Javaでのlengthメソッドの使い方とは?lengthメソッドを正しく理解しよう!

公開日時:   更新日時:
Javaでのlengthメソッドの使い方とは?lengthメソッドを正しく理解しよう!
SE
Javaのlengthメソッドはどのように使用するのでしょうか。
PM
lengthメソッドを使うと文字数やバイト数の取得などができます。

Javaでのlengthメソッドの使い方とは?


今回は、Javaでのlengthメソッドの使い方について説明します。

ここでは以下について紹介します。
・文字数の取得
・バイト数の取得
・配列の要素数取得
・配列に対するlengthメソッド
・Yearオブジェクトの日数取得

Javaでのlengthメソッドの使い方に興味のある方はぜひご覧ください。

文字数の取得

Javaではlength()を使用すれば文字数を取得できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

マルチバイト文字でも文字数が正しく取得できていることが分かります。
このように、Javaではlength()で文字数を取得できます。

nullに対してlength()を使用すると、NullPointerExceptionが発生します。

実行結果は以下のようになります。

nullに対してlength()を使用しないように注意しましょう。

バイト数の取得

Javaではlengthを使用すればバイト数を取得できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このように、JavaではgetBytesメソッドに対してlengthを使用することで、バイト数を取得できます。

配列の要素数取得

Javaではlengthを使用すれば配列の要素数を取得できます。
length()ではなくlengthを使用します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

要素数のループにもlengthが使用できます。

配列に対するlengthメソッド

配列に対してlength()を使用する方法を紹介します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このように、JavaではString配列の要素に対してlength()を使用することで文字列数を取得できます。

Yearオブジェクトの日数取得

Javaでは、Yearオブジェクトに対してlength()を使用すると、日数を取得できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

2020年はうるう年なので、366日になります。このように、Yearオブジェクトに対してlength()を使用すると、日数を取得できます。

sizeメソッド

Javaでは、Listの要素数取得にはsizeメソッドを使用します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

SE
Javaでのlengthメソッドの使い方がよく理解できました。
PM
lengthメソッドの理解をさらに深めるためにも、実際にソースコードで指定してしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Javaでのlengthメソッドの使い方について説明しました。
lengthメソッドを使えば、文字数やバイト数、配列要素数、年の日数などを取得できます。nullに対して使用するとNullPointerExceptionが発生しますので注意してください。

ぜひご自身でJavaのソースコードを書いて、理解を深めてください。


FEnetへの登録は左下のチャットが便利です 経験者優遇! 最短10秒!

Javaでのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

recommended

Categories

Tags