Javaコラム Javaエンジニアのためのお役立ちコラム

JavaScriptとは?特徴6つと習得するメリットを解説!

2021年02月04日
SE
JavaScriptとはどのようなものなのでしょうか。
PM
ブラウザで動作するスクリプト言語で、主にWeb開発で使用されるプログラミング言語です。

目次

JavaScriptって何?


JavaScriptとは、ブラウザで動作するスクリプト言語で、主にWeb開発で使用されるプログラミング言語です。

HTMLのようなプログラミング言語と合わせて使用され、Webサイトに動的なコンテンツを追加して、より使いやすいWebサイトを作成できます。

また、JavaScriptは比較的簡単な言語で、開発環境も整えやすいことから、手軽に学習できるプログラミング言語として知られています。

JavaとJavaScriptの違い

JavaとJavaScriptの名前はよく似ていますが、使い方などが全く異なるプログラミング言語です。

Javaは、OSなどの環境に依存することなく動作するように開発されたプログラミング言語で、業務システムや家電の組み込みシステムなど、さまざまな場面で使用されます。

JavaScriptは、Web開発が簡単になるように開発されたプログラミング言語で、主にWeb開発を担当します。

JavaScriptの特徴6つ


JavaScriptは、主にWeb開発で使用されるプログラミング言語で、JavaScriptには、さまざまな特徴があります。

ここでは、HTMLのコードを変更できる、HTMLコンテンツの表示・非表示を設定できる、HTMLコンテンツの変更が可能である、CSSのスタイルを変更できる、サーバーと通信できる、アプリを作れるという、JavaScriptの特徴について6つ紹介します。

JavaScriptの特徴1:HTMLのコードを変更できる

1つめのJavaScriptの特徴は、HTMLのコードを変更できることです。

JavaScriptでは、HTMLのコードを変更してコントロールでき、Webサイトに動きをつけられ、より効率的にWeb開発ができます。

HTMLにJavaScriptを使用して、ユーザーのアクションによって画像やテキストの色を変えたりするなどして、より質の高いWebサイトを作成できます。

JavaScriptの特徴2:HTMLコンテンツの表示・非表示を設定できる

2つめのJavaScriptの特徴は、HTMLコンテンツの表示・非表示を設定できることです。

JavaScriptを使用することで、HTMLにて作成したメニューバーなどのコンテンツを、必要に応じて表示・非表示を切り替えられます。

ページを読み進めていくと表示されるようなメニューバーなどを設置して、より使いやすいWebサイトを作成できるようになります。

JavaScriptの特徴3:HTMLコンテンツの変更が可能である

3つめのJavaScriptの特徴は、HTMLコンテンツの変更が可能であることです。

JavaScriptを使用すれば、HTMLで記述されているコンテンツの内容を変更できるので、よりインパクトのあるWebサイトを作成できるようになります。

クリックした画像を拡大して表示したり、画像が次々に切り替わるようなスライダーを設置したりできるようになります。

JavaScriptの特徴4:CSSのスタイルを変更できる

4つめのJavaScriptの特徴は、CSSのスタイルを変更できることです。

CSSでは、HTMLのコンテンツの見た目などのスタイルを設定していて、JavaScriptを使用すれば、CSSのスタイルを変更してWebサイトの見た目に動きを加えられます。

クリックなどのユーザーの操作に合わせて、文字の大きさや色などを変更できるようになり、より分かりやすいWebサイトを作成できるようになります。

JavaScriptの特徴5:サーバーと通信できる

5つめのJavaScriptの特徴は、サーバーと通信できることです。

JavaScriptはブラウザでWebページを操作するだけではなく、サーバーと通信してデータをやり取りすることもできます。

特に近年では、Node.jsというJavaScriptのライブラリが普及してきて、サーバーサイドでもタスクを処理できるようになってきたので、サーバーとクライアントをつなぐ重要な言語になっています。

JavaScriptの特徴6:アプリを作れる

6つめのJavaScriptの特徴は、アプリを作れることです。

JavaScriptでは、アプリの開発も可能で、主にWebアプリで使用されるプログラミング言語ですが、一部のスマホアプリでもJavaScriptが取り入れられています。

YouTubeのようなGoogleのアプリにもJavaScriptが使用されていて、アプリに動的な操作を加えるために必要な言語になっています。

JavaScriptが使われている5つの機能


JavaScriptは、さまざまな場面で使用されているプログラミング言語で、あらゆる機能に使用されています。

ここでは、ポップアップの表示機能、画像のスライダー機能、記入漏れのチェック機能、Googleマップへの組み込み機能、Webサイトを一部のみロードできる機能という、JavaScriptが使われている機能について5つ紹介していきます。

JavaScriptが使われている機能1:ポップアップの表示機能

1つめのJavaScriptが使われている機能は、ポップアップの表示機能です。

Webサイトでユーザーの操作に応じてポップアップを表示する際に、JavaScriptを使用すれば、Webサイトのコンテンツとは別にブラウザ内にポップアップを表示できます。

ユーザーの操作に応じて注意を促したい時や、サイト内の画像を拡大して表示する際などによく使用されます。

JavaScriptが使われている機能2:画像のスライダー機能

2つめのJavaScriptが使われている機能は、画像のスライダー機能です。

Webサイト内に配置された画像をスライダー式に次々と表示させるために、JavaScriptのコードやライブラリがよく使用されています。

画像のスライダー機能は、限られたスペースでより多くの情報を伝えるためのもので、Webサイトのスペースを有効に活用するための機能です。

JavaScriptが使われている機能3:記入漏れのチェック機能

3つめのJavaScriptが使われている機能は、記入漏れのチェック機能です。

問い合わせフォームや会員登録などの際に、記入内容に漏れがないかどうかをチェックする必要があり、データを送信する前にJavaScriptにて記入漏れをチェックできます。

記入漏れのチェック機能を利用すれば、ユーザーの入力ミスを防ぎ、より使いやすいWebサイトを作成できるでしょう。

JavaScriptが使われている機能4:Google マップへの組み込み機能

4つめのJavaScriptが使われている機能は、Google マップへの組み込み機能です。

APIを利用してGoogleマップをWebサイトに組み込む際にも、JavaScrptが使用されることがよくあります。

Google Maps JavaScript APIによってWebサイトにGoogleマップを組み込み、店舗や会社などの位置情報をよりわかりやすく伝えられるようになるでしょう。

JavaScriptが使われている機能5:Webサイトを一部のみロードできる機能

5つめのJavaScriptが使われている機能は、Webサイトを一部のみロードできる機能です。

Webサイトを表示する際に、サイト全体の情報をロードして表示しようとすると、データが大きくなり、時間がかかりすぎてしまうことがあります。

JavaScriptでは、Webサイトを一部のみロードできる機能を搭載しているので、より素早く必要な情報にアクセスできるようになります。

JavaScriptを習得するメリット4つ


JavaScriptは、Web開発などの場面で活躍するプログラミング言語で、JavaScriptを習得するメリットには、さまざまなものがあります。

ここでは、幅広く対応できる、転職の幅が広がる、将来性が高いと言われている、フロントエンド・バックエンドどちらも対応可能という、JavaScriptを習得するメリットについて4つ紹介します。

JavaScriptを習得するメリット1:幅広く対応できる

1つめのJavaScriptを習得するメリットは、幅広く対応できることです。

JavaScriptでは、Webサイトに動的な操作を加えられるので、多くのWebサイトやWebアプリに使用されており、幅広い開発に対応できます。

また、スマホアプリやゲームにも組み込まれていたり、サーバー上で動作するプログラムでも使用されたりしているので、さまざまな場面で活躍するプログラミング言語です。

JavaScriptを習得するメリット2:転職の幅が広がる

2つめのJavaScriptを習得するメリットは、転職の幅が広がることです。

JavaScriptはWeb開発において欠かせないプログラミング言語で、WebデザイナーなどにもJavaScriptの言語が求められるので、転職の幅が広がります。

また、HTMLやCSSのスキル、PHPやLinuxなどの知識なども併せて習得すれば、転職の際により有利になることでしょう。

JavaScriptを習得するメリット3:将来性が高いと言われている

3つめのJavaScriptを習得するメリットは、将来性が高いと言われていることです。

JavaScriptは、Web開発において欠かせない重要なプログラミング言語で、現在でもあらゆるWebアプリに活用されているため、将来性が高いと言われています。

また、HTMLやCSSだけではなく、RubyやPHP、Javaなどの言語と組み合わせて使用でき、高い汎用性もあります。

JavaScriptを習得するメリット4:フロントエンド・バックエンドどちらも対応可能

4つめのJavaScriptを習得するメリットは、フロントエンド・バックエンドどちらも対応可能なことです。

JavaScriptは、Webデザインのようなフロントエンドの開発と、サーバーでのタスク処理のようなバックエンドの開発のどちらにも対応可能です。

フロントエンドではHTMLやCSS、バックエンドではPHPやLinuxなどの知識も必要ですが、JavaScriptはどちらにも対応できます。

JavaScriptの学習方法


JavaScriptの学習は、実戦を交えながら理解するのが大切です。

実際に手を動かしながらJavaScriptを学ぶことで、より効率のよい学習ができることでしょう。

JavaScriptの学習には、Webの学習サイトやオンラインのプログラミングスクール、書籍や通学式のプログラミングスクールなどがあり、自分に合うものを選ぶことが大切です。

JavaScriptと関連性の高い4つの用語


JavaScriptを使用する際には、ライブラリなどを使って開発することが多く、JavaScriptと関連性の高い用語について理解しておく必要があります。

ここでは、DOM、JSON、Ajax、jQueryという、JavaScriptと関連性の高い用語を4つ紹介します。

JavaScriptと関連性の高い用語1:DOM

1つめのJavaScriptと関連性の高い用語は、DOMです。

DOMとは、HTMLやXMLを操作する仕組みのことで、HTMLやXMLにある要素やデータをオブジェクトとして扱います。

オブジェクトのことをノードと呼び、ノードを取得して操作を実行し、Webページに動的な操作を加えます。

JavaScriptと関連性の高い用語2:JSON

2つめのJavaScriptと関連性の高い用語は、JSONです。

JSONは、JavaScriptのライブラリの1つで、nullや数値、オブジェクトのデータなどを文字列で表現できるライブラリです。

JSONは軽量なライブラリなので、サーバー間での通信などにも使用されます。

JavaScriptと関連性の高い用語3:Ajax

3つめのJavaScriptと関連性の高い用語は、Ajaxです。

Ajaxは、Asynchronous JavaScript and XMLのことで、XML形式のデータをやり取りするための技術です。

Ajaxは非同期通信なので、サーバーとの通信中に別の処理を実行でき、よりレスポンスの高いWebアプリを作成できることでしょう。

JavaScriptと関連性の高い用語4:jQuery

4つめのJavaScriptと関連性の高い用語は、jQueryです。

jQueryとは、JavaScriptのライブラリの1つで、ブラウザでの拡張機能をまとめて提供しています。

特定のブラウザに依存せずに動作し、複雑なコードもシンプルに記述できるので、Web開発においてとても役に立つライブラリです。

SE
JavaScript特徴がよく理解できました。
PM
JavaScriptを実際に使用して、Web開発への理解を深めましょう。

JavaScriptを習得して転職に活かそう


ここまで、JavaScriptの特徴や習得するメリットなどについて紹介してきました。

JavaScriptは、Web開発には欠かせない優秀なプログラミング言語です。

ITエンジニアへの転職を考えているという方は、ぜひJavaScriptを習得して、転職に活かしてみてください。


Javaでのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

recommended

Categories

Tags