calendarオブジェクトの比較ができます。

SE
日付時刻の取得や設定方法、日付時刻の加減算などよく理解できました。
PM
日付時刻取得や日付時刻の変更・比較など、実際にソースコードを書いて指定してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。JavaでのCalendarクラスの使い方について説明します。Javaでは日付時刻を扱うクラスとして、Calendarクラスが用意されています。現在の日付時刻取得や日付時刻の変更・比較ができます。

ぜひご自身でソースコードを書いて、理解を深めてください。


Javaでのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

recommended

Categories

Tags

Jobs